「日本はなかったことにする国家」――「何もなかった」というモラル・ハラスメントを止めるために必要なこととは? 2014.12.8

記事公開日:2014.12.19取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・松井信篤)

※12月19日テキスト追加しました!

 東大教授の安冨歩氏がゲストとバンドを迎えて12月8日(月)、渋谷ラストワルツにて「シンポジウム×ロックギグ」を開催した。

■ハイライト

  • 出席 安冨歩教授(東京大学教授)、島昭宏氏(弁護士、「原発メーカー訴訟」弁護団団長)

モラルハラスメントとは?

 ロックバンドGOLTZの演奏で幕を開けた「シンポギグ」。安冨氏とヨーガインストラクターの千葉麗子氏の対談では、安冨氏の近著『誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠』(明石書店、2014年8月)を中心に話は進められた。

 モラル・ハラスメントの構造とは、虐待者が被害者を取り込んで「お互い様だろ」と言いながら一方的に搾取していくものであり、そして、被害者はその後、搾取する側になるという。

なかったことにする国家を安倍内閣が体現

 「日本はなかったことにする国家なんです。家庭の問題もない。学校の問題もない。地域やコミュニティの問題もない。内部には何の問題もない。外部に悪いやつがいるんだ」と、なかったことにすることへエネルギーが注がれていると、安冨氏は指摘する。

 また、なかったことにしている状態を見過ごさない人々を「反日」と呼ぶような現象を体現しているのが安倍内閣だと安冨氏はいう。なかったことにすることを支持する人々に支えられている結果、国債が巨大に積み上がり、里山などの自然環境を破壊する行為を生み出していると指摘し、このような状況を止めるためには、「自分の身の回りでなかったことにするのを止める」ことだと安冨氏は語る。ねずみ算式に増えていくモラル・ハラスメントの被害者が立ち止まり、加害者になるのを止めるため、その動きを広げていく必要性を説いた。

島キクジロウ氏「日本の民主主義が未熟」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です