【大義なき解散総選挙】次世代の党・田母神候補「私は本当にいい人」だと自画自賛、「自公を分断する」と公明党に挑戦状 2014.12.4

記事公開日:2014.12.7取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・前園由美子)

特集 総選挙2014

※12月7日テキストUPしました!

 東京12区から出馬した次世代の党の田母神俊雄氏が12月4日(木)12時30分より、東京都の赤羽駅西口で街頭演説を行った。この日は、同党の平沼赳夫党首も応援にかけつけ、党の基本理念である「自立」「保守」「次世代」の三つを掲げて支持を訴えた。

 田母神候補は、「日本を取り戻す」と主張する安倍総理の考え方を基本的に支持し、今回の立候補は自公を分断する戦いであると演説した。

■ハイライト

  • 日時 2014年12月4日(木) 12:30~
  • 場所 JR赤羽駅西口(東京都北区)

※以下、発言要旨を掲載します

「自らの安全と平和は自らの力で守っていかなければならない」

平沼赳夫党首(以下、平沼・敬称略)「戦後69年経って、安全保障一つとったって、日本は自立していない。保守の連中は、大部分幻想を抱いている。それは、日本に一旦緩急があれば、安保条約の5条を発動してアメリカが助けにきてくれる、こんな風に思っている。

 しかし、そのアメリカは、自ら世界の警察官の座から降りたんです。だから、尖閣諸島や竹島や北方領土、さらには小笠原、こういった問題で彼らは、アメリカの若者の血を流すようなことはしない。

 だから安全保障条約は、大切にしていかなければならいけれども、我々は独立国なんですから、自らの安全と平和は自らの力で守っていかなければならないと思うんです。

 我々の国の周りに平和を愛する諸国民の公正と信義はあるんですか。見てみれば、みんな原子爆弾や水素爆弾を持っているじゃないですか。

 お隣の中国は、この20年間に二桁軍事費を伸ばしてきて、20年前の20倍の軍部予算を持っている。単純に計算して日本の国防費の3倍以上を使って、水素爆弾も原子力潜水艦も、日本を全て標的にしているミサイルも持っているわけであります。

 だから日本は、自立の心を持っていかなければならないと思うんです」

平沼党首「日本は保守主義でなければ駄目」、小泉政権時代をやみくもな改革と批判

平沼「二つ目は議論して保守でいこう、新保守でいこう、こういうことを決めた。日本は保守主義でなければ駄目なんです。我々は、すべき改革はもちろん断固行いますけれども、ちょっと前を思い出してください。『改革なくして成長なし』と言った総理大臣がいた。国民はみんなそれを信じて、郵政の民営化を始めとして、色々な改革をやった。この日本、成長しましたか?

 国内総生産GDP一つとっても、昔は560兆もあったものが、今、500兆を割って470兆になって、10年間デフレに苦しんでいるのが現状じゃないですか。すべき改革は大胆に行いますけれども、やみくもに『改革なくして成長なし』、こんな言葉に惑わされてはいけないと思います。日本は先人が培ってくれた長い長い歴史と伝統と誇るべき文化があるんです。そういうものを大切に守っていく、この保守の姿勢が必要なんです。

 日本人は素晴らしい資質をもった国民ですから、お互いの歴史と文化に誇りをもって、その線で政治を実行していかねばならないと、このように私は信じているんです」

「次世代」まで責任を持つ政治を目指す

平沼「三つ目の理念は、党名になっておりますけれども、次世代にしようということになりました。現在生きている我々は、我々の子や孫、さらにその先の子孫に責任があるんです。

 福祉問題一つとったって、しっかりと責任ある政治を果たしていかなければなりません。ですから次世代の党は、これからくる次世代の人たちに責任を持つ政治をやっていこう、こういうことであります」

連立与党の公明党を批判「自民党が身動きできないようにしている」

田母神俊雄候補(以下、田母神・敬称略)「私は、安倍総理が2年前に『日本を取り戻す』といった考え方は、基本的に支持しております。安倍総理は日本を取り戻すことができましたか?

 靖国参拝も一回しましたけど、やるのかやらないのか分からない。河野談話や村山談話の見直しもできない。まだまだ私は日本を取り戻すということには至っていないと思います。安倍総理は、取り戻す、そういう気持ちはあると思います。しかし、できません。

 なぜですか? 連立与党の公明党が邪魔するからです。公明党は、自民党に蛇のように張り付いて、身動きできないようにして、日本の国を弱体化し、日本国民が一生懸命働いて貯めたお金や資産を、中国や韓国に貢ぐからです」

田母神候補「私は本当にいい人なんです」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「【大義なき解散総選挙】次世代の党・田母神候補「私は本当にいい人」だと自画自賛、「自公を分断する」と公明党に挑戦状」への1件のフィードバック

  1. 尾池智治 より:

    田母神のような実戦経験もなく、現実感覚もなく、社会常識すらなく、国民への人権配慮もできない人間が、自衛隊の幹部になれたのも正に「平和憲法」のおかげです!
    国家に甘え、国民に甘えてきたのはコイツらです!!
    「一番平和ボケしてんのはお前らだ!!」と言わせていただきましょう。お前らこそ甘えんな!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です