東京都が補正予算案を公表、水素社会実現に向け40億円/衆院解散選挙のマスコミ報道を冷やかす舛添知事 2014.11.14

記事公開日:2014.11.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・石川優)

 東京都の舛添要一知事は11月14日、定例の記者会見の行ない、2014年第4回定例会補正予算案を公表した。補正予算案には、オリンピック・パラリンピック開催に向けた準備費用、水素社会の実現に向けた準備費用などを盛り込み、東日本大震災以降問題となってきた、資材高騰等に伴う公共事業の入札不調対策に53億円を盛り込んだ。補正予算案の規模は、総額188億円となっている。

■ハイライト

  • 会見者 舛添要一氏(東京都知事)
  • タイトル****
  • 日時 2014年11月14日(金)
  • 場所 東京都庁(東京都新宿区)

補正予算案、水素社会実現に向けて40億円 都もバスや公用車に積極的に導入

 水素社会実現に向けた取り組みで、東京都は今後、都営バスや公用車などに、燃料電池車を積極的に導入する方針だ。

 舛添知事は、「すぐ、全部というわけにはいかないけれども、率先して使う。蓄電池として使えるので、バス一台あれば、小学校一校分ぐらいは電気が緊急で停電した時に使える。普通の乗用車で一軒分ぐらいの蓄電機能を持ってますから、最初から全部というわけにいきませんから」と水素社会実現に向けた意気込みを見せ、市場に導入された際には、試乗もしたいと話した。

衆院解散選挙で舛添知事「各社さん、14日選挙と書いているが、全部誤報だったというのは面白いなぁ」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です