教科書検定基準をめぐり下村文科相「村山談話は『政府見解』に該当する」~文科委での答弁は訂正、謝罪へ 2014.4.8

記事公開日:2014.4.8取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・安斎さや香)

 下村博文文部科学大臣は2月21日、3月26日の衆議院文部科学委員会で「村山談話は閣議決定されていない」などと答弁したことに関し、4月8日の記者会見でIWJの質問に答え、「これは事実誤認であった」として9日の同委員会で正式に訂正、お詫びをするとの方針を明らかにした。

■ハイライト

  • 日時 2012年4月8日(火)
  • 場所 文部科学省(東京都千代田区)

 教科書検定基準の解釈をめぐっては、1995年8月15日に村山談話が閣議決定されていることから、「教科書検定基準において規定する、『閣議決定およびその他の方法により示された政府の見解』に該当する」と明言。「そういう位置付けとして、教科書会社においても判断をしていただきたい」とコメントした。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です