「ツワネ原則無視で、安倍総理は世界の笑いものに」海渡雄一弁護士が痛烈批判 ~秘密保護法廃案へ!実行委 緊急会見 2013.11.26

記事公開日:2013.11.26取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・須原拓磨)

 「民主主義国家にはあるまじき暴挙だ」―。

 11月26日午前、衆議院国家安全保障特別委員会で、自民・公明・みんなの3党により、特定秘密保護法案が強行採決され、午後には本会議で可決された。同法案に反対する「秘密保護法廃案へ!実行委員会」が同日14時から、衆議院第一議員会館で記者会見を行なった。

■ハイライト

  • 日時 2013年11月26日(火)
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 「秘密保護法」廃案へ!実行委員会

ツワネ原則は「遵守する必要なし」と発言した安倍総理

 この法案に警鐘を鳴らし続けてきた、日弁連前事務総長の海渡雄一弁護士は、この日の特別委員会での質疑に言及。「特定秘密保護法案は、ツワネ原則に違反しているのでは」という民主党の近藤昭一議員の質問について、「良いポイントをついている質問」と評価した一方、対する安倍総理の「(ツワネ原則は)民間団体がつくったものなので、遵守する必要がない」との回答に対し、「ほとんどまともに答えなかった」と述べ、「民主主義国家にはあるまじき暴挙」と痛烈に批判した。

清水雅彦日体大准教授、強引に進む議論を懸念

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です