映画「おじいちゃんの里帰り」 岩上安身がヤセミン・サムデレリ監督に聞く 「対立を乗り越えるには、ほんの少しのジョークとユーモアを」 2013.9.4

記事公開日:2013.11.4取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※全文文字起こしを掲載しました(2013年11月22日)
※9月4日のインタビューを11月2日に配信しました。

 家族とともにトルコからドイツへ移住した「フセインおじいちゃん」の奮闘を、ユーモア溢れる視点で描いた映画「おじいちゃんの里帰り」。日本での公開を前に、来日したヤセミン・サムデレリ監督に、岩上安身と同志社大学大学院教授の内藤正典氏がインタビューした。

 戦後、多くのトルコ人が労働者としてドイツに移住した。1960年代にドイツに移住したヤセミン監督の祖父は、ドイツにおけるトルコ移民の第一世代にあたる。ドイツ国内における移民というテーマは、政治家や学者などによって、民族間の対立だけがクローズアップされ、シリアスに語られることが多かった。今回、あえてコメディーという手法を選択した理由について、ヤセミン監督は次のように語った。

 「ちょっとしたユーモアやジョークのセンスがあれば、対立を乗り越えることができるのではないでしょうか。日常生活の中で、さりげない親切心や丁寧さを見せること。例えば、お天気やサッカーの話しといった何気ない会話でもいいでしょう。日常生活に密着したコメディーを作ることで、シリアスなテーマを笑い飛ばしてしまおうと思いました」。

 映画「おじいちゃんの里帰り」は、11月30日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他でロードショー。ぜひ、ご覧ください。

 ⇒ 映画公式サイト おじいちゃんの里帰り

■映画トレイラー&イントロ

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です