「石川さん、検察に対して『ツケを返せ!』と言ってくれ」 ──陸山会事件を振り返る 石川知裕前衆議院議員の裁判報告会(コーディネーター・岩上安身) 2015.2.21

記事公開日:2015.3.9取材地: テキスト動画

※岩上安身が狭心症の発作で倒れる直前にコーディネーターを務めた報告会です。

※3月9日テキストを追加しました!

 「あの事件で日本は歪められた。もう一度、石川さんが国会に行き、日本を元に戻してほしい」──。陸山会事件で逮捕された石川知裕前衆議院議員の主任弁護人を務めた安田好弘弁護士は、再審請求への決意を語った。

 2015年2月21日、北海道帯広市のとかち館にて、石川ともひろの裁判を支援する会の主催による「石川知裕前衆議院議員 裁判報告会」が開催された。前衆議院議員の石川知裕氏と、石川氏の弁護を担当した安田好弘弁護士、河合匡秀弁護士をゲストに迎え、IWJ代表の岩上安身がコーディネーターを務めて、陸山会事件を振り返った。


不起訴となった田代政弘元検事を検察審査会に申し立て ~健全な法治国家のために声をあげる市民の会 記者会見 2014.1.15

記事公開日:2014.1.15取材地: 動画

 1月15日(水)、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」が司法記者クラブにて記者会見を行った。昨年8月12日に、市民の会が刑事告発していた、「2010年1月の石川知裕氏逮捕に関して、田代政弘元検事および木村匡良検事が『石川議員の逮捕状を請求するために、事実と異なる内容を記載していた』件についての、虚偽有印公文書作成及び行使容疑での告発」が、12月20日に最高検で不起訴処分となったため、市民の会は検察審査会に申し立てを行った。


「検察審査会の補助弁護士は、脱税幇助で辞職した元検事だった!」 ~八木啓代氏トークショー「『ストーリー田代不起訴』の裏側と『PC遠隔操作事件』の真相」 2014.1.5

記事公開日:2014.1.5取材地: テキスト動画

 「PC遠隔操作事件では、いたずらメールで懲役10年を求刑するらしい。1年近く経っても『証拠隠滅する恐れがある』と家族の接見禁止。再逮捕を繰り返し、ハイジャック防止法まで課している」──。

 2014年1月5日、大阪市浪速区日本橋にある討論Barシチズンで、八木啓代氏(ラテン歌手、作家、健全な法治国家のために声をあげる市民の会会長)のトークショー「『ストーリー田代不起訴』の裏側と『PC遠隔操作事件』の真相」が行われた。


「最高検の見解にくみした、はじめから結論ありきの、後から理由をつけた不公正な判決」~大阪地検特捜部証拠改竄隠蔽事件で元部長・副部長の控訴を棄却 2013.9.25

記事公開日:2013.9.25取材地: テキスト動画

 大阪地検特捜部による証拠改竄隠蔽事件で、犯人隠避罪に問われ、一審の大阪地裁で懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受けた元部長の大坪弘道被告および元副部長の佐賀元明被告の控訴審で、大阪高裁は両被告の控訴を棄却し、有罪とした一審判決を支持する判決を言い渡した。


新たな「ニセ捜査報告書」発覚。「記憶の混同」で不起訴となった元検事を再び告発へ 〜「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」による記者会見 2013.8.12

記事公開日:2013.8.12取材地: テキスト動画

 虚偽捜査報告書は一つではなかった。

 陸山会事件に関して、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会(以下、市民の会)」は、新たな虚偽有印公文書作成の疑いが浮上した田代政弘元検事と、上司の木村匡良検事を、8月12日、刑事告発した。

 「新たな虚偽報告書」の存在は、yahoo!ニュース内に掲載された、前田恒彦元検事の記事で発覚した。


「どんなことがあっても自分たちの主張を訴え、行動し、必ず戻ってくる」 ~参議院議員 森ゆうこ『日本を破壊する5つの罠』出版記念パーティー 2013.6.26

記事公開日:2013.6.26取材地: テキスト動画

 2013年6月26日(水)18時30分から、東京都千代田区の星陵会館にて、「参議院議員 森ゆうこ『日本を破壊する5つの罠』出版記念パーティー」が行われた。

 生活の党代表の小沢一郎氏も出席し、激励の言葉を贈った。森氏は、議会制民主主義、国民主権、立憲主義を守ろうとしない自民党政権を問題視し、来月の参議院選に向け、「必ず戻ってくる」と決意を語った。


「私が内部告発した時には、私以外の全員が犯罪者でした」 ~最高裁事務総局の社会支配と戦う市民集会 司法の闇に光を! 2013.6.1

記事公開日:2013.6.1取材地: テキスト動画

 「日本の警察から、今の50代以上の管理職者が姿を消すまでは、冤罪はなくならない」──。

 2013年6月1日(土)13時から、東京都豊島区の豊島区民センターで行われた市民集会「司法の闇に光を!」で、元警察官の仙波敏郎氏は、このように発言。ほかのスピーカーもまた、日本の司法の「闇」に迫る議論を展開した。


【IWJブログ】補助弁護人の「正体」はヤメ検。 虚偽報告書に「不起訴不当」決議は妥当か 八木啓代氏インタビュー 2013.4.23

記事公開日:2013.4.25 テキスト動画

 陸山会事件において、田代政弘検事らが虚偽報告書を作成し、検察を強制起訴に誘導した問題について、19日、東京第一検察審査会は「不起訴不当」との議決を出した。これを受け、IWJは2013年4月23日(火)、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会(以下、市民の会)」代表、八木啓代氏にインタビューを行った。インタビューでは、これまでの一連の経緯も振り返り、説明していただいた。


陸山会事件控訴審、元秘書3人に有罪判決 石川議員「判決は事実誤認」―「陸山会事件 控訴審判決」裁判所前の模様&石川知裕裁判報告会 2013.3.13

記事公開日:2013.3.13取材地: テキスト動画

 2013年3月13日(水)13時30分過ぎ、東京都千代田区の東京高等裁判所で、生活の党代表の小沢一郎氏の政治資金をめぐり、収支報告書にうその記載をした罪に問われた、小沢氏の元秘書、石川知裕氏、大久保隆規氏、池田光智氏の3人に対する控訴審判決があり、飯田喜信裁判長は1審と同じく有罪を言い渡した。3人は即日上告した。


2013/01/06 【大阪】迷惑メールフォルダに届いたロシア語メールに怪しい日本語~「ここであなたがしたい秘密文書を取得することができます」~「八木啓代さんトークショー」

記事公開日:2013.1.6

 2013年1月6日(日)16時、大阪市浪速区のコミュニティスペース「討論Bar“シチズン”」において、ラテン歌手・作家で「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」の代表を務める八木啓代氏を招いて、「八木啓代さんトークショー」が開かれた。八木氏は、いわゆる「陸山会事件」にからむ虚偽公文書作成などを問題視して起こした、検察に対する一連の刑事告発について、その過程における様々なエピソードを交えながら、参加者に語り掛けた。


2012/12/27 谷垣禎一法務大臣 就任会見

記事公開日:2012.12.27

 2012年12月27日(木)、東京都千代田区の法務省で、谷垣禎一法務大臣の就任会見が開かれた。谷垣禎一法務大臣は、陸山会事件に関する検察官の虚偽捜査報告書問題について、「当時私も報告を受けていた。もちろんああいう事件は起こしてはならない。検察捜査のモラルを向上させていく手段を考えて行かなければ」と語った。


【IWJ特報59・60号】 11.12から12.16へ 疾風怒濤の35日間 ~陸山会裁判、小沢氏「無罪」確定から、解散、第三極をめぐる合従連衡、ダブル選挙へ 2012.12.16

記事公開日:2012.12.16 テキスト独自

第59号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岩上安身のIWJ特報!
11.12から12.16へ 疾風怒濤の35日間
〜陸山会裁判、小沢氏「無罪」確定から、解散、第三極をめぐる合従連衡、ダブル選挙へ(前編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今から約一ヶ月前の11月12日月曜日。この日、陸山会事件の控訴審で、被告だった小沢一郎氏に対し、「無罪」の判決が下った。3年8ヶ月前に始まった暗黒の政治裁判が、終に幕を閉じたのである。今から振り返ると、これが幕開けであったと想われる。この日を境に何かの呪縛が解けたかのように、すべてが動きだし、疾風怒濤の日々が始まった。


2012/11/24 小沢一郎氏の無罪確定と「生活」隠し(「IWJ通信」11月24日号 巻頭言より)

記事公開日:2012.11.24

今週も政治の世界ではめまぐるしい動きがありました。

 19日(月)、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反で強制起訴されていた「国民の生活が第一」の小沢一郎代表について、検察官役の指定弁護士は、最高裁へ上告する権利の放棄を東京高裁に申し立てました。これで、小沢氏の無罪が確定したわけです。

 これをうけ、「国民の生活が第一」党本部で、夕方の5時45分から小沢氏の会見が開かれました。私は、捜査報告書を偽造してまで強制起訴に持ち込んだ検察の不当性、そして、検察と一体となり、メディアスクラムを組んだマスコミの異常性についてどう思うか、小沢氏に質問しましたが、小沢氏は「国民の裁き、天の裁きにお任せしたいと思います」と述べるにとどまりました。

 驚くべきは、大手メディアの、厚顔無恥な振る舞いです。毎日新聞の記者が、こともあろうにこの会見の場で、「二審判決が無罪となったことで一審が確定判決になった。その一審判決で、政治資金収支報告書を一度も見ていないということに対して厳しい批判があるが、どう思うか」という質問をしました。刑事裁判の基礎も知らない不勉強ぶりにあぜんとさせられました。二審が無罪となったら一審が確定判決になる、というのはまったくのデタラメです。言うまでもなく、確定判決は二審の無罪判決です。

 20日(火)にインタビューした郷原信郎弁護士はこの件について、「控訴審判決は一審判決以上に、陸山会事件の構図自体に対して厳しい判断をしている。そのことを完全に無視している」と切って捨てました。マスコミは小沢氏を追求する前にまず、自身の誤った報道姿勢を真摯に検証するべきでしょう。しかし、大手メディアの記者は、誰一人として郷原弁護士にコメントを取りに来ていないとのこと。大手メディアには、反省の色が皆無です。

 郷原弁護士のインタビューからは、控訴審で小沢氏に無罪判決を出した小川正持裁判長について、興味深い話が飛び出しました。小川裁判長は、今年11月7日、東電OL殺人事件で逮捕されたゴビンダ氏に、再審で無罪判決を出した人物です。このゴビンダ氏に対し、2000年12月22日の控訴審で無期懲役判決を言い渡していた飯田喜信裁判長が、14日に行われた石川知裕、大久保隆規、池田光智の第1回控訴審で、弁護側による追加の証拠請求を却下したのです。これが、飯田裁判長による、小川裁判長に対する意趣返しであるかどうかは分かりませんが、陸山会事件と東電OL殺人事件、本来は全く無関係な二つの大冤罪事件が、何の因縁なのかここで結びついたのです。

 先週16日(水)の衆議院解散以降、政局に突入した永田町は、日々、混乱の様相を深めています。大手メディア、特にテレビは、民主、自民、そして維新といった第三極右派の動きのみを取り上げ、生活、社民、みどりの風といった第三極中道リベラルの動きは取り上げていません。

 18日(日)の政治討論番組、「報道2001」(フジテレビ)、「報道ステーションSUNDAY」(テレビ朝日)などは、民主、自民、維新の候補者のみをスタジオに出演させ、それ以外の候補者はVTRでさらっと紹介するだけという扱いでした。テレビは、放送法第一条で定められているように、不偏不党を義務づけられているメディアです。公示前とはいえ、選挙を目前に控えていながら、このような報じ方は、放送法違反であると言わざるを得ません。この、メディアの偏向報道について、私は、レギュラー出演している文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」の中で批判しました。

 19日(月)、山田正彦前農水相と亀井静香前国民新党代表が、新党「反TPP・脱原発・消費税増税凍結を実現する党」(略称:反TPP)を旗揚げしました。さらに22日(木)、「反TPP」は、河村たかし名古屋市長の「減税日本」と合流、新党「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(略称:脱原発)が結成されました。ちょうどこの記者会見が行われる直前、私は亀井静香氏にインタビュー。亀井氏は、誰と誰が結び、という生々しい合従連衡の話とともに、世界規模で進行している新自由主義とグローバル資本への危機感を表明しました。

 消費税・TPP・原発をめぐり、対立軸は鮮明になりつつあります。この3点に賛成する、民主、自民、公明、維新という、右派の新自由主義路線と、この3点に反対の、生活、社民、共産、みどりの風、そして新党「脱原発」の中道リベラル路線にはっきりと分かれています。マスコミは、前者のみをクローズアップし、後者を矮小化するか黙殺し続けています。IWJは、偏見を排し、今回の衆院選における真の論点を提示できるような公正な報道を続けていきたいと思っています。

 IWJはこれからも、市民に直接支えられるメディアとして、市民が必要とする情報をお伝えしていきたいと思います。今後ともご支援をお願いいたします。

岩上安身 拝


郷原信郎弁護士インタビュー 2012.11.20

記事公開日:2012.11.20取材地: テキスト動画独自

 2012年11月20日(火)、東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所で、岩上安身による郷原信郎弁護士インタビューが行われた。陸山会の土地購入をめぐって、政治資金規正法違反の罪に問われていた小沢一郎氏は、12日に無罪判決が言い渡された。1週間後の19日に指定弁護士が上告を断念、小沢氏の無罪が確定した。一方、14日には、小沢氏の元秘書らに対する、控訴審の第一回公判が始まった。このような状況をもとに、郷原弁護士に、今回の裁判の問題点、元秘書らの控訴審の見通しなどを尋ねた。話は陸山会事件をめぐるマスコミの報道や、東電OL事件の裁判の問題にも展開していった。


国民の生活が第一 小沢一郎代表 定例会見 2012.11.19

記事公開日:2012.11.19取材地: テキスト動画

 2012年11月19日(月)、東京都千代田区の国民の生活が第一党本部で、国民の生活が第一 小沢一郎代表 定例会見が行われた。この日、指定弁護人の上告取り下げにより、「陸山会事件」における小沢代表の無罪が確定していた。小沢代表は強制起訴から今日までの間を「本当に忍耐の毎日だった」と振り返り、「私を信じて励ましてくれた国民の皆さんに感謝を申し上げたい」と感慨を述べた。また、衆議院選挙第2次公認も発表された。「日本維新の会」について小沢代表は「原発、消費税に関しては私どもと方向性が違う」と、連携の可能性を否定した。


文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」 2012.11.19

記事公開日:2012.11.19取材地: テキスト動画

 2012年11月19日(月)15時30分、文化放送にて「夕やけ寺ちゃん活動中」の生放送が行われた。レギュラーコメンテーターの岩上安身は、先週の衆議院解散と関連して、マスメディアによる偏った報道について話をした。「本音と建前」のコーナーでは、「解散総選挙の影で起きたメディアが伝えない真実」をテーマに、小沢一郎氏の陸山会事件を巡る問題点等について語った。


2012/11/12 「小沢裁判報告会」 ~真の民主主義確立への大いなる一歩~

記事公開日:2012.11.12

 2012年11月12日、陸山会事件における小沢一郎氏の二審無罪判決を受け、17時30分より参議院議員会館講堂で「小沢裁判報告会」が行われた。超党派議員や有識者、支援者が多く詰めかけ、無罪を喜ぶ拍手と歓声に包まれた。司会の森ゆうこ議員から、今後に向けての「緊急声明」が発表され、豊島区議会議員であり、「国民の生活が第一」衆議院公認予定候補者の、橋本久美氏がそれを読み上げた。【緊急声明の全文は記事本文文末に掲載しました】


郷原信郎弁護士インタビュー 2012.11.12

記事公開日:2012.11.12取材地: テキスト動画独自

 2012年11月12日(月)、東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所で、岩上安身が、郷原信郎弁護士に単独インタビューを行った。この日、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反の罪で強制起訴された「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の控訴審判決が下され、無罪が言い渡された。インタビューでは、岩上と郷原弁護士が、小沢代表をめぐるこの一連の事件を振り返った。さらに前田恒彦元検事による大阪地検特捜部の証拠改ざん事件や、田代政弘検事による虚偽捜査報告書作成事件にも話は及び、2人は検察に対して厳しい批判を行った。


2012/11/12 陸山会事件 小沢一郎氏控訴審判決

記事公開日:2012.11.12

 2012年11月12日(金)、東京都千代田区の東京高等裁判所前で、「陸山会事件 小沢一郎氏控訴審判決」後の模様を中継した。資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐり、政治資金規正法違反の罪に問われていた「国民の生活が第一」小沢一郎代表の控訴審判決が東京高裁であった。小川正持裁判長は一審の無罪判決を支持、指定弁護士の控訴を棄却した。裁判所前には、小沢代表を支持する多くの市民が集まった。ある女性は、控訴棄却が判明した瞬間に涙を見せ、「3年間、ほんとうに長かった。総理は小沢さん以外にいないと思う」と語った。


2012/11/08 「新政研」 国民と司法に関する特別研究会

記事公開日:2012.11.8

 11月8日(木)、東京都千代田区の参議院議員会館で、「『新政研』 国民と司法に関する特別研究会」が開かれた。健全な法治国家のために声をあげる市民の会の代表・八木啓代氏から、「捜査報告書ねつ造に対する追加告発」に関する報告があり、その後、検察審査会法の改正案要綱について、議論が行われた。