【IWJブログ・特別寄稿】「林文子氏から一筆取った」!? 自公推薦候補を応援した民進党・牧山ひろえ議員を直撃! 横浜市長選で民進党は受け皿になることを放棄した(ジャーナリスト・横田一) 2017.8.8

記事公開日:2017.8.8取材地: テキスト

 なぜ民進党は、安倍政権にさらなる打撃を与える絶好のチャンスを、みすみすと逃したのか――。

 蓮舫前代表の辞任を受け、9月上旬に代表選を予定している民進党。7月2日の都議選で惨敗、30日の横浜市長選では与野党対決の構図を作り出すことができず、逆に自公推薦の林文子氏をアシストするという空回りの行動に出て有権者の失望を買った。果たして今度の代表選挙で与党の受け皿となる野党第一党に生まれ変わることができるのか、国民の期待値はかなり低いと言わざるをえない。


民進党・蓮舫代表が辞意を表明!!「民進党の為でもない、私の為でもない、国家の民主主義のため」――民進党 蓮舫代表 辞任記者会見 2017.7.27

記事公開日:2017.7.28取材地: テキスト動画

 2017年7月27日、民進党の蓮舫代表は国会内で記者会見を開き、「民進党の代表を引く決断をしました」と代表を辞任する意向を明らかにした。

 昨日、一日熟考した結果として「どうすれば遠心力を求心力に変えることができるのか。人事ではなく私自身をもう一度見つめ直さなくていけないと思いました」と辞任を決断した理由を説明した。


様々な形で差別を受けているマイノリティの方たちに寄り添う・声を組み上げる・共生社会を実現する先頭に私が立つ!!~民進党蓮舫代表が戸籍の一部公開の場で断言 2017.7.18

記事公開日:2017.7.18取材地: テキスト動画

 そもそも民進党蓮舫代表の「国籍問題」なるものに、何の違法性も問題もないことをIWJではかねてより指摘し続けてきた。

 それでもあえて問題があるとするならば、それは1972年の日中国交正常化により日本が台湾の政府を公式に認めていないという「2つの中国」の問題であり、加えて1984年まで改正されなかった女性差別的かつ非人道的な国籍法とによって引き起こされた手続き上の混乱であり、そんな状態を長年放置してきた行政の怠慢だろう。


「キツいなら『助けて』と言って欲しい。我々はいくらでも助ける」!!「路上で排外主義に対峙してきた流れを信用して欲しい」!! 民進党蓮舫代表の国籍問題会見直前に弁護士・学者らが声明!! 2017.7.18

記事公開日:2017.7.18取材地: テキスト動画

 「戸籍開示を迫られ、その記載内容によって何らかの判断を下されるというのは、まさに憲法14条違反。人権をめぐる歴史の時計の針を100年、巻き戻そうとする愚挙でしかない」、「法的に自明である『日本人であること』の証明を求める声が出るのは、憂うべき事態と言わざるをえない」――。

 民進党蓮舫代表が「自身がすでに台湾国籍を有していないことがわかる、戸籍の一部を含めた関連の資料」を開示した2017年7月18日、蓮舫氏の会見に先立ち、学者と弁護士グループが民進党に対し、憲法や人権上の観点から、戸籍関連の公表を控えるよう申し入れを行うとともに、参議院議員会館で記者会見を行なった。


民進党・蓮舫代表「戸籍開示報道」を否定!! 「私は多様性の象徴」「差別主義者やレイシストの方たちの声には私は屈しない」!! 2017.7.17

記事公開日:2017.7.17 テキスト

※本記事は「日刊IWJガイド」2017年7月12日号に加筆・修正を加えたものです。

 民進党の蓮舫代表が2017年7月11日午後の党執行役員会で、自身が日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題について、「戸籍を示し、近々説明する」と述べたと、報じられた。


「差別・排外主義者に言われて戸籍を公開することは絶対あってはいけない」民進・蓮舫代表が断言!他方「『台湾籍ない』という部分示す用意ある」と主張!会見では記者質問「抹消」未遂騒動も 2017.7.13

記事公開日:2017.7.14取材地: テキスト動画

 「差別主義者・排外主義者に言われて戸籍を公開するようなことは絶対にあってはいけない」――。

 民進党・蓮舫代表が力を込めて「戸籍謄本の全面開示」を否定した。2017年7月13日、蓮舫氏の定例会見が国会内で開かれた。「戸籍謄本公開」の報道があって以降、その決断に対して多くの批判の声もあがり、蓮舫氏の真意には注目が集まっていた。


東京都議選・葛飾区 民進党 米山真吾候補 街頭活動 ―応援弁士:蓮舫代表 2017.6.27

記事公開日:2017.7.3取材地: 動画

 2017年6月27日(火)、東京都葛飾区の亀有駅南口にて、東京都議選・葛飾区から立候補の民進党 米山真吾候補による街頭活動が行われ、応援弁士として蓮舫代表が駆けつけた。


東京都議選・八王子市 民進党 安藤修三候補 街頭演説 ―応援 蓮舫代表 2017.7.1

記事公開日:2017.7.1取材地: 動画

 東京都議選最終日2017年7月1日(土)、民進党・蓮舫代表は、東京都八王子市・JR八王子駅北口で18時50分より行われた安藤修三(あんどう・おさみ)候補(民進党・新人、元八王子市議会議員)の街頭演説で応援演説を行った。


財務省佐川理財局長を国税庁長官に昇進させた判断基準は何なのか!? 内閣人事局長である萩生田官房副長官に国会でぜひ聞かせていただきたい!! ~民進党蓮舫代表 定例記者会見 2017.6.29

記事公開日:2017.6.29取材地: 動画

 2017年6月29日(木)、東京都千代田区の衆議院内にて、民進党の蓮舫代表による定例記者会見が行われた。


東京都議選・足立区 民進党 銀川裕依子候補 街頭演説 ―応援弁士:蓮舫代表 2017.6.28

記事公開日:2017.6.28取材地: 動画

 2017年6月28日(水)19時より、足立区の綾瀬駅東口にて、東京都議選・足立区 民進党 銀川裕依子候補 街頭演説が行なわれ、応援弁士に蓮舫代表が登壇した。


民進党・蓮舫代表らが東京・銀座四丁目交差点で街頭演説 「森友学園、加計学園、私たちが問うているのはたった一つ。総理のお友達、総理夫人のお友達に特別な優遇、便宜がはかられたかどうか」 2017.6.25

記事公開日:2017.6.25取材地: 動画

 2017年6月25日(日)13時より東京都中央区の銀座四丁目交差点にて、民進党街頭演説会「共謀罪強行抗議! 加計・森友疑惑徹底追及!」を行い、松尾明弘・東京2区総支部長、宮沢由佳参院議員、蓮舫代表がスピーチをした。


「古い自民党政治との決別が問われている!!」~蓮舫・民進党代表が中野区で都議選第一声 2017.6.23

記事公開日:2017.6.23取材地: 動画

 東京都議選告示日を迎えた6月23日、民進党の蓮舫代表は中野駅南口で2期目を目指す同党・西沢圭太候補の応援演説で第一声を上げた。

 「築地から豊洲への移転の経過も加計問題と同じく、資料も記憶も無い点で自民党政治の極みだ。国政も都政も古い自民党政治との決別が問われている」と今回の都議選の争点を語った蓮舫代表だが、都民ファーストの会との差別化を問われると、「都民に最も伝えなければいけないのは、豊洲移転の今後の会計説明。まだ数字も出ていない、説明もされていないものに対して、なんでも賛成とかなんでも反対というのは間違っていると思う」と答えた。


「官邸は絶対やると言っている」――萩生田副長官発言の新文書に対し文科省「(行政文書ではなく)個人メモ」「副長官の発言でない内容が多く含まれており、正確性を欠く」 ~民進党「加計学園疑惑調査チーム会合」 2017.6.20

記事公開日:2017.6.21取材地: テキスト動画

※本日の会合で配布された資料を、会員ページに掲載しました!

 学校法人・加計学園による獣医学部新設に関して、2017年6月20日(火)、松野博一文部科学相が閣議後に記者会見を行い、萩生田光一官房副長官の新たな発言が掲載された文書を発表した。文書のタイトルは、「10/21萩生田副長官ご発言概要」。この文書には、「和泉補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけが怖じ気づいている、何が問題なのか整理してよく話を聞いてほしい、と言われた。官邸は絶対やると言っている」などと記載されている。


「共謀罪は、自由な民主的社会の基盤を切り崩し、専制国家を生み出す危険な法案である」葛野尋之氏(一橋大学教授)――不十分な審議による法案通過に9千人以上の市民が怒りの声 2017.5.19

記事公開日:2017.5.21取材地: 動画

 2017年5月19日(金)、東京都千代田区の国会議事堂正門前にて、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会、共謀罪NO!実行委員会、安全保障関連法に反対する学者の会などの主催により「共謀罪廃案!安倍内閣は退陣せよ、国会正門前行動」が行われ、衆院法務委員会での共謀罪法案の強行採決を受け、9千人以上の市民が国会前に集結し、怒りの声をあげた。


民進党が「原発ゼロ基本法案」の国会提出を発表 蓮舫代表「一日も早く、原発ゼロ目標を実現するための『原発ゼロ基本法案』を国会に提出してまいります」――民進党・定期党大会 2017.3.12

記事公開日:2017.3.12取材地: 動画

 2017年3月12日(日)13時より東京都港区のザ・プリンス パークタワー東京にて、民進党定期党大会が開催された。党大会後には、蓮舫代表記者会見も行われた。


”戦術”としての民共連携? 民進、連合に配慮し依然として旗幟鮮明にせず――「野党共闘」の行方をめぐり民進党・蓮舫代表を直撃! 2017.1.19

記事公開日:2017.1.20取材地: 動画

 2017年1月19日(木) 15時より東京都千代田区の衆議院にて、民進党蓮舫代表による定例記者会見が行われた。


「徹底抗戦もあるが、時間があっという間に終わってしまうことも想定できた」――「カジノ法案」に徹底抗戦を貫けなかった民進党・蓮舫代表をIWJが直撃! 2016.12.15

記事公開日:2017.1.11取材地: テキスト動画

※1月13日テキストを追加しました。

 2016年12月15日、民進党・蓮舫代表による定例記者会見が行われた。会見では、前日14日に参議院、衆議院の両本会議で可決された「カジノ法案」こと「統合型リゾート施設(IR)整備推進法」について質問が集中した。

 蓮舫代表は、13日午後の常任幹事会では、この法案について「廃案に追い込んでいきたい」と徹底抗戦の構えを見せていた。だが、その号令からわずか3時間後。民進党は内閣委員会で、ギャンブル依存症対策の拡充などを盛り込んだ自民党の修正案を、衆議院に差し戻すことを条件に、受け入れてしまった。


「FOR NEXT 大阪の未来 チルドレンファースト・女性・カジノ」街角トーク ―蓮舫氏×辻元清美氏×矢田稚子氏×尾辻かな子氏ほか 2016.12.24

記事公開日:2016.12.25取材地: 動画

 2016年12月24日(土)15時半より、大阪市天王寺区の天王寺ミオ前で民進党・蓮舫代表ほか民進党女性議員らによる街頭演説「FOR NEXT 大阪の未来 チルドレンファースト・女性・カジノ」街角トークが行われた。


「野党統一候補なら応援は控える」という連合の傲慢な姿勢に市民から反発の声!「自分たちの利害で、こんな立派な人の応援をやめるのはどうかと思う」〜衆院東京10区補選、鈴木庸介候補街頭演説 2016.10.21

記事公開日:2016.10.23取材地: テキスト動画

 衆院東京10区補選も残す所あと一日となった2016年10月21日、鈴木候補は東京・目白駅前で街頭演説を行い、民進党の蓮舫代表、山尾志桜里議員が応援演説を行なった。終始100名ほどが足を止めて、約40分の演説に耳を傾けていた。


【IWJブログ・特別寄稿】原発推進・森候補を支えるのは、公共事業推進と選挙応援がバーターの自民党流「土建選挙」! 街頭演説一切なしで県内の企業・団体回りに励む二階幹事長、「利益誘導なんてない!もっとレベルの高いことだ!」と開き直り! 2016.10.15

記事公開日:2016.10.16取材地: テキスト

 いよいよ新潟県知事選挙の投開票日を16日、迎える。ここへきて、「自主投票」を決めていた民進党議員が次々と新潟県入りし、共産・社民・自由が推薦する米山隆一候補の応援にまわっている。2016年10月14日にはついに、蓮舫代表も新潟入りして応援演説に駆けつけた。