日本で最初の立憲民主主義思想は現行憲法よりリベラルだった!? 幕末の思想家・赤松小三郎の暗殺に見る「明治礼賛」の虚妄! ~岩上安身による拓殖大学関良基准教授インタビュー(その2) 2017.7.11

記事公開日:2017.7.12取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。一般会員は1ヶ月間、サポート会員は無期限でご覧いただけます。ぜひご利用ください!
→ここから

 2017年7月11日(火) 17時30分より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による拓殖大学関良基准教授インタビュー(その2)が行われた。

■イントロ

  • 日時 2017年7月11日(火) 17:30~
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


“日本で最初の立憲民主主義思想は現行憲法よりリベラルだった!? 幕末の思想家・赤松小三郎の暗殺に見る「明治礼賛」の虚妄! ~岩上安身による拓殖大学関良基准教授インタビュー(その2)” への 4 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    幕末の思想家・赤松小三郎の暗殺に見る「明治礼賛」の虚妄!~岩上安身による拓殖大学関良基准教授インタビュー(その2) http://iwj.co.jp/wj/open/archives/388960 … @iwakamiyasumi
    教科書で”教えない”近代史。なぜ、”教えてもらえなかった”のか。興味深い。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/885401168762908672

  2. 遠山正文 より:

    井上清氏の発言の背景として、アメリカに占領されていたという歴史的文脈を無視することはできない。

  3. 齋藤信子 より:

    「赤松小三郎ー」以来ファンの関良基氏のロングインタヴューすごく面白かったです。日本特に政治家の筋の通らない訳のわからなさや、日本の軍隊の非道卑劣のルーツがやっと解った気がしました。森鴎外の舞姫を高校の授業で読んだ時、この男の偉そうなエゴイズムに欺瞞を感じた私の直感は間違っていなかった。
    受験のせいで歴史は明治維新以降全くチンプンカンプンだったし、NHKの大河ドラマも興味がなかったのですが、それにしてもここまで嘘を人口に膾炙した日本の歴史教育に呆れました。無謀な戦争を正当化するためにここまで策を弄したとは。

  4. 河野 より:

    IWJは評価しますが、岩上さんしゃべりすぎ。ゲストの方のの意見をもう少し出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です