なくすべき規制と守るべき規制~国民にもオープンな議論を! 農業、家事労働、医療・・・進む規制改革と私たちの暮らし――緊急シンポジウム「加計学園だけじゃない! どうなってるの?国家戦略特区」 2017.6.29

記事公開日:2017.7.6取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月29日(木)、東京都千代田区の連合会館にて、NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)の主催により、「加計学園だけじゃない!どうなってるの?国家戦略特区」と題する緊急シンポジウムが開催され、大田区議の奈須りえ氏、ジャーナリストで和光大学教授の竹信三恵子氏、PARC共同代表の大江正章氏、内田聖子氏ら登壇し、国家戦略特区、農業、家事労働、医療、規制緩和など、各分野の視点から発言を行った。

■ハイライト

  • テーマと発言者
    • 国家戦略特区とは何か?―その意図としくみの問題点/奈須りえ氏(大田区議)
    • 家事代行サービスと女性の労働/竹信三恵子氏(ジャーナリスト、和光大学教授)
    • 「競争力強化」と「外国人就労」で農業・農村はどう変わるのか? /大江正章氏(コモンズ代表、PARC共同代表)
    • 自由貿易と国内規制緩和―医療、都市開発、国際金融都市?/内田聖子氏(PARC共同代表)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です