トランプ政権はさらなる規制緩和を日本に要求してくる!安倍政権によるTPP強行採決は「さらなる国益を差し出す」服従の意思表明!? ~鈴木宣弘東大大学院教授がトランプの正体を見抜く! 2017.1.21

記事公開日:2017.1.23取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:城石裕幸)

※1月26日、テキストを追加しました。

 2017年1月21日(土)、山田正彦元農水相の主催する「山田正彦の炉端政治塾」で、東京大学大学院教授の鈴木宣弘氏が講演を行った。そのわずか数時間前、アメリカではトランプ新大統領が就任演説を行い、かねてからの予告通りTPPからの離脱を宣言した。

 今回の講師であり、2010年当時農水大臣だった山田氏とともに当初から一貫してTPPの危険性を訴え続けている東京大学大学院教授の鈴木宣弘氏は、「TPPに歯止めをかけることができてよかった」と喜びつつも、今後の問題の深刻さを訴えた。

▲鈴木宣弘・東京大学大学院教授

▲鈴木宣弘・東京大学大学院教授

記事目次

■ハイライト

  • 講演 鈴木宣弘氏(東京大学大学院教授、農業経済学)
  • タイトル 山田正彦の炉端政治塾 ―講師 鈴木宣弘氏(東京大学大学院教授)
  • 日時 2016年1月21日(土)16:00〜
  • 場所 東京都内
  • 主催 山田正彦の炉端政治塾 (Facebook)

アメリカは自国の利益のためさらなる規制緩和を日本に要求してくる!

 「TPPのような自由貿易によってこれ以上格差が広がるのはもうゴメンだという大きなうねりが世界に広がっている」と、トランプ新大統領が誕生した背景を分析した鈴木氏だが、その一方でトランプ氏の目指すアメリカ一国主義の問題点を次のように指摘した。

▲第58代大統領就任式(ウィキメディアコモンズより)

▲第58代大統領就任式(ウィキメディアコモンズより)

 「トランプ氏はアメリカが儲かるようにしたい。そのためにアメリカ国内での生産を増やそうとしている。一見、『地産地消』でよいことのようだが、アメリカが儲かるためには、国内だけでなく外国に売るということ。アメリカ国内に入ってくるものは徹底して規制するが、日本などにはさらなる規制緩和を要求してくるだろう」

 そのうえで鈴木氏は、国会でTPP批准案と関連法案が強行採決された理由を、「国際公約としてTPP水準の国益の差し出しを交渉のベースにして、さらにそれ以上の譲歩をするという意思表明だろう」と分析した。

 さらに、「『だからトランプさん、東京オリンピックが終わるまでは総理でいさせてください』という安倍首相のメッセージだ」と述べ、「アメリカの要求に盲目的に応えることで自分の地位を守ろうとする政治を止めなければ、根本的な解決ができない」と嘆いた。

対EUの貿易協定で日本は譲るだけ譲って決めてしまおうとしている!?

 アメリカの離脱によってTPP協定は発効の見込みがなくなったが、そこであらたに浮上してきたのが、日・EUの貿易協定だ。

 「日本はEUに譲るだけ譲って決めてしまおうとしている。そうなると農産物、とくに乳製品が危ない」と鈴木氏は説く。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“トランプ政権はさらなる規制緩和を日本に要求してくる!安倍政権によるTPP強行採決は「さらなる国益を差し出す」服従の意思表明!? ~鈴木宣弘東大大学院教授がトランプの正体を見抜く!” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    命の要の食糧を国内で作れなくなってもどうでもいいなんて言っている政治が、武器での安全保障ばかり言っている。安全保障の要はまず食糧。それを国民に供給できなくて武力の増強を主張するのは全く意味不明な議論だ。
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/358172 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/824385797348405248

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です