「捨て石となった沖縄の苦しみに寄り添うのが本当の右翼だ」〜「ニュース女子」の沖縄ヘイトに愛国団体・花瑛塾が抗議!一部の保守を「左翼憎しで真実見えていない」と批判!(第7弾) 2017.1.20

記事公開日:2017.1.23取材地: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 原佑介)

特集 ニュース女子

※無料公開期間終了★ぜひ会員登録して全編をご覧ください。
会員登録はこちらから
※1月25日、テキストを追加しました。

 「沖縄の人たちが日本を守るために捨て石になった。沖縄に寄り添うのが保守であり、右翼だ」――。

 愛国団体「花瑛塾」が2017年1月20日、TOKYO MXの本社前で抗議の声をあげた。

 沖縄の基地問題などに取り組むべく、2016年11月に既成の右翼団体から独立して結成された花瑛塾は、1月2日放送のMXテレビ「ニュース女子」の内容が沖縄平和運動への偏見、沖縄蔑視、民族差別を含む「デマ報道」であると問題視した。

▲TOKYO MX「ニュース女子」の放送内容に抗議する花瑛塾のメンバー
▲TOKYO MX「ニュース女子」の放送内容に抗議する花瑛塾のメンバー

 塾長の木川智(さとし)さんは粉雪舞うなかマイクを握り、「同じ日本人が戦争で多く傷ついた。日本の本土を守るために殺されていった。沖縄の苦しみ、悲しみに寄り添って、沖縄の基地負担をどう解消するかを考えるのは日本人として当然ではないか」と訴えた。

記事目次

■ハイライト

  • タイトル 花瑛塾による東京MXへの抗議街宣
  • 日時 2017年1月20日(金)11:00頃〜
  • 場所 東京メトロポリタンテレビジョン (TOKYO MX) 前(東京都千代田区
  • 主催 花瑛塾行動隊

木川塾長がTOKYO MXを指弾!「沖縄蔑視、民族差別にもとづく根拠不明の放送が公共放送で堂々と流された」

 木川さんは、「沖縄蔑視、民族差別にもとづく根拠不明、真偽不明の放送が公共放送で堂々と流された」として、「ニュース女子」を放送したTOKYO MXを強く批判した。

 MXは問題となった放送内容について「議論の一環」「様々な立場の方の意見」と釈明したが、これについて木川さんは、「あの放送で名誉、人権を傷つけられた人がいるのに、これでは答えになっていない。このままでは、引き続きMXはこういう民族差別、沖縄蔑視報道を行う可能性がある」と指弾した。

▲花瑛塾・木川智塾長
▲花瑛塾・木川智塾長

 実際に、高江や辺野古にも足を運んだという木川さんは、「地元の方々も『日当が出るなら、そんなにありがたいことはない』と明言し、日当が支払われるなどという事実はないと言っている」と指摘。

 「ニュース女子」は、基地反対派に外国の資金が流れているよう印象操作したことについても、「『対テロ戦争』でマネーロンダリングに厳しい目が光っている中で、なぜ基地反対派に外国のお金が流れるのか。そんなことがありえないのは、少し考えればわかることだ」と訴えた。

「在日米軍が日本を守ってくれる」という妄想のせいで沖縄が犠牲となっているのは許せない!

 「MXは今からでも『ニュース女子』の内容を見直す検証番組が必要だ。ふざけた放送をただちに再調査し、沖縄県民に謝罪すべきだ」

 木川さんはそう訴え、県民の4人に1人が亡くなった沖縄戦を振り返った。

 「沖縄戦でどれだけの沖縄県民が傷つき、死んでいったか。私たちは沖縄に行くたび、ひめゆりの塔や平和記念公園を訪れ、哀悼の意をささげている。日本の本土、もっといえば東京を守るために殺されていった。沖縄への苦しみ、悲しみに寄り添って、なんとか基地負担をどのように解消するかを考えるかが日本人として当然ではないか」

▲TOKYO MX正面玄関には数名の警備員が待機
▲TOKYO MX正面玄関には数名の警備員が待機

 木川さんは、民主党政権下で当時の森本敏防衛相が辺野古新基地建設について、「軍事的には沖縄でなくてもよいが、政治的に考えると沖縄が最適の地域だ」と明言したことを挙げ、沖縄に基地が作られるのは「政治的な条件」に過ぎないと批判した。

 1982年4月にはワインバーガー米国防長官が在沖米海兵隊について「日本防衛の任務は割り当てられていない」と議会で回答している。

(…会員限定ページへつづく)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です