【IWJルポルタージュ】「規制線の内側」から見たバラバラのオスプレイの残骸!事故直後、現場から生リポートした大袈裟太郎氏と事故現場を歩く! 2016.12.17

記事公開日:2016.12.18地域: 動画 独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・大袈裟太郎、KEN子、原佑介 文・原佑介)

※会員の方は全編動画を、2017年1月17日まで、ご覧いただけます。ぜひ会員登録して全編をご覧ください。
それ以降は、サポート会員のみがご覧になれます。
会員登録はこちらから

 2016年12月13日22時頃、米海兵隊のオスプレイが名護市の安部(あぶ)の海上に墜落した。事故直後の14日未明に現場に駆けつけた大袈裟太郎氏は、数名の地元の記者とともに16時間にわたって現場にとどまり、SNSを最大限に利用し、現場の状況を発信、注目を集めた。

 12月15日、IWJ記者は大袈裟太郎氏、中継市民のKEN子氏とともに、事故現場を訪れた。

▲この日はオスプレイの残骸に接近して撮影するため、通常報道陣が集まる北側の岸ではなく、南側の裏手から回り込む大袈裟太郎氏とIWJ記者。
▲この日はオスプレイの残骸に接近して撮影するため、通常報道陣が集まる北側の岸ではなく、南側の裏手から回り込む大袈裟太郎氏とIWJ記者。
▲南側から回り込むと、岩でできた険しい崖に行く手を阻まれる。足場を確認しながらひとつひとつの岩場を超えてゆく
▲南側から回り込むと、岩でできた険しい崖に行く手を阻まれる。足場を確認しながらひとつひとつの岩場を超えてゆく
▲南側の岩場から見える事故現場。オスプレイの残骸が浮かんでいるのが見える。
▲南側の岩場から見える事故現場。オスプレイの残骸が浮かんでいるのが見える。
▲オスプレイの事故現場に到着した大袈裟太郎氏とIWJ記者。(撮影はKEN子氏)
▲オスプレイの事故現場に到着した大袈裟太郎氏とIWJ記者。(撮影はKEN子氏)
▲南側から回り込むと、安部浜の北側の規制線外から現場を撮影する報道陣の姿が遠巻きに眺められる。手前のタイベックスを着た米兵と、報道陣の間を仕切る黄色いテープは、米兵の敷いた規制線。
▲南側から回り込むと、安部浜の北側の規制線外から現場を撮影する報道陣の姿が遠巻きに眺められる。手前のタイベックスを着た米兵と、報道陣の間を仕切る黄色いテープは、米兵の敷いた規制線。
▲報道陣が集まる北側からみえる風景。「竜」と書かれたオスプレイの尾翼の破片が、岩場の上に鎮座している。各社が紙面やテレビで報じている画角だ(前日14日にIWJ記者が撮影)。
▲報道陣が集まる北側からみえる風景。「竜」と書かれたオスプレイの尾翼の破片が、岩場の上に鎮座している。各社が紙面やテレビで報じている画角だ(前日14日にIWJ記者が撮影)。
▲海に浮かぶオスプレイの残骸を軽々持ち上げる大袈裟太郎氏。材質が軽いことが、よくおわかりいただけると思う。
▲海に浮かぶオスプレイの残骸を軽々持ち上げる大袈裟太郎氏。材質が軽いことが、よくおわかりいただけると思う。
▲南側から接近した大きなオスプレイの残骸。
▲南側から接近した大きなオスプレイの残骸。
▲至近距離で撮影したオスプレイのコックピット部分。
▲至近距離で撮影したオスプレイのコックピット部分。
▲満潮時には、コックピット部分は海の中に沈む(撮影は写真家・牧志治氏)
▲満潮時には、コックピット部分は海の中に沈む(撮影は写真家・牧志治氏)

■ハイライト

  • タイトル オスプレイ墜落事故が起きた沖縄県名護市より現地の模様を中継
  • 日時 2016年12月17日(土)
  • 場所 沖縄県名護市

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です