TPP交渉差止・違憲訴訟の会によるTPP協定署名に抗議する緊急記者会見 2016.2.4

記事公開日:2016.2.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年2月4日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、TPP交渉差止・違憲訴訟の会によるTPP協定署名に抗議する緊急記者会見が行われた。

■ハイライト

  • 日時 2016年2月4日(木)16:00~
  • 場所 衆議院第一議員会館 第一会議室(東京都千代田区)
  • 主催 TPP交渉差止・違憲訴訟の会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“TPP交渉差止・違憲訴訟の会によるTPP協定署名に抗議する緊急記者会見” への 1 件のフィードバック

  1. 河村大典 より:

    皆様のご活躍に敬意を表します。TPPの訴訟をしていることは少しは知っていましたが、原発の被害者訴訟と同様にIWJの録画からその内容を初めて知りました。あるご婦人の方がお者っていましたが、何故安倍政権が60%もの高支持なのかが一番の問題です。その理由は多くの国民が真実を知らないからです。また安倍の嘘をマスコミが報道しないからです。さらに世論調査も誘導世論調査になっています。
    だから今一番重要なことは国民に情報を正しく伝えることだと思います。野党の国会議員は街頭に出て訴えるか、政党助成金でニュース番組を買うかIWJのような独立系のメディアを広げていくかではないでしょうか。私は「あなたは日本国憲法を読んだことがありますか」と聞いても99%の人は読んでいないのです。行政は少なくとも日本国憲法ぐらいは各家庭に配ってから改憲を言うべきではないでしょうか。
    対案と意見も出ていましたが先ずは真実をいかに国民に伝えることができるかが、政権を変えるつまり選挙に勝つに繋がることだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です