2015/09/25 安保法案「採決不存在」に賛同署名が3万筆超え! ~呼びかけ人の学者ら、署名受け取り拒絶の「自民・鴻池事務所」を厳しく批判 委員会室への乱入者の氏名判明!!

記事公開日:2015.10.8
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 安保法制反対メッセージ

※10月8日テキストを追加しました!

 「あのような混乱の中に(まっとうな)『採決』はないと判断した、大勢の国民有志が、私たちに賛同してくれた」──。

 こう語るのは、東京大学名誉教授の醍醐聰氏である。NHKによる生中継もあり、世間の関心を大いに集めた、2015年9月17日の参院特別委員会で採決時の大混乱。醍醐氏らは、あの状況で「採決」がなされたとは到底言えず、安保関連法案が「可決」されたことにもならないと主張、同法案の審議再開を求めている。

「人間かまくら~ず②」(画像出展:Twitter @MisatoFlove)
▲「人間かまくら~ず②」(画像出展:Twitter @MisatoFlove)

 インターネット上に出回った画像には17日の特別委員会で、鴻池祥肇委員長を「人間かまくら」で取り囲んだ与党議員の名前が公開されている。この中で、委員会に所属しているのは佐藤正久議員(自民)のみ。ほか19名は本来、委員会室に入ることも許されていない。

人間かまくらに協力した国会議員リスト

自由民主党メンバー
佐藤正久(比例区)、阿達雅志(比例区)、井原 巧(愛媛県)、江島 潔(山口県)、大家 敏志(福岡県)、大野 泰正(岐阜県)、岡田 直樹(石川県)、酒井 庸行(愛知県)、熊谷 大(宮城県)、古賀 友一郎(長崎県)、島村 大(神奈川県)、滝沢 求(青森県)、滝波 宏文(福井県)、中泉 松司(秋田県)、二ノ湯 武史(滋賀県)、舞立 昇治(鳥取県)、森屋 宏(山梨県)

公明党メンバー
河野義博参議院(比例区)、新妻秀規参議院(比例区)、若松謙維(比例区)

 

強行採決に反対する市民3万人以上の署名を拒絶した鴻池議員事務所

 醍醐氏ら、学者や弁護士、作家ら12人が呼びかけ人となった、「安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める有志」は、2015年9月25日、山崎正昭参院議長(自民)と安保特別委員長を務めた鴻池祥肇参院議員(同前)への、申し入れ書と賛同署名の提出に関する記者会見を、東京・永田町の衆議院第二議員会館で開いた。

 この申し入れは、参院特別委員会での安保法をはじめとする計5件の「採決」の強行に対し、「議長は、表決をとる際は、問題を可とする者を起立させ、その起立者の多少を認定して、その可否の結果を宣告する(137条)」との参院規則を満たしていないとの理由から、法案の再審議を求めるもの。申し入れに賛同する署名の数は、受付開始からわずか5日後の同日午前10時の時点で3万2101筆に達した、と報告された。

 集まった署名と申し入れ書は、会見に先立ち、山崎参院議長の事務所に提出されたが、一方の鴻池議員の事務所では、申し入れ書は受け取るも、署名の方は拒絶したという。醍醐氏は、「署名を受け取らないという対応には、民意軽視の姿勢が露骨に反映されている」と怒りをにじませた。

  • 会見者 小中陽太郎氏(作家、ジャーナリスト)/藤田高景氏(村山首相談話を継承し発展させる会理事長)/澤藤統一郎氏(弁護士)/清水雅彦氏(日本体育大学教授)/生方卓氏(明治大学准教授)/醍醐聰氏(東京大学名誉教授)

開き直る鴻池議員秘書「どう考えていただいても、けっこう」

 山崎参院議長の事務所への申し入れ書と署名の提出は、特に支障もなく終了したというが、鴻池議員の事務所では、一波乱あったことが報告された。

 鴻池事務所は、申し入れ書は受け取ったものの、署名の受け取りは拒絶したというのである。提出のために参議院議員会館に足を運んだ醍醐氏は、これを、「予想だにしなかった展開」と評し、次のように話した。

 「最初に、議員会館12階にある山崎氏の事務所を訪ねた。事前にアポイントをとり、本人への面会を求めたが、受け入れなかったので、秘書に申し入れ書と署名を手渡した。その後、10階に下り、鴻池氏の事務所を訪ねたのだが、対応した秘書の鎌田亘顕氏は、『署名に関しては、受け取りをお断りする』と告げてきた。『鴻池氏が申し入れ書を読み、署名を受け取ると判断すれば、追って連絡する』の一点張りだった」

 醍醐氏と同行者の澤藤統一郎氏(弁護士)、秘書の鎌田氏との間で約20分間、押し問答が繰り広げられたという。醍醐氏は、憤りを隠さずにこう語った。

澤藤統一郎氏弁護士
▲澤藤統一郎氏弁護士

 「鎌田氏の言い分は『重みのある署名だから、受け取るかどうかは慎重に判断する』だったが、(常識に照らせば)『重みがあるから、受け取る』という文脈になる。そもそも、この署名は申し入れへの賛同を表すものであり、署名と申し入れはセットだ。署名を受け取らない対応には、民意軽視の姿勢が露骨に反映されている」。

 澤藤氏は、「鎌田氏に対し、私が、『鴻池さんはあなたに、(国会議員が耳を傾けるべき)国民からの声を遮るように、と命じているのか』とぶつけたところ、『申し入れ書は受け取るのだから、その指摘は当たらない』という返事だった」と鴻池氏の秘書とのやりとりを明らかにした。

 「私が、『議員と秘書が一体になって、国民の声に耳を傾けない以上、この事実を天下に知らしめる努力をする』と食い下がると、鎌田氏の返答は『どう考え、何をやっていただいても、けっこう』というものだった」。

(取材:石川優、文:IWJテキストスタッフ・富田 文責:岩上安身)

国民が見た物理的暴力の図、そしてNHKの「法案可決」テロップ

この続きは、会員限定となります。
まだ会員登録がお済みでない方は、ぜひこの機会に会員となって続きをお読み下さい!

この記事・映像の完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
この記事・映像だけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメント “2015/09/25 安保法案「採決不存在」に賛同署名が3万筆超え! ~呼びかけ人の学者ら、署名受け取り拒絶の「自民・鴻池事務所」を厳しく批判 委員会室への乱入者の氏名判明!!

  1. 安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れと賛同署名集約に関する記者会見(動画) http://iwj.co.jp/wj/open/archives/266904 … @iwakamiyasumi
    あの強行採決(らしきもの)の矛盾を大手メディアは取り上げず「決まったこと」にしようとしています。おかしい!
    https://twitter.com/55kurosuke/status/647883580358549504

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です