【9月14日22時・国会前開放】4万5000人の「安倍晋三から日本を守れ!」コール 「今週は毎日やります! 民主主義を諦めない!」 2015.9.14

記事公開日:2015.9.14取材地: テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 主催者発表で4万5000人の群衆は、21時をまわり、抗議が終盤に差し掛かっても、勢いを失うことなくコールを叫び続けた。2015年9月14日、21時20分、メインステージを封鎖していた警察車輌は「道をあけろ」のコールにやっと対応。メインステージと正門前の分断を解いた。抗議ではSEALDsの学生らが、思い思いにスピーチを行った。岩上安身の現場からのレポートとともに、以下、お伝えする。


 神戸大大学院2年の塩田潤さんがスピーチ。「安倍総理、与党の皆さん。あなた達に未来はありません。歴史があなた達を否定する。私たちは戦争法案を止め、あなた達を引きずり下ろす。負けるはずがない。僕らが民主主義なのだ。未来は僕らの手の中にある」。

 21時20分、国会正門前とシールズのコールのステージとを遮っていた機動隊の車両が動く。

 続いて維新の党・初鹿議員がマイクを握る。「渋谷のハチ公前で志位委員長と菅直人議員と握手をして役職を降りた初鹿です!今日は個人としてきました!維新の党は分裂しましたが、これでいいんですよ!これからが勝負です!どんなことがあっても諦めてはいけない。違憲の法案を通した議員を落とさなければいけない!」。

 21時30分、機動隊車両が二台、去って、シールズのステージと国会正門前がつながる。

 広々とした国会正門前。

 ついに立ち上がったSEALDsTOKAI(東海)から「戦争法案どえりゃあ反対!」のコール!

 続いてスピーチに立ったのはSEALDs筑波大の本間くん。「安倍政権は大日本帝国のよう。自民党改憲草案、秘密保護法、戦争法案。戦前回帰以外の何物でもない。お金でも武力でもない。この国の一番の宝は平和。曲がりなりにも戦争をしてこなかった。それは憲法の文言と理念があったから」

 SEALDsのステージ前へ移動。憲法の前文を読み上げる若者。改めて、その崇高さに感動。「これは俺の言葉なんだよ! 」と叫ぶ!

 「安倍晋三から日本を守れ! 安倍晋三から未来を守れ! 安倍晋三から歴史を守れ!」という、今、熱いスピーチを終えたばかりの本間君のコール。

 「今週は毎日やりますよ! なんでかって、怒ってるからですよ! 民主主義を諦められないからですよ!追い詰められてんのは、あっちの方ですから! びびらしてやりましょうよ!選挙、首を洗って待ってろよ!」と本間君、しめくくり。明日もやります!と。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


“【9月14日22時・国会前開放】4万5000人の「安倍晋三から日本を守れ!」コール 「今週は毎日やります! 民主主義を諦めない!」” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    【22時・国会前開放】4万5000人の「安倍晋三から日本を守れ!」コール 「今週は毎日やります! 民主主義を諦めない!」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/264506 … @iwakamiyasumi
    日本で近代史初の市民革命が起ころうとしている。民主主義はここから始まる。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/643507203425570816

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です