【スピーチ全文掲載】「私たちはまだ十何年しか生きていない。あと70年近く、日本で平和に生きたい」――高校生・あいねさんが語る安保法案“成立後”の世界「未来を考えると恐怖でしかない」

記事公開日:2015.9.13
このエントリーをはてなブックマークに追加

 未来のことを考えると、この法案は恐怖でしかない――。将来のある若者の、切実な思いである。

 高校生で構成される「T-ns SOWL(ティーンズ ソウル=Teens Stand up to Oppose War Law)」のメンバー・あいねさんは、2015年9月11日、安保法案に反対する国会前抗議(主催:SEALDs)でマイクをとり、安保法案について、「何十年先も続く法案」であると述べ、将来に禍根を残す可能性を指摘した。

 「今の近隣諸国との関係性も変化しているはずだし、安倍首相よりも酷いファシズムも現れるかもしれない。そのとき、この法案には“歯止め”が存在しないため、いつでも政権が暴走できる仕組みになっている。戦争になってもおかしくない」

 さらに「私たちはまだ十何年しか生きていない。あと70年近く、日本で平和に生きたい」と主張。「高校生だろうが、大学生だろうが、大人だろうが、私が日本国民である以上、私は声を上げ続ける」と宣言し、安保法案の廃案と安倍政権の退陣を求めた。

 以下、スピーチ全文とスピーチ動画を掲載する。

新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

T-ns SOWLメンバー・あいねさんスピーチ

 「こんばんわ高校生の あいね です。

 5月の閣議決定から、私は様々なデモに参加しました。『T-ns SOWL』という戦争法案に反対する高校生のグループも立ちあげました。どうしてそこまでするかというと、私は安倍首相、あなたに強い怒りを持っているからです。

 安倍首相は、安保関連法案を、『国民の命と安全を守るための法案』だと言います。しかし、世論調査では国民の8割が説明不足、過半数の国民が反対意見を示しています。こんな中で、憲法違反と言われている法案を強行採決する。これは私が中学校で習った憲法9条、立憲主義、民主主義などの理念、多くのことに反しています。

 それなのに国民の命と安全など、本当に守れるのでしょうか?

 政府の第一の仕事は、国民の命を守る仕事です。台風の影響で、昨日は栃木、茨城で、今日は東北地方で、ひどい浸水被害が生まれています。

 テレビで、自衛隊の方の救出活動を見ました。本当に格好よかった。日本の自衛隊は、アメリカの戦争に加担するのではなく、震災などで困っている人たちを助けるほうが何百倍も格好いいし、それこそ日本の誇れる自衛隊の姿です。

 東日本大震災のときにも、自衛隊の方々は被災者の方々のために働いてくれました。だから自衛隊が海外で人を殺し、殺されるなんて絶対に嫌です。

 自衛隊員の命を奪わないためにも、日本は武力による平和作りではなく、平和外交による平和構築をするべきだと私は思います。

 第二次世界大戦での過ちを認め、謝罪し、復興支援や難民援助を進んでするほうが、国際社会における信頼関係は生まれます。武力による信頼関係は、表だけの友達関係のように、すぐに壊れてしまいますし、武力による平和構築をした結果、現在のような『テロリスト』をたくさん作ってしまいました。

 現在、ドイツは中東からの難民の受け入れを積極的に行っています。それと比べ、日本の去年の難民申請数が5000人にも関わらず、11人しか認定しませんでした。

 また、安保関連法案が可決すれば『駆けつけ警護』ができますが、現地で働いているNPO、NGOの方々は、駆けつけ警護は必要としていないし、『私たちが必要としているのは憲法9条だ』と言っています。

 日本は、ドイツの戦争に対する謝罪の姿勢を見習い、世界各国と信頼関係を作っていくべきだと思います。それこそ私の望む日本の本当の姿です。

 この法案は何十年先も続く法案です。今の近隣諸国との関係性も変化しているはずですし、安倍首相よりも酷いファシズムも現れるかもしれません。そのときこの法案は、歯止めが存在しないため、いつでも政権が暴走できる仕組みになっています。

 戦争になってもおかしくないんです。

 私たちはまだ十何年しか生きていません。あと70年近く、日本で平和に生きたいんです。今もそうですが、未来のことを考えると、この法案は恐怖でしかありません。

 私たちは国民の意思を無視する首相に、この国の未来など任せられません。

 日本が本当の民主主義国家ならば、私たちの声が反映されるはずです。だから、私たちはまだまだ声を上げていきます。安保法案が強行採決されようと関係ありません。

 廃案になったあとも、間違っていることには『NO』と言い続けます。それが高校生だろうが、大学生だろうが、大人だろうが、私が日本国民である以上、私は声を上げ続けます。

 2015年9月11日、私は安全保障関連法案の廃案と、安倍政権の退陣を求めます」

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

 
■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメント “【スピーチ全文掲載】「私たちはまだ十何年しか生きていない。あと70年近く、日本で平和に生きたい」――高校生・あいねさんが語る安保法案“成立後”の世界「未来を考えると恐怖でしかない」

  1. 新興宗教の信者のように、左翼のデマを鵜呑みにした女子高校生の間違いだらけのスピーチ「私たちはまだ十何年しか生きていない。あと70年近く、日本で平和に生きたい」というのが、当FBに乱暴に張り付けられましたので削除しています。内容についてコメントしておきましょう。まず、この法案は、歯止めが存在しないのではなく、歯止めだらけの法案です。また、自衛のための武力の行使は、憲法違反ではありません。左翼の学者は何が憲法違反だと言っているか知っていますか?中学校では、日教組の先生に教わったのでしょうね。自衛隊は勿論災害にも出動しますが、それは主任務ではなく、国の安全保障のための存在です、お間違いのないように。外交による平和構築が先ず第一であることは当たり前のことで、その外交努力にも関わらず、他国が武力の行使に及んだ場合に、国家国民を守るものですね。自衛隊は、海外で人を殺すのが任務ではありません。貴方に代わって、武装組織からの攻撃を命がけで阻止してくれるものです。国際社会は平和の回復と維持のために軍隊を派遣するのであって、テロリストを生み出すためではなく、テロ国家を阻止するためです。警察がなかったら、殺人者はいなくなるのでしょうか。警察がいるから、殺人者が増えるのでしょうか。駆け付け警護をしなければ、現地で活動するNGO等を助けることは出来ません。寝ぼけてはいけません、NGOが憲法9条を掲げても武装組織は撤退しません。安保法案は、政権が暴走するための仕組みですって?大丈夫でしょうか、貴方たち女子高生レベルの間違いだらけの声が反映されるのが日本の民主主義ならば、この国は滅びます。強行採決だと叫ぶ彼女らと同等の人に、議会制民主主義とは何かという基本的なことを教えてあげる人はいないのでしょうか。本当に疲れます。デモに参加している人達の73%が、共産党、社民党、民主党の支持者であるとの統計(FNN/産経新聞)も出ているようですが。

    国連憲章)国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が必要な措置をとるまでの間、加盟国は個別的・集団的自衛権を行使できる。

    憲法第九条)国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    国際紛争を解決する手段として、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使を放棄したのであって、自衛権は放棄していないというのが政府見解です。正当防衛は当然認められる権利ですね。また、集団的自衛権を認めないのならば、そもそも日米安保条約が機能しません。米軍に頼らずに、自衛隊のみで国家を防衛しなければなりません。疲れました、いい加減にして欲しいですね(笑)。

    武力行使の新3要件とは、安全保障関連法案に盛り込まれた集団的自衛権を使う際の前提になる条件です。

    (1)密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある(存立危機事態)
    (2)我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない
    (3)必要最小限度の実力行使にとどまる。

    これは、安保条約に基づき日本防衛のために活動している米国の軍隊を自衛隊が援護すること、また日本海上空を通過して米国に打たれる核弾頭ミサイルなどを、緊急避難の立場から撃破することを想定しています。また、日本に向かう石油タンカーの安全確保ために、後方支援として機雷の除去をすることも考えられます。これを左翼の学者や弁護士、マスコミが「日本が直接攻撃されていないにもかかわらず、外国のために海外で戦争ができることになります」と歪曲して扇動している訳ですね。 .

    それでも、中身は分からないけど「戦争法案反対」という人がいるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です