【スピーチ全文掲載】「政党の立場を超え、安倍政権打倒に向け全力をあげていく!」――生活・小沢一郎代表が初スピーチ 8・30国会前12万人抗議行集会で野党4党首が大集結!  

記事公開日:2015.8.31
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ここまでぼろぼろになった法案は廃案にするしかない!」——。

 国会審議中の安保法案を廃案にすべく、国会前に集まった12万人の国民を前に、野党4党首が声をあげた。民主党代表の岡田克也氏、共産党委員長の志位和夫氏、社民党党首の吉田忠智氏、生活の党と山本太郎となかまたち代表の小沢一郎氏だ。

 なかでも目を引いたのは、小沢一郎氏だ。「今までこういう集会に顔を出したことはほとんどありません」と語る小沢氏が姿を見せスピーチを行ったことは、この日のデモの大きさを物語っている。

 4氏が壇上に上がると、参加者からは拍手と声援が送られた。4人の政治家たちは、通常の選挙の街宣では見られないほどの熱気に包まれた。

 安保法案を巡って、安倍政権が論理一貫しない答弁を国会で繰り返すことに関連し、岡田氏は、「議論すればするほどおかしくなる。議論すればするほどわからなくなる」と、政府のでたらめを突いた。安保法案については、志位氏が、「ここまでぼろぼろになった戦争法案は、廃案にするしかない」と言い、吉田氏が「憲法違反の欠陥法案」と一刀両断した。

 「力を合わせて、闘いぬきましょう!」と語った4党首は、スピーチが終わると壇上で手を握り合い、参加者とともに「戦争法案、絶対反対!」のコールを叫んで、野党と国民の「連帯」を強く参加者に印象付けた。

 以下、4党首のスピーチ動画と全文文字起こしを掲載する。

新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

民主・岡田克也代表のスピーチ全文

岡田克也氏「みなさんこんにちは、民主党代表の岡田克也です。今日はたくさんの民主党の議員、この活動に参加しています。本当にたくさんのみなさま、今日はこの国会を取り囲んでいただいて、ありがとうございます。

 今日から始まる3週間一日一日が、本当に大事です。参議院において、安保法案の審議が行われています。議論すればするほどおかしくなる。議論すればするほどわからなくなる。

 民主党はじめ各党の議論の中で、この法案の問題点、ますます明らかになりました。こんな法案、憲法違反の法案を通すわけにはいきませんみなさん。力を合わせてわたしたち国会のなかで結束をして頑張って参ります。

 しかし国民の皆さん、普通の国民が、みんなして危機感持って怒っている。このことを安倍政権に分からせなければダメなんです。ですからみなさん、これから3週間さらに力を貸してください。一緒になってこの法案、廃案にしようじゃありませんか。

 そしてもう一つ。安倍政権の狙いはこの法案にとどまるものではありません。自由民主党の憲法改正草案見てください。自衛権の行使を制限なく憲法が認めるようにしよう、限定した集団的自衛権の行使じゃなくて、集団的自衛権の行使は、認める憲法に変えよう。これが自民党のやろうとしていることではありませんか。

 安倍政治が続く限り、この動きは止まりませんよみなさん。一緒になってこの安倍政権の歩みを止めようじゃありませんか。

 どうか、最後までこの闘い、厳しい闘いです。しかし断固闘いぬいて、10年20年経って、『あの時あなたたちは何をしていたのか』と言われないように、私たちも徹底的に頑張ります。

 どうかよろしく願いします!ありがとうございました」

【関連記事】

日本共産党・志位和夫委員長スピーチ全文

志位和夫氏「みなさんこんにちは。日本共産党の志位和夫です。

 参議院で『戦争法案』の審議が開始されて一ヶ月です。審議すればするほど、安倍政権が追い詰められる。まともな答弁ができなくなっているじゃありませんか。特別委員会の審議、これまでになんと77回も中断し、審議途中でも散会という自体が起こっています。ここまでぼろぼろになった『戦争法案』は、廃案にするしかありません。

 3つほど訴えたい。第一にみなさん、安倍政権は、『戦争法案』の根幹部分について、整合性のある答弁ができなくなっています。

 安部首相は集団的自衛権行使の具体例として、パネルまで使って、日本人を乗せた米艦の防護ということを言っていましたね。しかし先日の審議で中谷防衛大臣は、『日本人が乗っていなくても、集団的自衛権を行使することがある』と、言ったじゃないですか。

 あれほど繰り返した、ホルムズ海峡の機雷掃海についても、総理以外が「こんなことはありえない」と言う中で、言えなくなってるじゃありませんか。

 なぜ集団的自衛権行使が必要なのか。もう説明がつきません。

 政府が出してきた具体例というのは、どれもこれもがみんな、『嘘』『ごまかし』だったじゃありませんか。『嘘』『ごまかし』というのはどういうことでしょう。裏を返して言いますと、政府の裁量でなんでもできることですよ。自衛隊の戦争へ白紙委任状を与える。こんな法案断じて許されるべきではありません。

 第二に皆さん、今度の『戦争法案』、ありとあらゆる点で、自衛隊の軍事行動への歯止めがありません。

 参議院で恐るべきことが明らかになりました。米軍のために自衛隊がどんなものを運べるのか。クラスター爆弾を運べる、劣化ウラン弾も運べる、毒薬も運べる、核兵器まで法律上は運べると、こういうことです。大量破壊兵器も非人道兵器も、なんでも運べる。こんなものが憲法9条のもとで許されないことは明らかではないでしょうか。

 そして第三に、自衛隊統合幕僚監部が、秘密裏に、『戦争法案』の成立を前提に、具体化の検討をやっていたことが明るみに出てまいりました。

 その内部書を見て驚きましたよ。自衛隊と米軍との『軍軍の調整所』を作ると書いてある。『共同戦争CM』も作ると言うんです。それから南スーダンPKOは今、駆けつけ警護を追加する。南シナ海での警戒活動を検討する。どれもこれも国会では一度も説明されたことはないことですよ。

 それも5月26日、衆議院で審議が始まったその日に、全国350人も幹部自衛隊を集めて意思統一していた。これが「軍の暴走」と言わずしてなんというのかということになるじゃありませんか。

 戦前戦中、天皇大権のもとに軍部が暴走して侵略戦争になりました。今、米軍の大権、米軍の指揮下で自衛隊が暴走している。首相も防衛大臣も、この二人には揃ってやめてもらおうじゃありませんか。

 あと4週間、会期末までここが正念場です。絶対に止めようじゃありませんか。この手の運動を広げに広げる。この力で安倍政権を羽交い締めにして、参議院の採決させない。衆議院にも採決させない。必ず廃案に追い込み、安倍政権を打倒しようじゃありませんか。

 共に頑張りましょう!ありがとうございました」

【関連記事】

吉田忠智・社民党党首スピーチ全文

吉田忠智氏「社会民主党党首の吉田忠智でございます。戦争法案廃案を求めて国会包囲行動に参加のみなさん、大変お疲れ様です。社民党を代表して心から連帯のご挨拶を申し上げます。

 みなさん、国会の審議は、安倍総理の思い通りにはまったく進んでいません。どうしてなのか。日本各地で戦争法案反対の声が大きく広がっているからであります。

 衆議院では118回国会が止まりました。そして参議院でもすでに77回も止まっています。大臣の発言がころころ変わる。修正に修正を重ねる。まさに憲法違反の欠陥法案であります。

 この間の国会の議論で、わたしは三つのことが明らかになったと思っています。

 一つは憲法違反。同じことの答弁しかしない。長年自民党政権の元でも積み上げてきた、集団的自衛権行使はできないという憲法解釈を、1972年の政府見解をつまみ食いしている。理由はただひとつ、安全保障環境が変わった。そして昨年の閣議決定で解釈を変えました。立憲主義を否定する、法的安定性などまったくない。暴挙じゃありませんか。

 二つ目。自衛隊を、アメリアや密接な国々と一緒に海外に派遣をする。全く歯止めのない海外への派遣で、戦争に巻きこまれる危険性が高まるのであります。

 安倍総理も中谷大臣も、『法律上はそうなるけども、政策では行わない、核兵器も輸送できるが、政策としてそのようなことは行うことはない』。そのように言いますけれども、そんなものは全く歯止めがないじゃありませんか。

 三つ目。安倍総理の『積極的平和主義』は時代遅れでまやかしだ。武力を背景にして、そして外交を行う。これは極めて時代遅れの安全保障政策であります。

 先日来日した、『積極的平和』を唱えるヨハン・ガルトゥングさんが言いました。

 『専守防衛も大事だ。しかし、紛争や戦争のもとになる貧困や差別や抑圧、これを取り除く人間の安全保障こそ、今一番大事だ』

 それを具体化するのが、憲法の前文、そして平和主義・基本的人権の尊重・国民主権、そして憲法9条を含む平和憲法じゃありませんか。平和憲法の理念を活かす安全保障政策こそ、今、求められています。そのように確信しています。

みなさんいよいよ正念場です。これからの私たちの闘いと行動が、必ずこの『戦争法案』を廃案に追い込む、そのように確信しています。社民党も、政党の立場を超えて、立場の違いを超えて、『戦争法案』廃案、安倍政権打倒に向けて全力をあげていく決意を申し上げまして、連帯のご挨拶に変えさせていただきます。

 頑張りましょう! ありがとうございました」

【関連記事】

小沢一郎・生活の党と山本太郎となかまたち代表スピーチ全文

小沢一郎氏「大勢の国民の皆さん、今日は本当にご苦労さんでございます。ただいまご紹介いただきました、小沢一郎です。

 私は今まで、こういう集会に顔を出したことはほとんどありませんけれど、今回だけは何としても、いい加減で馬鹿げた危険な法律を阻止するために、何としても皆で力を合わせなければいけない。これを阻止して、安倍内閣を退陣に追い込む、そういう思いの中で今日、皆さんの前に立ちました。

 どうか皆さん、私どもも、岡田代表をはじめ、各党の皆さんと力を合わせて、最後の最後まで闘い抜く決意でございます。どうか国民の皆さんのお力を頂きまして、お互いに力を合わせて、安倍内閣の退陣までがんばりましょう。

 よろしくお願いいたします」

【関連記事】

(取材:阿部洋地、写真:城石裕幸、記事:城石愛麻)

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

 
■関連記事(スピーチ全文掲載)

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


2件のコメント “【スピーチ全文掲載】「政党の立場を超え、安倍政権打倒に向け全力をあげていく!」――生活・小沢一郎代表が初スピーチ 8・30国会前12万人抗議行集会で野党4党首が大集結!

  1. 問題はこの4党が共闘できるかどうかだね。来年の参議院選挙前、少なくても今年中に地割り出来れば憲法改悪だけは阻止できる。阻止できれば戦争法案は動かせない。
    安倍達が改憲したがっているのは、それが分かっているから。問題はその動きを止める気が、民主なんかにに本当に有るかどうかだよ。岡田だけだって実家のこと考えたら、止めきれないんじゃないの?野田や前原なんかは、前のめりだよね。だってジャパンハンドラーの子飼いだもん。
    社民も後ろの労働組合は抑えられるのかなァ?
    何て考えると残るのは生活と共産だけになっちゃうんだなぁ、、。
    やっぱ共産伸ばすしか手はなさそうだね(キッパリ)
    生活も太郎君ガンバって三宅洋平巻き込めよゥ~!!

  2. 政党も全力で頑張れ!
    安倍晋三に擦り寄る政党はなくなります。
    自民党の歴史的役割は終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です