二転三転する安倍談話に村山元総理が苦言「余計なことを言って疑念の輪を広げている」~元自民党OBら「さとやま・草莽の会」が第2回会合を開催 2015.4.21

記事公開日:2015.4.26取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・石川優)

特集 戦争の代償と歴史認識

※4月26日テキストを追加しました!

 元自民党OBらで結成された「さとやま・草莽の会」の第2回の会合が、2015年4月21日、鳩山会館で開かれた。

 会の中心的メンバーである元自民党参議院議員会長の村上正邦氏は、次回会合で、沖縄県の辺野古新基地建設をめぐる問題で、当事者である翁長雄志知事をゲストとして招聘することを提案。鳩山由紀夫元総理と村山富市元総理ら、会に参加しているメンバーの幅広い人脈を使い、翁長知事が東京に出張に来た際、会合をセッティングする方針だという。

記事目次

■ハイライト

  • 発言者 村山富市氏、鳩山由紀夫氏、鈴木宗男氏
  • 呼びかけ人 村山富市氏、鳩山由紀夫氏、藤井裕久氏、山崎拓氏、村上正邦氏、矢野絢也氏
  • テーマ 70年談話、クリミア問題、北方領土問題など
  • 日時 2015年4月21日(火) 17:00~
  • 場所 鳩山会館(東京都文京区)

村山元総理、二転三転する安倍総理の戦後70年談話に関する発言に「余計なことを言って疑念の輪を広げている」

 安倍総理が戦後70年の節目に出す、いわゆる安倍談話の内容をめぐって、村山元総理は警鐘を鳴らす。1995年の村山改造内閣時には、閣僚に故・橋本龍太郎元総理(当時:通産大臣)、平沼赳夫運輸大臣(当時)が入閣し、それそれ、村山談話に署名したという経緯がある。

 「閣議の時、賛成の意見もなければ、反対の意見もない。満場一致。橋本龍太郎氏には、敬意を払って、閣議の前に説明する必要があるということで、電話をかけた。『意見はない。よくできている』と反応された。案文も見たら、敗戦という言葉と終戦という言葉があって、一つに絞った方がいいと言われた。どちらがいいか聞くと、『敗戦』と言われた」

 村山元総理は、当時のやり取りをこのように振り返り、この村山談話は、自民党のタカ派も巻き込み、きちんと合意形成されたものであると強調した。

 安倍総理の戦後70年談話に関する発言が二転三転し、表現の仕方が変わることについて、村山元総理は、次のように懸念を示した。

 「日本が過去に目を向けているのか。過ちを繰り返さないことが本当なのか。そういうことに疑念を持っている。自分で余計なことを言ってるから、疑念の輪を広げて問題にされている。継承すると言っているなら、見直すなんて言わなきゃいい。本当は見直したいんだけど、ここまで来たら、それ以外に言いようがないから継承するんだという。諸外国はこれでは納得しません」

 これについて新党大地の鈴木宗男代表も、「この事実は重い」と発言。続けて、村山談話の重要性を強調した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です