2014/06/12 戦争をさせない全国署名175万筆余(事務局発表)を提出、官邸は受け取りを拒否  

記事公開日:2014.6.13
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 憲法改正特集 集団的自衛権

 「戦争をさせない1000人委員会」は、発足以来、全国各地で取り組んできた「戦争をさせない全国署名」第1次集約分の175万筆余(事務局発表)を6月12日、安倍晋三総理・衆参両院に提出した。これにあわせて、日比谷野外音楽堂での集会と、それに続く国会議事堂周辺での抗議行動を実施した。

  • 記事目次
  • 首相官邸は署名の受け取りを拒否
  • 「集団的自衛権行使は違憲、許してはならない」
  • 「戦争は絶対にやめなきゃダメです」

  • 経過報告 内田雅敏氏(弁護士、「戦争をさせない1000人委員会」事務局長)
  • 呼びかけ人 大江健三郎氏(作家)、落合恵子氏(作家)、香山リカ氏(精神科医)、鎌田慧氏(ルポライター)、菅原文太氏(農業生産法人代表)
  • 連帯あいさつ・政党あいさつ
  • 行動提起

首相官邸は署名の受け取りを拒否

 同委員会の内田雅敏事務局長は、12日付けで第1次集約分の署名175万筆余を衆参両院議長宛で提出し、受理されたが、首相官邸では受け取りを拒否されたと経過報告した。

「集団的自衛権行使は違憲、許してはならない」

 続いて、民主党・社民党・生活の党・共産党の議員らが、それぞれ挨拶した。

 民主党の江田五月参議院議員は、「何としても集団的自衛権行使は違憲であり、許してはならない」と強く訴え、社民党党首の吉田忠智参議院議員は、「憲法9条を武器に、平和外交を展開しよう」と呼びかけた。

 日本共産党の山下芳生参議院議員は、「アメリカの戦争のために、日本の若者の血を流させてはいけない」と訴え、集団的自衛権の行使がもたらす危険性に警鐘を鳴らした。

「戦争は絶対にやめなきゃダメです」

 政党挨拶に続き、大江健三郎氏、香山リカ氏、菅原文太氏、澤地久枝氏、落合恵子氏らがそれぞれスピーチした。

この続きは、会員限定となります。
まだ会員登録がお済みでない方は、ぜひこの機会に会員となって続きをお読み下さい!

この記事・映像の完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
この記事・映像だけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事

 
■お買い求めはこちらから

 

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


7件のコメント “2014/06/12 戦争をさせない全国署名175万筆余(事務局発表)を提出、官邸は受け取りを拒否

  1. 安倍政権は軍事政権であることを自ら明かしたってことだよね。

  2. 戦争は駄目、ある、権力の為に日本人の犬死は断固反対、マスコミ、国家、大企業も、裏
    権力とグル、立ち上がらないと、今の政府は日本人の政府ではないなー、国政の内容で馬鹿でもわかる

  3. 330万の脱原発の署名を反故にした話を思い出した…。

  4. #公明党 これを 無視する #安倍 に手を貸す理由は何だ?これでいいのか?

  5. 偽政府官邸が国民の平和の願いを拒否する権利はない。腐り切っている。

  6. 国民の声(署名)を無視する政党は不要だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です