立憲デモクラシーの会設立「知的な世界で対抗勢力を立ち上げなければいけない」 2014.4.18

記事公開日:2014.4.18取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原佑介)

 立憲主義に反して事実上の憲法9条改正を目指す安倍政権に対し、危機感を抱いた学者ら約50名が4月18日、「立憲デモクラシーの会」を立ち上げ、記者会見を行った。政治学者の山口二郎氏(法政大)は、「安倍政権は選挙で勝ち、国民の付託を得たから憲法改正をする、としているが、選挙で勝ちさえすれば何をやっても良いという理解が、モクラシーそのものを破壊する可能性がある」と指摘した。

■ハイライト

  • 出席者 奥平康弘氏(共同代表、東京大学名誉教授、憲法学)/山口二郎氏(共同代表、法政大学、政治学)/杉田敦氏(法政大学、政治学)/小森陽一氏(東京大学、日本文学)/石川健治氏(東京大学、憲法学)/三浦まり氏(上智大学、政治学)/齋藤純一氏(早稲田大学、政治学)/西谷修氏(立教大学、思想史)/中野晃一氏(上智大学、政治学)/石田憲氏(千葉大学、政治学)
  • 日時 2014年4月18日(金)
  • 場所 衆議院第二議員会館(東京都千代田区)

安保法制懇への対抗言論を展開

 「立憲デモクラシーの会」に参加しているのは、憲法学、政治学、社会学などの学者や専門家ら約50名。小林節氏、樋口陽一氏、柳澤協二氏、金子勝氏、上野千鶴子氏、島薗進氏など、著名な有識者らが名を連ねる。

 法政大教授で、会の共同代表を務める山口二郎氏は、立憲デモクラシーの会について、「政治の世界においては、今の自民党政権に対する対抗勢力が見当たらない。我々は政治の世界ではなく、知的な世界で対抗勢力を立ち上げなければいけない」と位置づける。

 また、「安倍政権は選挙で勝ち、『国民の付託を得たから憲法改正をする』としているが、選挙で勝ちさえすれば何をやってもいいという理解がデモクラシーそのものを破壊する可能性がある」と指摘。「立憲主義とデモクラシーのバランスを回復することが重要。『憲法に基づく政治』を回復して、政治の筋道を整える必要がある。それと同時に、安保法制懇(安倍総理の私的諮問機関)の議論で出てきているような、非現実的な空理空論を前提とした事実上の憲法9条改正論に、徹底的に反論していく必要がある」と語った。

憲法は「言葉」のようなもっとも大事な社会規範

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です