2014/01/22 【東京都知事選】細川護熙氏が立候補を正式表明 ~脱原発、新しい経済・生活の形態を訴える

記事公開日:2014.1.22
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 2014東京都知事選

※全文文字起こしを掲載しました!(2月5日)
※岩上安身による質問部分ハイライトを掲載しました。

 元内閣総理大臣の細川護熙氏が、1月22日、東京都知事選への出馬を正式に表明し、脱原発によって、東京から新しい経済と生活の形態を作り出していくことを目指すと語った。

  • 記事目次
  • 「文明史的転換を成し遂げ、新しい経済と生活の形態を」
  • 原発が最優先課題
  • 「東京・東北オリンピック・パラリンピック」を検討
  • 佐川問題「改めてお詫び」
  • 岩上安身が質問 外交安全保障と経済政策

■ダイジェスト動画

  • 日時 2014年1月22日(水) 17:00~
  • 場所 東京都庁記者クラブ(東京都新宿区)
このアーカイブの完全版(全文文字起こしを含む)
は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

「文明史的転換を成し遂げ、新しい経済と生活の形態を」

 細川氏は冒頭、憲法、安全保障、近隣諸国との関係など、「今の国の目指している方向に、何かと危ういものを感じている」と発言した。そして、「東京をいい方向に進めていかなければいけないし、国のありように注文をつけることをしなければならない」と東京から新しい方向性を打ち出していくことの必要性を強調した。

 「今、世界は文明史の折り返し点に立っている」。環境問題や資源の有限性の壁に直面しており、「今までのような大量生産・大量消費の経済成長至上主義ではやっていけない」と、細川氏は言う。「成長がすべてを解決するという傲慢な資本主義から幸せは生まれないということを我々はもっと謙虚に学ぶべき」とし、「心豊かな幸せを感じられる社会」を目指そうと主張した。

 「文明史的転換を成し遂げ、新しい経済と生活の新しい形態について、明るい展望を開く機会を迎えていると確信している」。細川氏は、パラダイムを転換し、東京を共存型の成熟社会にしていきたいと語った。

原発が最優先課題

 福島の原発事故は「転換に着手しない我々に対する、緊急警報ではなかったか」。細川氏が今回の出馬を決意した最大の理由は、原発の問題だった。

 成長のためには原発が必要とする現政権の主張を批判し、「311以降、原発が安全でクリーンなエネルギーだという神話は完全に崩壊」し、さらには「原発事業の無責任体制によって現実的には天文学的なコストが掛かり、それが見えないかたちで国民の税金負担になっている」と細川氏は述べる。そして、「同じコストをかけるなら、自然エネルギーに変えていく方が生産的」とし、自然エネルギーへの切り替えを「成功の切り札にする絶好のチャンス」ととらえた。

 なぜ、都知事という立場で原発問題に取り組む必要があるのか。細川氏は、「都知事の第一の任務は都民の生命と財産を守ること。もし事故が起こったら、都民の生活は壊滅的な被害をうける。すべてのものが吹き飛んでしまう」、したがって、原発は都知事選の争点であり東京にとって最大のテーマなのだと述べた。
 地産地消の自然エネルギーの普及、省エネ技術開発を促進していきたいと言う。

「東京・東北オリンピック・パラリンピック」を検討

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックについて、細川氏は「震災後、仮設住宅に30万人の人がいるなか、原発事故の復旧に目途がつかない状態で、招致することに賛成できなかった」と述べる。しかし、開催が決定し、これを「新しい日本をつくるチャンス」と考えるようになった。東北に協力してもらい、「東京・東北オリンピック・パラリンピック」にできないか検討しているという。

佐川問題「改めてお詫び」

 1994年の首相退陣の引き金となった東京佐川急便からの1億円借入れの問題について、「私の不徳のために、多くのみなさんの失望を招いたことは、この20年間、私の脳裏を1日として離れることはなかった。改めておわびする」と謝罪した。

 借入れた1億円については「10年かけて全額を返済した」と説明。返済の事実について「利害関係のない佐川急便株式会社東京支社から提出された、同社の社印が押された借入金が完済されたとする回答書から明らかだ」と語った。(IWJ・平山茂樹/ゆさこうこ)

岩上安身が質問 外交安全保障と経済政策

 岩上安身は、集団的自衛権の行使容認といった外交・安全保障政策について、それからTPPや国家戦略特区といった新自由主義的な経済政策の是非について質問した。

■岩上安身による質問部分のハイライト

岩上「国政に物申していくとおっしゃいました。集団的自衛権の行使容認、秘密保護法、憲法改正についてのご自身のお考えをお聞かせください。また、経済の新自由主義についてのお考えもお聞かせください。
 今回の出馬について、特に背中を押されたのが小泉さんです。その小泉さんの新自由主義的な構造改革の後を受けているのが安倍政権であり、その安倍政権が進めようとしているのが、TPPや国家戦略特区です。舛添候補は国家戦略特区を是としています。舛添さんや安倍さんの新自由主義的な経済政策に同意しますか」

細川氏「戦略特区については、誰の言っていることであろうと、いいことはいい、悪いことは悪い、というだけの話です。いいところは大いに取り入れてやっていきたいと思います。
 集団的自衛権の行使容認には、賛成ではありません。海外での武力行使はできないというのが憲法のスタンスです。従って、憲法をいじるということも私は賛成ではないということを前から言ってきました」

岩上「この点で、小泉さんと見解がぶつかるということはないでしょうか?」

細川「それはないでしょう。今回は脱原発ということで一致しています。違うこともあるかもしれないけれど、靖国参拝、憲法、集団的自衛権などについて、お互い知りませんし、話し合ったりしません。これから話すかもしれませんけど。でも、たぶん、それはお互いすれ違うだけではないでしょうか」

■関連記事

■都知事選出馬会見 記事

 

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメント “2014/01/22 【東京都知事選】細川護熙氏が立候補を正式表明 ~脱原発、新しい経済・生活の形態を訴える

  1.  ※ 毎日の中継を、ありがとうございます! 
       IWJの中継,アーカイブは、全て重要ですが、当然ながら、その全部を見る訳にはいきません。そこで、各人が皆でそれぞれの、最も関心がある分野のアーカイブに、「タイム入り目次」を作ってこのコメント欄に投稿すれば、互いに関心のある部分を重点的に視聴する事ができるのではないか? と思い、試しに、この会見の「タイム入り目次」を作ってみました。
      
     次回は、IWJ渾身、5時間の超大作、『2013/12/25 「史的イエス」の実像 上村静氏インタビュー』の目次も作ってみようと思っています(笑)。

     
    〔00:30~1:40〕 細川氏入場。(“滝のような” カメラの音。)

    〔2:30~〕 (会見スタート) 都知事選出馬決意の理由。

    〔6:30~11:10〕 原発問題について。 

    〔11:10~12:10〕 オリンピックについて。

    〔12:10~〕 20年前の総理時代、政権の旗印“質実国家”について。

    〔13:00~〕 自然エネルギーと省エネルギー政策について。

    〔13:30~〕 東京・東北オリンピック構想。

    〔14:10~〕 結果的に原発を推進,容認してきた私達世代の責任と、国の最高責任者だった自身と小泉氏について。

    〔14:40~〕 原発ゼロの具体的取り組み「東京エネルギー戦略会議」。

    〔14:50~〕 首都東京の景観について。日本橋の上の首都高速, 路面電車。

    〔15:10~〕 “文明史の折り返し点”。

    〔15:40~〕 東京都の各課題について。

    〔16:20~〕 医療,介護,子育て,教育分野の「規制」について。

    〔16:50~〕 “東京の新しい方向は”。

    〔17:10~〕 20年前の政権担当時の反省。

    〔17:20~〕 借入金問題について。

    〔17:40~〕 総理辞任の経緯。“自身の不徳により、失望を招いた事は、この20年間、一日も脳裏を離れることはなかった。”

    〔18:00~〕 都知事選出馬決意について。

    〔18:30~〕 “誇りをもって、名誉をなげうつことを潔しとする”。

    〔19:10〕 (終了)

    【質疑応答】

    〔19:50~22:40〕 ニコニコ動画 ナナオ記者
                ①むこう3年間国政選挙がない中で、この選挙選で、どう脱原発を浸透させていく考えか?
                ②選挙事務所の掛け軸について。

    〔22:50~33:10〕 讀賣新聞 キノシタ記者
                「政治とカネの問題」 3点について。

    〔33:10~37:30〕 TBSテレビ ハスミ記者
                ①質問に答える際に見ている文書は、誰が作ったのか?
                ②会見が遅れて、今日になった理由。
                ③原発問題に対し、都知事として、具体的にどうするか?
                ④他候補との、討論会はするのか?

    〔37:50~40:40〕 テレビ朝日 ( )トウ記者
                ①「戦略会議」の具体策について。
                ②「再生エネルギー」について。
                ③東電に対して、株主としてどうするか?

    〔40:50~46:00〕 毎日新聞 タケウチ記者
                 ①首相在任中は原発を問題視していなかったが、いつの時点から脱原発に転じたのか?
                 ②小泉元総理とは、いつの時点から脱原発について、意見交換を始めたか?その経緯。

    〔46:10~48:20〕 TBS クサカベ記者
                 ①(宇都宮陣営との)反原発の「志の違い」について。
                 ②エネルギー最大消費地の東京として、「処分場受け入れ」まで、東京は考えるべきか?

    〔48:30~49:00〕 フリーランス スワ記者 (田中龍作ジャーナル)
                 ①柏崎刈羽の再稼働は、必ず反対、阻止をするという、強い意志を持っているか?
                 ②東電の大株主として、株主総会で、その提案をする予定なのか?

    〔49:10~50:50〕 東京MXテレビ アサクラ記者
                 ①前任の猪瀬氏のエネルギー政策への検討と、評価について。
                 ②東電改革について、何か具体的に検討したか?

    〔50:50~54:20〕 日本経済新聞 イトウ記者
                 ①首都直下地震と大規模災害に対する防災対策。
                 ②少子高齢化に対する具体策。
                 ③「規制改革」の具体的な内容について。

    〔54:20~57:00〕 朝日新聞 ゴトウ記者
                 ①この選挙は、「脱原発ワンイシュー」なのか?
                 ②災害対策よりも、「脱原発」は重要なテーマなのか?

    〔57:10~1:00:00〕 産経新聞 ムラカミ記者
                 ①総理大臣の靖国参拝について、どのような見解をもっているか?
                 ②対中外交が現在冷え込んでいるが、都知事として中国に行き、その打開を図る意思はあるか?
                 ③脱原発のテーマは国政だから、都知事選ではなく、国政に出るべきではないか?

    〔1:00:10~1:01:10〕 朝日新聞 イシイ記者
                 ①安倍政権の「タカ派色」が、今回の知事選出馬の動機に関係あるのか?
                 ②「野党再編」について。

    〔1:01:20~1:04:20〕 IWJ 岩上代表

                   (ハイライト掲載)参照。

    〔1:04:50~1:08:50〕 TBS ウンノ記者
                   ①高齢だが、「東京オリンピック」まで、知事を続けるつもりなのか?
                   ②公開討論会に参加するつもりはないのか?

                  「不条理に対して戦う気力があれば、老いることはない。18歳でその気力がない人達もいるし、逆に90歳でも、世の中の不正, 悪に対して、間違ったことに対して戦う気力を持っている人は、青年である。」

    【プロフィール質問】

    〔1:09:20~1:10:50〕 日本ジャーナリスト会議 ヨシノ記者
                 ①熊本県知事の経験について。
                 ②小金井市のゴミ問題が片付いていない中、原発のゴミ問題に対処できるのか?

    〔1:10:50~1:14:20〕 専門誌、(エネルギー関係) (   )記者
                 ①原発関連で、東京ではなく、各地域の決定を尊重するのが、民主主義のルールではないのか?
                 ②原発なくして、温暖化対策、気候変動対策はないのではないか?

    〔1:14:30~1:16:40〕 (  )タケウチ記者
                 ①「殿」と呼ばれる事について。
                 ②自身はどんな人間, 性格だと思っているか?
                 ③尊敬している人物は誰か?

    〔1:16:40~1:18:00〕 フランス(  ) ( )イカワ記者
                 ①4年前のフランスでの陶芸展覧会、フランスを訪れての反応について、感想について。

                 「フランスの(ある)方は、“この黒い茶椀は、ヴェルレーヌの詩のあの一節を思い出す”のように、(日本人と違って)非常に哲学的, 詩的(に感想を言い)、何回も観に来る方もいた。ものの見方が(日本とは)違うと思った。」

    〔1:18:10~1:21:20〕 朝日新聞 ゴトウ記者
                 ①焼きもの、襖絵を制作している生活を、(都知事になることで)それを捨て去る気持ちについて。
                 ②(自身の)茶室の名前、「フトウアン」の意味について。

    〔1:21:20~1:22:30〕 ニコニコ動画 ナナオ記者
                 ① 「インターネット」を、どう捉えているか?

    〔1:22:30~1:23:50〕 (写真撮影~会見終了)

    〔1:23:00~〕 (退場する細川氏に) 田中龍作記者
             ①東京都として、甲状腺検査をするつもりはあるか?

    〔1:23:20~〕 撮影をする、IWJ岩上代表の勇姿。
                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です