あべともこ氏街頭演説 2012.12.15

記事公開日:2012.12.15取材地: 動画

 2012年12月15日(土)、神奈川県藤沢市JR藤沢駅南口ロータリーで、18時半ごろより「あべともこ氏街頭演説」が行われた。


新党大地 松木けんこう氏 街頭演説(北海道12区) 2012.12.14

記事公開日:2012.12.14取材地: 動画

 2012年12月14日(金)、北海道北見市のJR北見駅で、新党大地 松木けんこう氏の街頭演説が行われた。


今はひとり 山本太郎氏 街頭演説(東京8区) 2012.12.14

記事公開日:2012.12.14取材地: テキスト動画

 2012年12月14日(金)17時30分から、東京都杉並区のJR荻窪駅北口で、今はひとり 山本太郎氏の街頭演説が行われた。今回の選挙の争点は「命」であると訴える山本氏。応援演説に駆けつけた歌手の沢田研二氏は、「山本太郎のように勇気のある若者が、ちゃんと打って出てきました」と述べ、山本氏への投票を呼びかけた。


日本維新の会 升田世喜男氏 街頭演説(青森1区) 2012.12.5

記事公開日:2012.12.12取材地: 動画

 2012年12月5日(水)、青森県五所川原市(旧市浦村)で、日本維新の会 升田世喜男氏の街頭演説が行われた。


日本未来の党 横山北斗氏 街頭演説(青森1区) 2012.12.11

記事公開日:2012.12.12取材地: 動画

 2012年12月11日(火)、青森市で、日本未来の党 横山北斗氏の街頭演説が行われた。


無所属 横粂勝仁氏 街頭演説(東京18区) 2012.12.11

記事公開日:2012.12.11取材地: 動画

 2012年12月11日(火)、東京都武蔵野市武蔵境駅南口で、「無所属 横粂勝仁氏 街頭演説(東京18区)」が行われた。


日本共産党 さいとう和子氏 街頭演説(千葉4区) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.10取材地: テキスト動画

 2012年12月6日(木)、千葉県船橋市のJR東船橋駅北口で、日本共産党 さいとう和子氏の街頭演説が行われた。


日本未来の党 小沢一郎氏 街頭演説(東京14区) 2012.12.10

記事公開日:2012.12.10取材地: テキスト動画

 2012年12月10日(月)、東京都墨田区の押上(スカイツリー前)駅前で、日本未来の党 小沢一郎氏の街頭演説が行われた。有権者の前での初めての街頭演説となり、集まった聴衆を前に日本未来の党への支持を呼びかけた。


無所属 奥田クスミ氏 街頭演説(大阪17区) 2012.12.5

記事公開日:2012.12.10取材地: テキスト動画

特集 TPP問題

 2012年12月5日(水)、大阪府堺市で、無所属 奥田クスミ氏の街頭演説が行われた。奥田クスミ候補(無所属・新・65歳)は元英語教師。無所属ながら、衆議院選は3度目の立候補。「政治の右傾化が心配。世間に警鐘を鳴らしたい」と立候補の動機を語る。


日本未来の党 つじ恵氏 街頭演説(大阪17区) 2012.12.5

記事公開日:2012.12.10取材地: テキスト動画

 2012年12月5日(水)、大阪府堺市で、日本未来の党 つじ恵氏の街頭演説が行われた。つじ恵候補(未来・前・64歳)は、11月30日に民主党を離党し、日本未来の党に合流。「原発ゼロ・格差是正による共生社会・景気回復」という3項目の実現に加え、日本維新の会が掲げる大阪都構想で堺市を3分割することに断固反対する姿勢を表明している。


日本未来の党 三宅雪子氏 街頭演説(千葉4区) 2012.12.10

記事公開日:2012.12.10取材地: テキスト動画

特集 TPP問題

 2012年12月10日(月)、千葉県船橋市のJR西船橋駅北口およびJR船橋駅南口で、日本未来の党 三宅雪子氏の街頭演説が行われた。応援演説に衆議院選に出馬を表明した山本太郎氏も駆けつけた。


社民党 福島みずほ党首 街頭演説(神奈川14区) 2012.12.4

記事公開日:2012.12.7取材地: テキスト動画

特集 TPP問題

 2012年12月4日(火)、神奈川県相模原市中央区の淵野辺駅前で、神奈川14区から出馬する、社民党の福島みずほ党首が街頭演説を行った。脱原発基本法案の国会提出、廃炉法、電源三法改正への取り組み、若者と女性の雇用確保、格差是正、消費増税反対、TPP反対、憲法改悪反対など、党の姿勢をアピールした。また、県内の米軍基地について、「厚木基地の騒音問題に取り組む。オスプレイは来させない」と語った。


東京都知事選候補 笹川たかし氏 街頭演説 2012.12.7

記事公開日:2012.12.7取材地: 動画

 2012年12月7日(金)、東京都江戸川区のJR小岩駅北口で、東京都知事選候補 笹川たかし氏の街頭演説が行われた。


埼玉5区全候補 街頭演説(牧原ひでき氏) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

 2012年12月6日(木)、埼玉県さいたま市大宮駅東口で、「埼玉5区全候補 街頭演説(牧原ひでき氏)」が行われた。牧原氏は震災で親を失った子供たちの教育のための基金の理事をしている。

 牧原氏は、まず、震災の復興の遅さを「震災時の民主党はハイパーレスキュー隊が東京都にあることや、スピーディーがどこにあるのかも知らなかった」と批判した。領土問題ついて「国際経済、通商が専門分野で、どの政治家よりも外交交渉をやってきた。1回も私のやった交渉、紛争は負けたことがない」と業績を強調。雇用問題については、「イタリア、ギリシャ、スペインは解雇しにくいので雇わなくなる。ドイツは解雇しやすいが同一労働同一賃金。非正規、正規の違いをなくす」とした。


埼玉5区全候補 街頭演説(藤島利久氏) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

特集 TPP問題

 2012年12月6日(木)、埼玉県さいたま市大宮駅東口で、「埼玉5区全候補 街頭演説(藤島利久氏)」が行われた。藤島氏は「原発のゴミは、次の世代に後始末を残すか、いま我々がするかだ。この衆議院選挙は脱原発国民投票である」と訴えた。

 TPPについては不参加を表明、「農業問題から見ると、アメリカは広い農地があるから、そこで作った作物を日本に売りつけるということだ」と述べた。そして、日本の農業を守るために「田舎に仕事を作り、都市の若者たち、労働者たちに移り住んでもらう。荒れた畑や田圃を耕す人にお金を出す」とした。


埼玉5区全候補 街頭演説(大石ゆたか氏) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

 2012年12月6日(木)、埼玉県さいたま市与野本町駅前で、「埼玉5区全候補 街頭演説(大石ゆたか氏)」が行われた。

 大石氏は「3年前の総選挙で誕生した民主党政権は、アメリカ言いなり、財界優先という自民党型政治を抜け出すことができなかった」と述べ、「消費税増税強行、原発再稼動、TPP推進、オスプレイ配備」を例として挙げた。


埼玉5区全候補 街頭演説(枝野幸男氏) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

 2012年12月6日(木)、埼玉県さいたま市のJR与野本町駅前で、衆院選埼玉5区の立候補者、枝野幸男氏の街頭演説が行われた。

 枝野氏は「事業仕分けで、税金の使い方の詳しい内容を国民の誰もが目にすることができ、1兆円を越える税金の無駄を削ることができた。必要な公共事業のため、予算を絞り込んで3割以上削減し、医療費を増やした」と成果を強調した。

 原発については、「すぐやめられない。青森県にある使用済み核燃料は、再処理しない場合には持ち出すという約束だが、他で受け入れ先が見つからない」とした。また、景気対策について、「中小企業予算を増やし、貧困・失業対策によって失業率を改善した。物が売れるようにするには、弱い層を底上げすれば、増えた年収は消費に回り、デフレの解消になる」と語り、続投を訴えた。


東京都知事選候補 松沢しげふみ氏 街頭演説 2012.12.5

記事公開日:2012.12.5取材地: 動画

 2012年12月5日(水)、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅前で、東京都知事選候補、松沢しげふみ氏の街頭演説が行われた。松沢氏は「まず新銀行東京を清算する。次に都知事の多選禁止条例をつくる。3期12年まで」と述べた。

 環境問題について、「優遇制度により電気自動車を普及させ、排気ガス、CO2、騒音をなくす。東京から、電気自動車の世界を作っていき、世界に貢献する」と語った。また、「都の行政審議会の女性委員の割合は20%で、全国都道府県で最低。副知事をはじめ、女性を登用していく」と、女性に開かれた都政にすると述べた。その他、江戸城の天守閣復元による観光産業の活性化などを主張した。


民主党 勝又恒一郎 街頭演説(神奈川3区) 2012.12.5

記事公開日:2012.12.5取材地: 動画

 2012年12月5日(水)、神奈川県横浜市JR鶴見駅西口で、「民主党 勝又恒一郎 街頭演説(神奈川3区)」が行われた。


日本共産党 志位和夫委員長 街頭演説(神奈川2区) 2012.12.5

記事公開日:2012.12.5取材地: テキスト動画

特集 TPP問題

 2012年12月5日(水)午後6時より、神奈川県横浜市西区のJR横浜駅西口で、日本共産党の志位和夫委員長の街頭演説が行われた。志位委員長は、集まった有権者に対し、消費税増税中止、即時原発ゼロ、TPP反対、憲法九条保持を表明し、改憲反対を掲げる共産党への理解と支持を求めた。