原発事故避難指示区域外避難者のもとに届いた通告!4月からの家賃値上げが協議も事前通告もなく突然4月に。 区域外避難者の経済的苦境を顧みない政府の冷酷さ!〜「原発事故避難指示区域外避難者の住宅問題」を考える4.19政府交渉 2018.4.19

記事公開日:2018.4.28取材地: 動画

 2018年4月19日(木)16時半より、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、避難の協同センター、子ども被災者支援議員連盟の主催により「『原発事故避難指示区域外避難者の住宅問題』を考える」政府交渉が行われた。


「本年は、1号機のガレキと排気筒撤去、2号機原子炉格納容器の内部調査、3号機の燃料取り出しと廃炉作業の進捗が目に見えるようになる!」と自負しつつも記者からの質問には歯切れの悪い回答に終始!?――東京電力定例会見 2018.1.11

記事公開日:2018.1.12取材地: 動画

 2018年1月11日(木)17時より東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力 定例会見が行われた。


福島第一原発1、2、3号機復水器の貯留水の水抜き作業の完了を報告。凍土壁の評価は「数字合わせを疑われないように来年3月をメドに算定中」!? ――東京電力定例会見 2017.12.18

記事公開日:2017.12.20取材地: 動画

 2017年12月18日(月) 17時より東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力 定例会見が行われた。


「凍土壁から建屋に入る地下水の流入量は、確認しているが検討中。評価は来年3月の時点で公表する」を繰りかえす東京電力。「あとで評価全体を調整する懸念もあり、流入量は先に公表すべき」と疑念も!――東京電力 定例会見 2017.12.11

記事公開日:2017.12.15取材地: 動画

 2017年12月11日(月)17時より東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力 定例会見が行われた。


東京電力ホームページと配布資料の内容に差が!? クローラクレーンが工事車両とヒューマンエラーにより接触事故! 2号機原子炉格納容器ガス管理設備の警報発生について――東京電力 定例会見 2017.12.7

記事公開日:2017.12.8取材地: 動画

 2017年12月7日(木)17時より東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力 定例会見が行われた。


北朝鮮のミサイル被弾については「武力攻撃に対する備えは当委員会の守備範囲ではない。法律で与えられていない権限は行使できない。したら行政の暴走だ。規制委員会は原子力の平和利用のためにある」!? ――原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見 2017.12.6

記事公開日:2017.12.8取材地: 動画

 2017年12月6日(水)14時半より東京都港区原子力規制庁にて、原子力規制委員会・更田豊志委員長定例会見が行われた。


再臨界を監視する2号機ガス管理システムの故障を報告。結局、乾期にならないと凍土壁の効果は不明のまま!? 10月、雨が多く評価を算出できず――東京電力定例会見 2017.11.20

記事公開日:2017.11.22取材地: 動画

 2017年11月20日(月)17時より東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力 定例会見が開かれた。


山形県立ち退き訴訟被告を迎え「避難の協同センター」が緊急市民集会! 原発事故自主避難者への住宅支援打ち切りから7か月、生活困窮の実態が明らかに〜国と福島県へ支援継続求める声明発表 2017.11.16

記事公開日:2017.11.20取材地: 動画

 2017年11月16日(木)15時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、緊急市民集会『原発事故による避難者の「住まい」「暮らし」の保障を求めよう』山形県自主避難者への住宅の明け渡し請求訴訟の報告が行われた。


原発事故自主避難者が被告に! 山形県雇用促進住宅運営法人が8世帯を訴え追い出しにかかる! 第1回口頭弁論直前の記者レクで海渡雄一弁護士「国の帰還政策の当否を問う非常に重要な裁判」 2017.11.16

記事公開日:2017.11.19取材地: テキスト動画

※2017年11月27日テキストを追加しました。

 2012年に全党一致で制定されたはずの「子ども被災者支援法」が、国や自治体自らによって覆され、空洞化されようとしている。

 福島第一原発の事故により、いまだに約3万5千名が福島県から県外への避難生活を送っている。2017年3月いっぱいで、国と福島県は、避難指示区域以外の「区域外(自主)避難者」に対し、災害救助法に基づく住宅提供の支援を打ち切り、当事者は住居費を負担して避難を継続するか、福島県へ帰還するかの選択を迫られた。


福島第一原発 西側道路法面付近から水湧出! 表面線量がバックグラウンドと同等だけで雨水と判断!? 濃度は測定せず、日報にも記載せず!~東京電力 定例会見 2017.11.16

記事公開日:2017.11.16取材地: 動画

 2017年11月16日(木)17時より、東京都千代田区の東京電力本店にて、定例会見が行われた。


10月26日に福島第一原発構内で作業員が倒れ、死亡 「死因はわかっていないのか、公表しないのか」という問いに東電「作業との因果関係はないと思っているので、詳細な回答は差し控えたい」~東電会見 2017.10.26

記事公開日:2017.10.31取材地: 動画

 2017年10月26日(木)、東京都千代田区の東京電力本店にて、「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見が行われた。


原発賠償京都訴訟結審後の記者会見&報告集会 2017.9.29

記事公開日:2017.10.29取材地: 動画

 2017年9月29日(金)11時30分より京都市中京区の京都弁護士会館にて、原発賠償京都訴訟結審後の記者会見と報告集会が開かれた。


地下水ドレンから汲み上げきれない汚染水はどこへ!? 海側遮水壁は本当に機能しているのか!? ~東京電力定例会見 2017.9.19

記事公開日:2017.9.19取材地: 動画

 2017年9月19日(火) 17時より、東京都千代田区の東京電力本店にて定例記者会見が開かれ、福島第一原発の状況報告が行われた。


汚染水タンク解体工事中に起きた作業員内部被曝事故の再発防止策を問われ、東京電力「作業する方々に改めて放射線防護についての再教育を速やかに実施」――東京電力 定例会見 2017.9.14

記事公開日:2017.9.15取材地: 動画

 2017年9月14日(木)、東京都千代田区の東京電力本店にて定例記者会見が開かれ、福島第一原発の状況報告が行われた。


福島第一原発で9月8日、作業員が汚染水タンク解体工事中に内部被曝 事故原因について東京電力「まだヒアリングをしている最中」――東京電力 定例会見 2017.9.11

記事公開日:2017.9.12取材地: 動画

 2017年9月11日(月)17時より、東京都千代田区の東京電力本店にて定例会見が開かれ、福島第一原発の状況報告が行われた。


福島第一原発敷地内で8月31日に作業員が倒れ、その後死亡が確認される~東電「『作業の因果関係』は労基署の判断、『総被曝線量』は把握できていない、把握できても公開しない」――東京電力定例会見 2017.9.4

記事公開日:2017.9.4取材地: 動画

 2017年9月4日(月)17時より、東京都千代田区の東京電力本店にて定例会見が開かれ、福島第一原発の状況報告が行われた。


陸側遮水壁の最後の未凍結箇所を凍結開始も何%閉まったか実測する手段はない!?――東京電力 定例会見 2017.8.28

記事公開日:2017.8.28取材地: 動画

 2017年8月28日(月)、東京都千代田区の東京電力本店にて定例会見が開かれ、福島第一原発の状況報告が行われた。


「福島原発事故の放射能汚染で、孫と離れ離れになって暮らすことになってしまったおじいさんやおばあさんがいる。安倍晋三は『愛に応える政治』をすべきだ!」――再稼働反対!首相官邸前抗議 2017.8.25

記事公開日:2017.8.26取材地: 動画

 2017年8月25日(金)、東京都千代田区の首相官邸前・国会正門前にて、首都圏反原発連合の呼びかけによる「再稼働反対!首相官邸前抗議」が行われた。


「サブドレン水位低下事故」原因特定できず!?「確認試験に制約があったため」!?〜東京電力 定例会見 2017.8.21

記事公開日:2017.8.22取材地: 動画

     2017年8月21日(月)、東京都千代田区の東京電力本店にて定例会見が開かれ、福島第一原発の状況報告が行われた。


NTTと東電を「家長」とする東芝倒産危機の構造に迫る~半導体や原発で勝負する気など最初からなかった!? 『東芝解体電機メーカーが消える日』著者・大西康之氏に岩上安身が訊く、第二弾! 2017.8.10

記事公開日:2017.8.10取材地: テキスト動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

※8月16日テキストを追加しました。

 3ヶ月もの間延期に延期を重ねていた東芝が、2017年8月10日、2017年3月期の決算を発表した。監査法人「PwCあらた」の「限定つき適正」の意見がついた決算によると、グループ全体の最終的な赤字額は9656億円で、日本のメーカー史上最大の大赤字になるという。また、債務超過は5529億円もの巨額な金額になった。

 東芝の会見が行われる直前のタイムリーな時間に、岩上安身は『東芝解体電機メーカーが消える日』著者でフリージャーナリストの大西康之氏に、2度目のインタビューを行なった。