九州緊急特派チームによる佐賀・玄海原発レポート【その43】 ―玄海原発5キロ圏内に住んでいる住民の方々へのインタビュー 2016.5.1

記事公開日:2016.5.1取材地: 動画独自

2016年5月1日、玄海原発レポートのために佐賀県玄海町入りした九州緊急特派チームは、玄海原発5キロ圏内に住んでいる住民の方々へのインタビューを行った。


熊本・大分大地震の報道から消された中央構造線と原発の危険性!安倍政権の「虎の威を借る独裁」を敷くNHK籾井会長 2016.4.30

記事公開日:2016.5.1取材地: テキスト

 籾井会長の「独裁」が止まらない。2016年4月14日から始まった熊本・大分大地震について、20日のNHK内部の会議で「原発については、住民の不安をいたずらにかき立てないよう、公式発表をベースに伝えることを続けてほしい」と指示していたことが発覚した籾井勝人会長。26日には、「いろいろある専門家の見解を伝えても、いたずらに不安をかき立てる」などとも発言していたことが明らかになった。

 26日の衆議院総務委員会で、公式発表とは何を指すのかと問われた籾井会長は、気象庁や原子力規制委員会、九州電力が発表しているものをあげた。この籾井会長の一連の指示・発言が、国民の安全・命・経済に与える影響は重大だ。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その40】 ―4月29日15時9分ごろ、大分県由布市で発生した地震の状況について商工観光課長に電話取材 2016.4.29

記事公開日:2016.4.30取材地: 動画

 4月29日15時9分ごろ、大分県由布市で発生した地震(15時9分・震度5強)の状況について、商工観光課長 加藤裕三氏に電話取材した模様を中継した。いきなり激しい縦揺れに襲われたが、16日のような、その後の大きな横揺れはなかったと語った。ちなみに、この日の午前中、安倍総理が由布市に視察に来ていた。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その39】 ―熊本・大分大地震被災地取材の中締め 2016.4.29

記事公開日:2016.4.30取材地: 動画

 2016年4月29日(金・祝)川内原発を眺望できる薩摩川内市寄田海岸から、、九州緊急特派チーム城石、高橋両記者が中継した。とても美しい海だが、原発の排水口にフジツボなど貝類が付着しないように、大量の化学物質を毎日海中散布しているなど、地元の人たちから聞いた生の声を伝えた。また、この海岸には、海ガメも産卵のためにやって来るという。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その38】 ― 炊き出しやよかたいネットの方々による医療・法律・生活相談など 2016.4.29

記事公開日:2016.4.29取材地: 動画

 2016年4月27日(水)、九州緊急特派チームは、熊本県の御船町に入り、よかたいネットの人々による医療・法律・生活相談、炊き出しを行っている避難所からレポート。フラメンコダンスの披露も行われた。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その37】―薩摩川内市久見崎海岸「脱原発川内テント」 2016.4.28

記事公開日:2016.4.29取材地: 動画

 被災地取材12日目を終えた九州緊急特派チームは、九州電力鹿児島支店、鹿児島県庁取材の後、薩摩川内市久見崎海岸「脱原発川内テント」へ向かった。途中、川内原発正門前を通る。脱原発村では、市民たちに、川内原発に対する周辺住民の無関心さ、避難計画の杜撰さなど実態を聞いた。


〈熊本・大分大震災チャリティイベント〉いったいどうなってるの?TPP! 報告集会 2016.4.28

記事公開日:2016.4.29取材地: 動画

特集 TPP問題

 2016年4月28日(木)、東京都千代田区の万世橋区民会館にて、〈熊本・大分大震災チャリティイベント〉いったいどうなってるの?TPP! 報告集会が開催された。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その36】―市民団体による鹿児島県庁 原子力安全対策課への川内原発停止申し入れ 2016.4.28

記事公開日:2016.4.29取材地: 動画

 被災地取材12日目を終えた九州緊急特派チームは、九州電力鹿児島支店での稼働停止要請の後、鹿児島県原子力安全対策課への要請を引き続き、行ったので、それを追った。また、各参加住民へ、意見を聞いた。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その35】―市民団体による九州電力 鹿児島支社への川内原発停止要請

記事公開日:2016.4.29取材地: 動画独自

 被災地取材12日目を終えた九州緊急特派チームは、鹿児島市内の九州電力鹿児島支社での、住民による稼働停止要請を取材、中継した。最後、IWJ高橋記者が、対応にでた九電広報担当者に、住民の命か、企業の利益か、どちらをとるのかと、鋭い質問を浴びせた。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その34】―川内原発関連取材に向かう車内からのレポート 2016.4.28

記事公開日:2016.4.29取材地: 動画独自

 被災地取材12日目を終えた九州緊急特派チームは、日本で唯一、稼働中の川内原発の抗議デモを取材するため、鹿児島市内の九州電力鹿児島支店へ向かった。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その33】―熊本市東区内の駐車場より、よかたいネットの方々による、車中泊をしている住民に対する医療サービスや法律相談ボランティア 2016.4.27

記事公開日:2016.4.28取材地: 動画独自

 被災地取材11日目を終えた九州緊急特派チームは、炊き出しの取材を中継した。当会場では、無料医療相談、法律相談も対応していた。駐車場では、車中泊する避難市民が多い。この日のメニューはカレーだった。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その32】―自衛隊駐屯地のある熊本空港敷地内から 2016.4.27

記事公開日:2016.4.28取材地: 動画独自

 被災地取材11日目になった九州緊急特派チームは、陸上自衛隊高遊原(たかゆうばるぶんとんち)駐屯地のある熊本空港敷地内から状況を取材した。熊本空港は、16日の地震で滑走路を破損しているという理由で、安倍首相が被災地入りを延期したと言われた。

しかし高橋記者が、現地の自衛隊に直接、取材をしたところ、そういう滑走路の破損はなかった。通常の運用には支障がなかったと答えた。


自称「ジャーナリスト」の櫻井よしこ氏が、熊本・大分大地震のさなかに「緊急事態条項」創設を主張!熊本・大分大地震は「最初から国が前面に出て」「事態に対処することができたであろうと思われる」と大放言! 2016.4.28

記事公開日:2016.4.28 テキスト

 最大震度7を観測した熊本・大分大地震。多くの被災者が、現在も避難生活を強いられている中、「ジャーナリスト」を僭称する櫻井よしこ氏が、白昼堂々と「緊急事態条項」創設を主張した。

 J-castニュースによると、櫻井氏は、2016年4月26日に都内で記者会見し、「緊急事態条項」の制定に向けた憲法論議を改めて要求。仮に緊急事態条項があれば、熊本地震は「最初から国が前面に出て」「事態に対処することができたであろうと思われる」と主張したという。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その30】―地震の影響を受けた工場地帯から 2016.4.26

記事公開日:2016.4.26 動画

2016年4月26日、熊本県菊陽町の地震の影響を受けた工場地帯から九州緊急特派がレポートを行なった。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その29】―障がい者支援施設への支援物資配達 2016.4.26

記事公開日:2016.4.26取材地: 動画

 2016年4月26日、九州緊急特派チームは、熊本市内の障がい者支援施設へ支援物資を届け、施設避難者の生活状況をレポートした。


「原発安全神話」には御用“地震”学者の陰!地震学世界的権威が証言!熊本・大分大地震はさらなる巨大地震の前兆か!? ~岩上安身によるインタビュー 第639回 ゲスト 島村英紀教授 2016.4.25

記事公開日:2016.4.25 テキスト動画独自

※5月1日テキストを追加しました!

 「熊本・大分大地震は、中央構造線上で起きた大きな事件。2011年の東日本大震災は、日本が乗っかる基盤岩を一挙にずらしてしまった。牡鹿(おしか)半島は東南東に5.4メートル動き、首都圏でも40センチ動いた。それまでは年間数センチの移動だったプレートが大きく動いたことで、地震も火山も起きやすくなった」

 地震学の世界的権威である武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏は、2016年4月25日、東京都内で行われた岩上安身のインタビューで、このように語り、今なお、収束の様子を見せない熊本・大分大地震をはじめ、南海トラフ大地震、首都圏直下型地震、8000年サイクルで起きている阿蘇山などのカルデラ破局噴火などの可能性について説明した。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート 【その28】―別府市鉄輪温泉の土産屋の様子と「お食事処 湯沢家」のご主人にインタビュー 2016.4.25

記事公開日:2016.4.25取材地: 動画独自

【IWJ緊急行動】熊本・大分大地震 緊急取材と関連情報

 2016年4月25日(月)、九州緊急特派チームが、別府市鉄輪温泉の土産屋の様子と「お食事処 湯沢家」のご主人にインタビューを行ない、熊本・大分大地震被災地レポート 【その27】として中継した。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート 【その26】―別府市旅館ホテル組合連合会の方々にインタビュー 2016.4.25

記事公開日:2016.4.25取材地: 動画独自

【IWJ緊急行動】熊本・大分大地震 緊急取材と関連情報

 2016年4月25日(月)、九州緊急特派チームが、別府市旅館ホテル組合連合会の方々へのインタビューを行ない、熊本・大分大地震被災地レポート 【その26】として中継した。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート 【その27】―別府市鉄輪温泉「おにやまホテル」おかみと支配人にインタビュー 2016.4.25

記事公開日:2016.4.25取材地: 動画

 2016年4月25日(月)、九州緊急特派チームが、別府市鉄輪温泉「おにやまホテル」おかみと支配人に行ない、熊本・大分大地震被災地レポート 【その27】として中継した。


熊本・大分地震、14日夜と16日未明は「どちらも本震」 中央構造線、そして南海トラフ地震との関連について「現在の科学では分からない」~東京大学地震研究所・纐纈一起教授に聞く 2016.4.21

記事公開日:2016.4.24取材地: テキスト

 4月14日夜と16日未明に起きた、最大震度7、マグニチュード7.3の「熊本地震」は、1週間が経過した現在も依然として震度5程度の余震が続いている。死者は48人、熊本県内の避難者は9万8000人に達するなど、今回の地震による被害は極めて甚大なものとなった。  気象庁は、4月14日夜の会見では、最初の地震を「本震」とし、その後に起きた地震を「余震」と位置づけていた。しかし、16日未明にマグニチュード7.3の地震が起きた後は、こちらを「本震」とし、14日夜の地震を「前震」であると訂正した。