大飯発電所敷地内破砕帯調査と世界遺産条約採択40周年記念最終会合(「IWJ通信」11月10日号 巻頭言より) 2012.11.10

記事公開日:2012.11.10 テキスト

 いつもIWJをご支援いただき、本当にありがとうございます。

秋風どころか木枯らしが吹きそうな寒さの中、解散風も吹き始めました。様々な噂・情報が飛びかっていますが、米国からTPP交渉参加の表明をせよと、急かされての動き。米国内でも日本のTPP交渉参加に反対の動き(自動車業界と労組)もあり、米国政府としては、日本政府に表明させて、事を進行させようというもくろみであると思われます。

霞ヶ関、財界、大手メディアからの揺さぶり・圧力を受けた永田町では、選挙後の合従連衡を踏まえた虚々実々の駆け引きが進行中。原発の維持推進派(隠れ推進派含め)か、脱原発派か、という選択肢だけでなく、TPP交渉参加賛成か、反対か、という選択肢もそこに加わります。

民自公は、消費税増税と原発推進で足並みをそろえ、事実上の連立を組んできましたが、TPP交渉参加については、自民党が慎重姿勢のため、足並みがそろわない。維新とみんなの党は、TPP参加で一致。メディアからネグレクト(無視)され続けている国民の生活が第一は、増税反対、脱原発については鮮明でも、TPP交渉参加の姿勢ははっきりしない。

今週も、政治の動きから目が離せません。IWJの報道中継にぜひ、ご注目下さい。


大飯発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 第2回評価会合 2012.11.7

記事公開日:2012.11.7取材地: 動画

 2012年11月7日(水)、東京都港区の原子力規制庁舎で、「大飯発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 第2回評価会合」が行われた。


大飯発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 評価会合 2012.11.4

記事公開日:2012.11.4取材地: 動画

 2012年11月4日(日)、東京都千代田区の環境省において原子力規制委員会による「大飯発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 評価会合」が行われた。


第5回原子力規制委員会 2012.10.17

記事公開日:2012.10.17取材地: テキスト動画

 2012年10月17日(水)、東京都港区の原子力規制庁舎で、「第5回 原子力規制委員会」が行われた。今回の議題は以下の5つで、原子力規制庁の担当者がそれぞれ説明を行った。冒頭、11月2日に予定されている大飯発電所敷地内の破砕帯調査を行う有識者が発表された。


福島みずほ党首ほか社民党国会議員調査団の石川県庁への申し入れと記者会見 2012.10.9

記事公開日:2012.10.9取材地: テキスト動画

 2012年10月9日(火)、石川県金沢市の石川県庁で、志賀原発活断層問題で現地調査を行った、福島みずほ党首ほか社民党国会議員調査団の石川県庁への申し入れと記者会見が行われた。石川県側は竹中博康副知事が対応し、申し入れを知事に伝えると約束した上で、それらに対する見解を述べた。


「志賀原発直下に活断層!」渡辺満久さん講演会 2012.9.1

記事公開日:2012.9.1取材地: 動画

 2012年9月1日(土)、石川県羽咋市(はくいし)の羽咋公民館 1階ホールで、「志賀原発直下に活断層!」渡辺満久さん講演会が行われた。


第13回 国会エネルギー調査会(準備会)「全原発の直下活断層再点検と国民的議論の取りまとめを検証」 2012.8.23

記事公開日:2012.8.23取材地: テキスト動画

 2012年8月23日(木)、東京都千代田区の衆議院第一議員会館において、「第13回 国会エネルギー調査会(準備会)『全原発の直下活断層再点検と国民的議論の取りまとめを検証』」が開催された。この会合は、資源エネルギー庁が設置した、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会のメンバーらが運営する自主的分科会と、超党派の国会議員らで構成する原発ゼロの会が共同で開催しているものである。福島第一原発事故を契機に、さまざまな問題が顕在化した我が国のエネルギー政策を見直すべく議論を重ね、エネルギー調査会を国会に設置することを求めている。13回目となる今回の会合では、原発の直下に存在する可能性が指摘されている活断層の再点検状況と、将来における原発比率の国民的議論の取りまとめ状況について検証した。


大飯原発止めて断層調べろ!原子力規制委員会人事撤回! 2012.8.10

記事公開日:2012.8.10取材地: テキスト

 2012年8月10日(金)、経済産業省別館前で、「大飯原発止めて断層調べろ!原子力規制委員会人事撤回!」が行われた。

 関西電力大飯原発の敷地内を通る破砕帯が活断層である可能性が、変動地形学の専門家である渡辺満久東洋大教授によって指摘されている。また7月30日には、超党派の衆議院・参議院の国会議員ら(合計9つの党、14名の議員)によって、「大飯原発の破砕帯(断層)再調査に関する、第三者による早急な調査を求める緊急要望書」が、野田 佳彦総理と枝野 幸男経済産業大臣に提出された。この件に加え、原子力規制委員会の人事案についても、経済産業省の対応に対して不満と不信感を持つ市民たちが、抗議のために同省別館前に集まり、スピーチとシュプレヒコールを行った。


民主党 原発事故収束対策PT総会(第63回)~講師 渡辺満久東洋大学教授 2012.7.17

記事公開日:2012.7.17 テキスト動画

 2012年7月17日(火)、衆議院第一議員会館で、「民主党 原発事故収束対策PT総会(第63回)」が行われた。


渡辺満久東洋大教授にきく どうする?大飯原発~隠され続けた断層(破砕帯)問題 2012.7.5

記事公開日:2012.7.5取材地: テキスト動画

 2012年7月5日(木)、参議院議員会館で、「渡辺満久東洋大教授にきく どうする?大飯原発~隠され続けた断層(破砕帯)問題」が行われた。


福井県による「大飯原子力発電所の破砕帯の再調査の要望書」に対する回答 2012.6.29

記事公開日:2012.6.29取材地: テキスト動画

 2012年6月29日(金)9時より福井県福井市大手3丁目にある福井県庁で、市民団体有志による「福井県による「大飯原子力発電所の破砕帯の再調査の要望書」に対する回答」が行われた。

 市民団体有志が、大飯原発の破砕帯再調査の要望書に対する回答を受けるため、福井県庁を訪れた。県は、原子力安全対策課長が応対し、再調査の可能性は、保安院マターなので、県としては否定した。


関西電力大飯原発視察 2012.6.27

記事公開日:2012.6.27取材地: 動画

 2012年6月27日(水)、関西電力大飯原発 他で、「関西電力大飯原発視察」が行われた。


日本外国特派員協会主催 石橋克彦神戸大学教授、渡辺満久東洋大学教授記者会見「大飯原発再稼働:地震で本当に大丈夫?」 2012.6.26

記事公開日:2012.6.26取材地: テキスト動画

 2012年6月26日(火)15時より東京・千代田区有楽町にある日本外国特派員協会で、日本外国特派員協会主催記者会見「大飯原発再稼働:地震で本当に大丈夫?」が行われた。渡辺教授は、大飯原発敷地内にある活断層の実態と評価についてなど。そして、石橋教授は、大陸型地震の特徴、大飯原発のある若狭湾などに関係する地震の可能性と、政府や関電の対策の不備などについて話し、質疑応答に答えた。


再稼働を止めよう!市民・弁護士・超党派議員の集い~~大飯原発、安全性はどこへ? 2012.6.13

記事公開日:2012.6.13取材地: 動画

 2012年6月13日(水)、参議院議員会館で、「再稼働を止めよう!市民・弁護士・超党派議員の集い~~大飯原発、安全性はどこへ?」の緊急院内集会が開かれた。大飯原発2基の再稼働が秒読みと言われる中、断層のずれによる原子炉施設の損傷が問題視されている。変動地形学の渡辺満久東洋大教授が登壇し、活断層の上に立地された原発の問題点を挙げ、「早急に活動性を確認する必要がある」と警鐘を鳴らした。


保安院会見 2017.6.7

記事公開日:2012.6.7取材地: 動画

 2012年6月7日(木)、原子力安全・保安院会見の模様。

 再稼働問題で注目される関西電力大飯原発の敷地内をまたがる軟弱な断層(破砕帯)が活断層と連動して地表がずれる可能性があるとの専門家の指摘をうけた問題で、同保安院は7日、追加の現地調査や専門家委員会の設置を予定しない意向を示した。今回、その破砕帯の分析結果を公表したのは渡辺満久 東洋大教授と鈴木康弘 名古屋大教授だった。