【沖縄県知事選】玉城デニー候補・宜野湾市長選 仲西春雅候補「宜野湾市総決起大会」 2018.9.24

記事公開日:2018.9.24取材地: 動画

 2018年9月24日(月)18時より、沖縄県の宜野湾市市民会館にて、9月30日にダブル選挙で投開票が行なわれる沖縄県知事選に立候補した玉城デニー候補と宜野湾市長選 立候補者の仲西春雅候補の「宜野湾市総決起大会」が開催された。


宜野湾市長選 仲西春雅候補 出発式 ―応援 玉城デニー沖縄知事選候補ほか 2018.9.23

記事公開日:2018.9.23取材地: 動画

 2018年9月23日(日・祝)沖縄県宜野湾市の市長選挙が告示され、「オール沖縄」の仲西春雅候補(前沖縄県高校PTA連合会会長)が、玉城デニー県知事選候補らの応援の元、沖縄海邦銀行普天間支店前で8時半より出発式を行った。宜野湾市長選は知事選と同日の30日投開票。


「本当に心強く感じた」米軍ヘリの部品落下被害にあった宜野湾市の緑ヶ丘保育園園長と保護者らが記者会見で故・翁長前知事に感謝の言葉!佐喜真前市長の冷たい対応には不満の訴え! 2018.9.12

記事公開日:2018.9.15取材地: テキスト動画

特集 2018年沖縄県知事選|特集 辺野古

※2018年9月17日、テキストを追加しました。

 「絶望、怒り、悲しみでいっぱいだった中、私たちを絶えず支え、寄り添ってくれたのが翁長知事でした。非公式ではありましたが、保育園にも足を運んでくださり、私たちの話を聞いてくださいました。また、お忙しい中、度々面談にも応じてくださり、『お母さんたちが頑張っているんだから』と言って、私たちを応援してくれました」


パックス・アメリカーナの解体をとらえ日米安保を乗り越えよ! ~岩上安身による参議院議員・会派「沖縄の風」幹事長 伊波洋一氏インタビュー 2018.9.7

記事公開日:2018.9.9取材地: 動画独自

特集 2018年沖縄県知事選
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年9月7日(金)11時30分より、沖縄県宜野湾市のイハ洋一後援会事務所にて、岩上安身による参議院議員・会派「沖縄の風」幹事長 伊波洋一氏インタビューが行われた。


宜野湾市長選 仲西春雅予定候補 事務所開き 2018.9.5

記事公開日:2018.9.7取材地: 動画

 2018年9月5日(水)17時30分より沖縄県宜野湾市の仲西春雅選対事務所より、宜野湾市長選・仲西春雅予定候補の事務所開きの模様を中継した。


「辺野古基地と尖閣防衛は関係ない!」沖縄を覆うデマに徹底反論!佐喜真候補の「争点ぼかし」には最大限の警戒!~沖縄国際大学教授 佐藤学氏に岩上安身がインタビュー! 2018.9.6

記事公開日:2018.9.7取材地: 動画独自

特集 2018年沖縄県知事選
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年9月6日(木)16時より沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学にて、『それってどうなの? 沖縄の基地の話』の共著者で沖縄国際大学教授の佐藤学氏に岩上安身がインタビューを行い、沖縄県知事選や自民党総裁選、沖縄の戦後史など幅広く話をうかがった。


宜野湾市長選・仲西春雅氏 出馬表明 2018.8.29

記事公開日:2018.8.29取材地: 動画

 2018年8月29日(水)、佐喜真淳・前宜野湾市長の辞職に伴う9月30日投開票の市長選に向けて、前県高校PTA連合会長の仲西春雅氏が沖縄県宜野湾市のJAおきなわジュビランスで会見を開き、出馬を表明した。


沖縄国際大ヘリ墜落14年 辺野古の海を守ろう!普天間閉鎖を求める市民集会 2018.8.13

記事公開日:2018.8.13取材地: 動画

 2018年8月13日(月)、沖縄県の宜野湾市役所正門前広場で、「沖縄国際大ヘリ墜落14年 辺野古の海を守ろう!普天間閉鎖を求める市民集会」が開催された。


沖縄国際大学主催「普天間基地の閉鎖を求め、平和の尊さを語りつぐ集い」 2018.8.13

記事公開日:2018.8.13取材地: 動画

 2018年8月13日(月)、沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学ポケットパーク・ヘリ墜落現場モニュメント前で、沖縄国際大学主催「普天間基地の閉鎖を求め、平和の尊さを語りつぐ集い」が開催された。


ピース・アクション2018 平和とくらしを守る県民大会(宜野湾海浜公園) 2018.5.13

記事公開日:2018.5.13取材地: 動画

 沖縄の日本本土復帰から46年となる5月15日を前に行われてきた平和行進の締めくくりとして、2018年5月13日(日)13時半より宜野湾海浜公園屋外劇場(沖縄県宜野湾市)で「平和とくらしを守る県民大会」が行われた。


ピース・アクション2018 5・15平和行進 普天間基地包囲コース出発式 2018.5.13

記事公開日:2018.5.13取材地: 動画

 沖縄の米軍基地や戦跡をたどってきた「ピース・アクション2018 5・15平和行進」の最終日となる2018年5月13日(日)、米海兵隊普天間基地のある沖縄県宜野湾市の市役所前で9時より普天間基地包囲コースの出発式が行われた。


「私たちはどう生きるのか」シンポジウム 「なんでお空からおちてくるの?」こたえられないわたしたち 〜あいつぐ基地をめぐる事件・事故をうけて〜(宜野湾市) 2018.4.29

記事公開日:2018.4.29取材地: 動画

 2018年4月29日(日・祝)13時過ぎより、米海兵隊普天間飛行場のある沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学で、シンポジウム「『なんでお空からおちてくるの?』こたえられないわたしたち〜あいつぐ基地をめぐる事件・事故をうけて〜」が開かれた。緑ヶ丘保育園園長の神谷武宏牧師が報告を行ったほか、緑ヶ丘保育園・普天間第二小学校関係者らがパネルディスカッションを行った。


「なんで空を見ながら、ヘリが飛んだら落ちないか心配しなきゃいけない!?」――米軍ヘリの部品が落下した宜野湾市から、落下被害の普天間第二小学校正門前の様子と市役所前緊急抗議集会を現地レポート! 2017.12.13

記事公開日:2018.1.7取材地: 動画

 2017年12月13日(水)沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校正門前にて、米軍ヘリの部品が落下した普天間第二小学校の正門前より現地レポート後、18時より、沖縄県宜野湾市の宜野湾市役所前にて、米軍ヘリの部品が小学校へ落下した件を受けての緊急抗議集会を中継した。


米軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会(宜野湾市) 2017.12.29

記事公開日:2017.12.29取材地: 動画

 2017年12月29日(金)14時より、米軍普天間飛行場に近い宜野湾市役所前(沖縄県宜野湾市野嵩)で「米軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会」が開かれた。沖縄県高等学校PTA連合会、沖教祖など6団体が主催、およそ600人(主催者発表)が参加し、落下事故の被害を受けた普天間第二小の保護者や緑ヶ丘保育園園長・保護者らがスピーチした。


第33回 日本環境会議沖縄大会「環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く」第6分科会「青年と環境」第3部「辺境」が繋がる・「国境」を乗り越えて 2016.10.23

記事公開日:2016.10.23取材地: 動画

 2016年10月23日(日)午前、沖縄国際大学(沖縄県宜野湾市)で開催されている「第33回日本環境会議沖縄大会『環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く』」の第6分科会「青年と環境」第3部が開かれた。「『辺境』が繋がる・『国境』を乗り越えて」をテーマに東アジア各国からの報告と議論が行われ、分科会宣言を採択して終了した。


第33回 日本環境会議沖縄大会「環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く」第6分科会「青年と環境」第1部・第2部 2016.10.21

記事公開日:2016.10.23取材地: 動画

 2016年10月21日(金)より沖縄県宜野湾市にある沖縄国際大学で開幕した第33回「日本環境会議沖縄大会『環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く』」において「青年と環境」と題した分科会が開かれた。21日に行われた分科会第1部および第2部の模様を配信した。第3部は23日(日)に開かれる。


岩上安身による 参院選野党統一予定候補(沖縄選挙区)伊波洋一・元宜野湾市長インタビュー~自身の掲げる主要政策、米国の戦略「オフショア・コントロール」など 2016.6.12

記事公開日:2016.6.12取材地: 動画独自

 2016年6月12日(日)、沖縄県宜野湾市の伊波洋一事務所にて、岩上安身による 参院選野党統一予定候補(沖縄選挙区)伊波洋一・元宜野湾市長のインタビューが行われた。


宜野湾市長選 志村恵一郎候補 開票中の事務所の模様 2016.1.24

記事公開日:2016.1.24取材地: 動画

 2016年1月24日(日)20時前から、宜野湾市長選挙開票中の志村恵一郎候補事務所の模様を中継した。


宜野湾市長選 志村恵一郎候補インタビュー(聞き手:IWJ記者・佐々木隼也) 2016.1.21

記事公開日:2016.1.24取材地: 動画

 2016年1月21日(木)、沖縄県宜野湾市の志村恵一郎事務所において、宜野湾市長選に立候補している志村恵一郎氏へIWJの佐々木記者がインタビューを行った。


【宜野湾市長選】元自民党・保守の呉屋宏沖縄県議が4年間の佐喜真市政を痛烈批判!「工事まで最低30年」地主の同意ないディズニー誘致の非現実性(聞き手:IWJ記者・佐々木隼也) 2016.1.21

記事公開日:2016.1.24取材地: テキスト動画独自

特集 辺野古

 「佐喜眞さんのこの4年間の市政では、達成率がほとんどない」――。元自民党で保守出身、前回の宜野湾市長選では佐喜真淳氏を応援した呉屋宏・沖縄県議会議員は、2016年1月21日、IWJのインタビューに応え、今回、志村恵一郎候補の応援にまわった理由を語った。

 今も保守議員を自負し、基地問題では「辺野古移設容認」であり、イデオロギー的には佐喜真候補に近いという呉屋県議が、なぜ今回、佐喜真候補を批判する立場となったのか。それは、佐喜真候補が盛んに「成果」と主張する、社会・福祉政策にあった。