日本共産党3・18演説会「つくろう国民連合政府、とめよう安倍暴走政治」 2016.3.18

記事公開日:2016.3.18取材地: 動画

 2016年3月18日(金)18時半より、大阪市中央体育館(大阪市港区)で日本共産党3・18演説会「つくろう国民連合政府、とめよう安倍暴走政治」が開かれた。志位和夫・共産党委員長のほか、ゲストに平松邦夫・元大阪市長、小林節・慶応義塾大学名誉教授が招かれスピーチを行った。


第3回・民間「立憲」臨調記者会見 2016.3.16

記事公開日:2016.3.16取材地: 動画

 2016年3月16日、東京都中央区のハロー貸会議室東京駅前ビルにて、民間「立憲」臨調(立憲政治を取り戻す国民運動委員会)の第3回記者会見が開かれた。


「委員長のポストが減るから」――民主党執行部が野党共闘に鈍い「理由」を同党の異端児・尾立源幸議員が暴露!小林節氏、白井聡氏は「新党」結成の可能性に言及! 2016.2.12

記事公開日:2016.2.21取材地: テキスト動画

 民主党の岡田克也代表、日本共産党の志位和夫委員長、維新の党の松野頼久代表、社民党の吉田忠智党首、生活の党の小沢一郎代表の野党5党首が2月19日に会談し、ようやく「対安倍政権」の選挙協力をすることで合意に至ったが、この時点で、すでに安保法制の強行成立からちょうど5カ月の月日が経っており、「あまりに時間がかかり過ぎている」との批判も根強い。我々IWJも、ずっと「オール野党共闘」の切迫した必要性を訴えてきた。野党共闘ができず参院選で3分の2の議席をとられてしまえば、緊急事態条項が成立してしまうからである。


学堂会2月講演会 講師 小林節氏「民主主義をあきらめない」 2016.2.16

記事公開日:2016.2.16取材地: 動画

 2016年2月16日(火)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館多目的会議室で、学堂会2月講演会、講師・小林節氏による「民主主義をあきらめない」が開催された。


『みんなが聞きたい 安倍総理への質問』刊行記念イベント第二弾!〈政治〉こそ、山本太郎の天職だ! 小林節さん(慶應義塾大学名誉教授)VS 山本太郎さん(政治家) ―司会・進行 IWJ代表・岩上安身 2016.2.15

記事公開日:2016.2.16取材地: 動画

 2016年2月15日(月)、東京都千代田区の集英社アネックスビルにて、『みんなが聞きたい 安倍総理への質問』刊行記念イベント第二弾!〈政治〉こそ、山本太郎の天職だ! 小林節さん(慶應義塾大学名誉教授)VS 山本太郎さん(政治家)が行われた。


改憲学者・小林節が叱る!安保法制が許されないワケ 2016.2.14

記事公開日:2016.2.14取材地: 動画

 2016年2月14日(日)14時半より「九条の会・兵庫県医師の会」主催の市民学習会「改憲学者・小林節が叱る!安保法制が許されないワケ」が神戸市中央区にある兵庫県保険医協会で開かれた。


9条は日本の宝!吹田の集い2016 〜講演・小林節さん(慶応大学名誉教授) 2016.2.1

記事公開日:2016.2.1取材地: 動画

 2016年2月1日(月)19時から、大阪府吹田市の吹田市文化会館メイシアターで、「9条は日本の宝!吹田の集い2016」が開かれ、慶応大学名誉教授の小林節氏が講演を行った。


「共産党とは同席したくない」と言う民主党議員「でも安倍ちゃんよりいいでしょ」―慶大名誉教授・小林節氏、「絶対野党共闘!どこ見て政治やってるんだ」―SEALDs・本間信和氏 2016.1.16

記事公開日:2016.1.28取材地: テキスト動画

※1月28日テキストを追加しました!

 「安倍王朝確立より隣の共産党の方がいい」――

 2016年1月15日付の日刊ゲンダイに掲載された、慶応大学名誉教授の小林節氏と民主党の岡田克也代表との対談記事の見出しである。

 1月19日、憲政記念館にて「さぁ、安倍政治を終らせよう1.19集会」が開催され、小林氏と、大学生からなる団体SEALDsの中心メンバーである本間信和氏が講演を行った。


櫻井よし子氏に公開討論を要求!安倍政治が壊した「古きよき日本」を取り戻す〜護憲派から改憲派の憲法学者、ジャーナリストら200人でつくる「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」 2016.1.19

記事公開日:2016.1.24取材地: テキスト動画

※1月24日テキストを追加しました!

 「櫻井よし子さんに公開討論を提案したいと思います」

 これ以上ないくらいの危機感を共有し、安倍政権から立憲主義を取り戻そうとする動きが、改憲派で知られる憲法学者、小林節・慶応大教授の呼びかけで始まった。その名も「憲政の常道(立憲政治)を取り戻す国民運動委員会」。略称名は「民間立憲臨調」で、現在200人の賛同者が集まる。今後の活動の中で小林氏は、自民党の改憲草案を強力に後押しするジャーナリストの櫻井よし子に公開討論を求めていきたいと、IWJ記者の質問に答えた。


第139回「中村てつじと話す会」 ―講演 小林節・慶應義塾大名誉教授 2016.1.10

記事公開日:2016.1.10取材地: 動画

 2016年1月10日(日)15時より、生駒市立会館コミュニティセンター(奈良県生駒市)で「小林節 慶大名誉教授 講演会」が開かれ、「安倍『壊憲』と戦う方法」と題し講演が行われた。


「憲法の危機 〜私たちにできること」小林節さん(慶應義塾大学名誉教授・弁護士)鎌倉講演会 2016.1.9

記事公開日:2016.1.9取材地: 動画

 2016年1月9日(土)19時より、神奈川県鎌倉市の鎌倉生涯学習センターにて、「『憲法の危機 〜私たちにできること』小林節さん(慶應義塾大学名誉教授・弁護士)鎌倉講演会」が行われた。


「95%超の憲法学者は違憲だと回答する」 長谷部恭男氏、小林節氏、改めて「安保法案=違憲」を主張 ~安倍自民を陰で支える「日本会議」への言及も 2015.6.15

記事公開日:2016.1.7取材地: テキスト動画

特集 集団的自衛権|特集 憲法改正

※6月19日テキストを追加しました。

 「この安全保障法案は、むしろ日本の安全を危うくする。日本を確実に守りたいなら、ぜひ、学者の意見を聞くべきだ」──。憲法学者の長谷部恭男氏は力を込めた。

 今、日本の憲法学者が、さらに言えば憲法学が、正念場に立たされている。集団的自衛権の行使が核となる安全保障関連法案をめぐって、自民党の高村正彦副総裁が、「国民の命を守り抜くために必要な措置を考えるのは、憲法学者でなく、政治家だ」と発言したのである。この言葉が象徴するように、政府・与党は、日本の憲法学者のほぼ全員が違憲と見なしている同法案を、強行採決しようとしている。


【スピーチ全文掲載】「野党は四の五の言わずまとまるべき!」~「市民連合」大規模街宣で小林節・慶應義塾大学名誉教授が野党共闘の必要性を訴え 「参院選で勝てば暴走は止まる!」 2016.1.5

記事公開日:2016.1.5取材地: テキスト動画

 「今年は、嫌でも参議院選挙がきます。参議院だけでも勝てば、政権はレームダック状態になります。そうすると、暴走は止まります」――。

 昨年9月に、与党による「採決の強奪」によって「可決・成立」した安保法の廃止を求め、今年夏の参院選での野党統一候補を支援するために設立された「市民連合」(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)が1月5日、新宿駅西口で街頭演説を行なった。


「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」大街頭宣伝 2016.1.5

記事公開日:2016.1.5取材地: 動画

 2016年1月5日(火) 12時より、東京都新宿区のJR新宿駅西口前にて、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合主催により、 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」大街頭宣伝が行われた。


自治体議員立憲ネットワーク主催「地方から参議院選挙を考える」シンポジウム ―立憲主義の回復!安保法制の廃止!野党・市民連合の可能性!― 2015.12.20

記事公開日:2015.12.20取材地: 動画

 2015年12月20日(日)、東京都千代田区の「地方から参議院選挙を考える」シンポジウム ―立憲主義の回復!安保法制の廃止!野党・市民連合の可能性!が開催された。


KEEP CALM AND NO NUKES 反原発★1205 銀座大行進 2015.12.5

記事公開日:2015.12.6取材地: 動画

 2015年12月5日(土)13時45分より、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂にて、首都圏反原発連合主催による、「KEEP CALM AND NO NUKES 反原発★1205 銀座大行進」のプレイベントがあり、続けてデモが行なわれた。


講演会「憲法の危機」に立ち向かう! ―講師 小林節・慶應義塾大学名誉教授 2015.11.23

記事公開日:2015.11.23取材地: 動画

 2015年11月23日(月)13時30分より、広島県福山市の福山市北部市民センターにて、STOP!「戦争への道」福山総がかり行動主催による講演会が行なわれ、小林節・慶應義塾大学名誉教授が『「憲法の危機」に立ち向かう!』と題して、講演した。


小林節氏×白井聡氏、大阪府市ダブル選幕開け集会で「橋下維新継続NO!」 ~「共産党の協力を歓迎せよ」優柔不断な自民府連への不満も 2015.11.9

記事公開日:2015.11.15取材地: テキスト動画

特集 大阪都構想
※11月15日テキストを追加しました!

 2015年11月5日公示の大阪府知事選と11月8日公示の大阪市長選、いずれも11月22日投開票の「大阪ダブル選」が幕を開けた。今回は橋下徹大阪市長が率いる地域政党「大阪維新の会(以下、大阪維新)」と、自民党を核にした「反維新勢」の対決である。反維新勢側には、「ここで橋下維新の党勢を削いでおかねば」との思いが強い。


戦争法を“ロック”するためにできること ―小林節・慶應義塾大学名誉教授×井筒高雄・元レンジャー隊員 2015.11.5

記事公開日:2015.11.5取材地: 動画

 2015年11月5日(木)18時30分から、大阪市此花区のクレオ大阪西で、講演会&シンポジウム「戦争法を“ロック”するためにできること」が開催され、前半は慶應義塾大学名誉教授の小林節氏と元陸上自衛隊レンジャー隊員の井筒高雄氏が講演を行った。


安倍政権による「戦争と弱肉強食」政治の終焉を、憲政会館で誓う! 773名の熱気に包まれた「オールジャパン平和と共生」総決起集会 2015.10.8

記事公開日:2015.11.4取材地: テキスト動画
鳩山由紀夫氏

※詳細なテキスト記事は現在作成中です、今しばらくお待ちください!

 「これは、主権者が連帯の輪を広げるための市民運動だ。組織や資金は持たない。メンバーに上下関係はない。ウェブ上で透明な会計報告を行う。賛同者700万人を目指す」

 「オールジャパン平和と共生」の発案者である植草一秀氏は、このように意気込みを語り、「安倍首相は、安保法案の強行採決など、来年になれば国民は忘れると思っているだろうが、日本の主権者は今、怒りに震えている」と語気を強めた。そして、「安倍首相がやっているのは既得権者のための政治。向かう方向は『戦争と弱肉強食』だ」と喝破した。