森友・加計問題で安倍政権に幕引きだ!壊憲発議と国民投票制度の欠陥とは!? 巨大広告代理店「電通」が果たす役割が極めて大きい!? その実態とは!?~ 市民が変える日本の政治オールジャパン学習会 2018.3.30

記事公開日:2018.3.31取材地: 動画

 2018年3月30日(金)16時より東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、オールジャパン平和と共生の主催により「市民が変える日本の政治 オールジャパン学習会『もういい加減にしろ!安倍政権』」と題する学習会が開催された。


2017衆院選・1人1票裁判で東京高裁が不条理な忖度判決!投票価値の不公平を認めながら「平成32年には国勢調査にもとづく公正な選挙になるので」1人0.5票でも合憲?~弁護士ら怒り抑えきれず「裁判の名に値しない!」 2018.1.30

記事公開日:2018.1.31取材地: テキスト動画

※2月9日、リードを追記しました。

 2018年1月30日(火)16時、2017年衆院選の無効を訴え、全国14の高裁支部に提訴された「一人一票裁判」の3件目の判決が、東京高裁で言い渡された。東京高裁は、2倍近くの票の格差が存在することを事実として認めておきながら、平成32年以降は人口比を反映しやすいアダムス方式による公正な選挙が「見込まれる」として、原告の請求を棄却した。


「憲法違反の選挙で選ばれた国会議員が改憲発議をしようとしている!!」~弁護士の升永英俊氏、久保利英明氏、伊藤真氏らが1票の格差は違憲だとし、衆院選の無効を求め289小選挙区一斉提訴! 2017.10.23

記事公開日:2017.10.24取材地: 動画

 2017年10月23日(月)15時より、東京都千代田区の東京・霞が関司法記者クラブにて、一票の格差問題を追及する弁護士の升永英俊氏、久保利英明氏、伊藤真氏らが出席し、衆院289小選挙区の1人1票裁判・提訴会見を行った。


政治的配慮!? 2016年参院選「一票の格差」3.08倍に「合憲」判決!過去5回の「違憲状態」判決を理由も示さず覆した最高裁に「法治国家の破壊、憲法98条違反」と原告弁護士らは猛批判! 2017.9.27

記事公開日:2017.9.30取材地: 動画

 2017年9月27日(水)13時20分頃より、1人1票裁判・最高裁大法廷判決前に行われる裁判所入りパレードと判決後の旗出しを収録。また、17時30分より東京・霞が関 司法記者クラブにて、最高裁大法廷判決後の記者会見が開かれた。


「ファシズムは身びいきの蔓延や腐敗から始まる」「ファシズムの兆候は全て戦争のきっかけであり、戦争の結果でもある」~伊藤真氏が基調講演!山城博治氏も発言!!――安保法制の憲法違反を訴える市民大集会 2017.9.28

記事公開日:2017.9.29取材地: 動画

 2017年9月28日(木)18時30分より東京都千代田区の日本教育会館にて、私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える 市民大集会が開催された。


「加計孝太郎と安倍晋三を詐欺容疑で告発します」~加計学園問題を追及している黒川敦彦氏らが集会――安倍やめろ!8・29緊急市民集会 2017.8.29

記事公開日:2017.8.31取材地: 動画

 2017年8月29日(火) 14時より東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、安倍やめろ!8・29緊急市民集会が行われた。


「私たちの息子に、自衛官に、憲法99条『憲法尊重擁護義務』違反の汚名を着せるな!」――安保法制違憲・差止請求事件、第一回口頭弁論報告集会 2016.9.29

記事公開日:2016.9.29取材地: 動画

 安全保障関連法は違憲だとして、市民らが安保法制にもとづく自衛隊出動の差し止めなどを求めた訴訟の第1回口頭弁論が2016年9月29日、東京地裁で行われ、その報告集会が参議員会館で開かれた。

 代理人弁護士の寺井一弘氏は、「人々は理解力は少ないが、忘却力は大きい」というヒトラーの言葉を紹介し、「忘却との闘い」が大事だと述べた。そのうえで、「安保法制に対する闘いも少しずつ薄くなってきているのを感じる」と警鐘を鳴らした。用意した傍聴用の記者席には、新聞記者が一社しか来ていなかったという。


安保法制違憲訴訟提起について 伊藤真講演会 2016.4.23

記事公開日:2016.4.23取材地: 動画

 2016年4月23日(土)18時より「安保法制違憲訴訟おかやま」が主催して弁護士・伊藤真氏講演会「安保法制違憲訴訟提起について」が岡山弁護士会館(岡山市北区)で開かれた。


安保法制違憲訴訟・決起集会 2016.4.20

記事公開日:2016.4.20取材地: 動画

 2016年4月20日(水)、東京都千代田区の参議院議員会館にて「安保法制違憲訴訟・決起集会」が行われた。


戦争法発動させない!戦争する国許さない!安倍内閣は退陣を!4・19議員会館前行動 2016.4.19

記事公開日:2016.4.19取材地: 動画

 2016年4月19日(火)、東京都千代田区にて、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会主催による、戦争法発動させない!戦争する国許さない!安倍内閣は退陣を!4・19議員会館前行動が行なわれた。


シンポジウム「安保関連法施行~私たちができること、しなければならないこと」 2016.3.22

記事公開日:2016.3.22取材地: 動画

 2016年3月22日(火)、東京都千代田区の弁護士会館にて、シンポジウム「安保関連法施行~私たちができること、しなければならないこと」が行なわれた。


第2弾!ママと議員の憲法カフェ@参議院議員会館 2016.3.8

記事公開日:2016.3.8取材地: 動画

 2016年年3月8日、東京都千代田区の参議院議員会館にて、講師に弁護士の伊藤真氏を招き、ママの会有志@関東(神奈川・千葉・東京・埼玉)が主催する「第2弾!ママと議員の憲法カフェ@参議院議員会館」が開かれた。


SEALDs RYUKYU SALON Vol.3「憲法・安保法制・辺野古」 ―講師 伊藤真・弁護士 2015.12.12

記事公開日:2015.12.12取材地: 動画

 2015年12月12日(土)12時半より、沖縄県那覇市・てんぶす那覇でSEALDs RYUKYU(シールズ琉球)による3回目のサロン「SALON Vol.3」が開かれた。法律家養成を行っている「伊藤塾」塾長の伊藤真・弁護士が「憲法・安保法制・辺野古」と題して講演した。


2014年衆院選は「違憲状態」――「変えなければ」と思わない日本は「独裁国家だ」! 11月25日最大判、「1人1票」求め升永英俊弁護士らが記者会見 2015.11.25

記事公開日:2015.11.27取材地: テキスト動画

※11月27日テキストを追加しました!

 「今の民主的政治過程の中の『歪み』は重大と言わざるを得ない」――。

 「1人の投票価値が、0.5票以下しかない」状態のもと行われた2014年12月14日の衆院選の「無効」を訴えた、「1人1票裁判」の判決が2015年11月25日、最高裁大法廷で言い渡された。

 判決は、「違憲状態だが、選挙無効請求は棄却」という、2年前に出された判決と同じものだった。しかし、裁判官の中には上記のように、今の日本の政治状況に対する「苦言」を述べるものもあった。


「中国・北朝鮮への備えは現体制で十分」 ~小林節氏、国民の不安につけ込む安倍政権の妄想を指弾「日本は米国に毅然と対応すればいい」 2015.8.1

記事公開日:2015.8.7取材地: テキスト動画

※8月7日テキストを追加しました!

 台頭する中国は大きな脅威、核兵器を保有する北朝鮮には暴発の恐れがある──。安倍晋三首相が、集団的自衛権の行使を核にした、新たな安保法制の整備を急ぐ理由として挙げるこれらの緊張は、明らかに過剰に見積もられているとの議論が、憲法学者で慶応大学名誉教授の小林節氏によってなされた。

 2015年8月1日、新潟市で行われた市民勉強会「安保法制に反対する緊急市民集会 ~安保法案にダメ出し食らわす!~」。伊藤真弁護士と対談した小林氏は、自衛隊による専守防衛体制と日米安全保障条約を車の両輪とした現行の防衛体制で、中国・北朝鮮の脅威は十分封じ込められると力説。にもかかわらず、米国の要請に従って、自衛隊を米軍の下部組織にしてしまえば、日本国内および渡航中の日本人は国際テロ集団に狙われやすくなる、と警鐘を鳴らした。


樋口陽一氏、集団的自衛権は「国会審議への侮辱」「判例への侮辱」「歴史への侮辱」――国民安保法制懇が戦争法案の廃案を求めて緊急記者会見 2015.7.13

記事公開日:2015.7.14取材地: テキスト動画

※7月14日テキストを追加しました!

 集団的自衛権の行使を可能とし、日本を「戦争ができる国」へと変質させる安保法案、いわゆる「戦争法案」の衆院強行採決が迫っている。2015年7月13日、憲法学者らや安全保障の専門家らで構成される「国民安保法制懇」が緊急記者会見を開いた。

 国民安保法制懇は声明を発表し、「集団的自衛権の行使は従来の憲法解釈と論理的に整合しない。自国防衛のための個別的自衛権と他国防衛の集団的自衛権は本質的に違う」と指摘。さらに「9条の限界のもとに日本の国防はなければならない」「法的安定性に欠け、明確な限定が存在しない。時の政権が行使しようとすれば歯止めがない」などと批判し、戦争法案を廃案にするよう強く求めた。


安保法案 東京大学人緊急抗議集会 2015.7.10

記事公開日:2015.7.10取材地: 動画

 2015年7月10日(金)、高橋哲哉氏、佐藤学氏、伊藤真氏らを講師に迎え、東京都目黒区の東京大学駒場キャンパスで、安保法案 東京大学人緊急抗議集会が開催された。


「戦争法案」を葬ろう 7・2院内集会~「言論・表現の自由」に無理解な政権の危うさ 2015.7.2

記事公開日:2015.7.2取材地: 動画

 2015年7月2日(木)、参議院議員会館で、「戦争法案」を葬ろう 7・2院内集会「『言論・表現の自由』に無理解な政権の危うさ」が開催された。


「集団的自衛権行使容認」&「特定秘密保護法」反対!兵庫大集会・パレード 2015.6.21

記事公開日:2015.6.21取材地: 動画

 2015年6月21日(日)14時より、神戸市中央区の東遊園地公園で兵庫県弁護士会主催の「『集団的自衛権行使容認』&『特定秘密保護法』反対!兵庫大集会・パレード」が行われた。主催者発表で9000人が参加した。


安保関連法案「反対」で孤軍奮闘する村上誠一郎議員、自民党執行部の問題を告白、報じないマスコミの姿勢も批判 2015.6.10

記事公開日:2015.6.11取材地: テキスト動画

特集 集団的自衛権|特集 憲法改正
※6月11日テキストを追加しました!

 今国会で審議中の安保関連法案についての院内勉強会が2015年6月10日(水)、衆議院議員会館で開かれた。主催したのは日本弁護士連合会で、前日弁連会長の山岸憲司氏と大学時代の同級生だったという自民党・村上誠一郎衆議院議員も参加した。村上氏が、紹介され挨拶を行うと、「自民党頼むぞー」などの声援が飛び、拍手で迎えられた。