インターネット規制も織り込むTPP秘密交渉の実態 ~山田正彦 元農水大臣・参議院選挙出馬表明および苫米地英人「反TPP本」出版発表 共同記者会見 2013.7.1

記事公開日:2013.7.1 テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根/奥松)

特集 TPP問題

 2013年7月1日(月)11時より、東京都港区のANAインターコンチネンタルホテルで「山田正彦 元農水大臣・参議院選挙出馬表明および苫米地英人『反TPP本』出版発表会見」が行われた。山田正彦氏はTPPについて、カトラー米国通商代表部代表補が「聖域はありえない」と発言したことを明かし、「今回のTPP交渉会合では、遺伝子組換え食品の表示、原産地表示の禁止が決められ、次回はインターネットの報道規制を話し合う。参院選では、まったくTPPが争点になっていない。この実態を全国民に知ってもらいたい」と、出馬の決意を述べた。

■ハイライト

 最初に、山田正彦氏が「今、国民の間では『TPPは農業と経済の問題で、輸出も増え、雇用も増え、安いものが入ってきて生活が楽になる』と信じられている。アメリカのクリントン前大統領は、NAFTA(北米自由貿易協定。1992年締結)を結ぶ時、同じように話して、アメリカ国民の6割が賛成した。しかし、今、78%のアメリカ国民がTPPに反対している。なぜなら、NAFTAを経験し、農産物では800万トンのトウモロコシが遺伝子組換え作物に変わり、500万人の雇用が失われ、給料もどんどん下がり、4万2000の工場が海外に流出、25%の工業が空洞化してしまったからだ」と話した。

 山田氏は「食の安全、医療制度など、いろいろな制度がアメリカ式に変わる。日本が、アメリカの属州になるに等しい。日本の将来、子どもたちの未来を思って、命を落としてでも、TPP参加を、交渉そのものを阻止する。今回、みどりの風から出馬し、全国を回ってTPPの問題を訴えていきたい」と力を込めた。

 次に、著書『TPPが民主主義を破壊する!』(サイゾー刊)が発売される苫米地英人氏が、「今日は出版発表というより、山田候補の応援の意味で同席した」と述べ、独自に入手したTPPの原文資料を掲げて見せた。「ここには、TPP条約の20項目の原型条項が書かれている。これは一字一句変えてはならないものだ。そのあとに数項目が、参加各国によって付け加えられた。TPPでは、限られた交渉官と選ばれた民間人だけが密室で協議し、その内容には4年間の守秘義務が生じる。この条文は、その4年間がすでに経過したもので、ある国の担当官が公表した」。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「インターネット規制も織り込むTPP秘密交渉の実態 ~山田正彦 元農水大臣・参議院選挙出馬表明および苫米地英人「反TPP本」出版発表 共同記者会見」への1件のフィードバック

  1. 梶岡建幸 より:

    今日の苫米地博士は控え目。世界は世銀の思いのままぁ~。苫米地ワールドへようこそ。「サイゾー」のオーナー、リベートの達人、俗称とんでも学者の博識を堪能してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です