岩上安身によるインタビュー 第114回 ゲスト 南相馬市・桜井市長 2011.4.19

記事公開日:2011.4.19取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年4月19日 現地の記者、小林富久壽氏、チェルノブイリ救援・中部のメンバーが、南相馬桜井市長、秘書課星氏にインタビューを行った。桜井市長は、南相馬の被害が甚大なことに対して、国からの義捐金は少額であるとし、自治体職員は部署によって業務が複雑化し職員に負担がかかっている。後方支援、マスコミの在り方に疑問を呈した。

 現場へ向かうため桜井市長は退室。変わって、星氏から、市民の不安は職員に向けられ対応を迫られる職員も被災者であり疲れはピークであると訴えた。

 市民の半分は非難し、30km圏内のため、物流が不足し避難所の運営ができなくなり、急きょ、周りの自治体へ受け入れを要請し移動した。高齢者が多く残っているため、コミュニティが機能しないため、マンパワーが必要だと訴えた。

 チェルノブイリ救援中部のメンバーは、きめ細やかなモニタリングを基に仮設住宅造りは可能であるとしたうえで除染のアドバイスを行い、メンバーの連絡先を知らせ今後に繋げようと話し合った。

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です