「訴訟に係ることなので、詳細は差し控えさせていただきます」!? 発言拒否を繰り返す規制庁法務担当者に、原告ら唖然!~12.22大飯3・4号炉の設置許可取消判決についての院内集会、政府交渉、記者会見 2020.12.22

記事公開日:2020.12.24取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材、文・渡会裕)

 2020年12月22日、東京千代田区の参議院議員会館で、12月4日に大阪地裁で行われた、大飯原発3・4号機の再稼働差し止めを求めた行政訴訟の判決について、「おおい原発止めよう裁判の会」など行政訴訟の原告らと、原子力規制庁の担当者らとが、交渉のテーブルに着いた。

 大阪地裁は、被告の国に対して、3・4号機の認可を取り消す判決を言い渡している。

 冒頭、原告が判決に従って大飯3・4号機の設置許可を取り消し、控訴を断念することなどを求めた要望書を原子力規制庁の担当者に手渡した。

 交渉の冒頭、原子力規制庁の法務部門担当者の柴田延昭氏は、渡された要望書の3項目すべてを否定し、大阪高等裁判所に控訴したことを表明した。


※ハイライトは準備が整い次第、アップします。しばらくお待ちください。現在、会員様のみ全編動画をご視聴できます(2時間53分)。IWJ存続のためにもぜひ会員登録でご覧下さい。→ご登録はこちら

  • 日時 2020年12月22日(火)13:00~15:00
  • 場所 参議院議員会館101会議室(東京都千代田区)
  • 詳細 原子力規制を監視する市民の会 ブログ内告知
  • 主催 おおい原発止めよう裁判の会、原子力規制を監視する市民の会
  • 協力 国際環境NGO FoE Japan

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です