京都脱原発原告団(大飯原発差止訴訟)第4回原告団総会 ―記念講演 井戸謙一・弁護士 2016.7.24

記事公開日:2016.7.24取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年7月24日(日)13時半より、京都府立総合社会福祉会館ハートピア京都(京都市中京区)で京都脱原発原告団(大飯原発差止訴訟)の第4回原告団総会が開かれた。大津地裁で関西電力高浜原発3・4号機運転差止仮処分を勝ち取った福井原発訴訟(滋賀)弁護団長の井戸謙一弁護士が招かれ、「脱原発訴訟の現状と展望」と題して記念講演を行った。

■ハイライト

  • 主催挨拶 竹本修三氏(京都脱原発訴訟原告団長、京都大学名誉教授)/出口治男氏(京都脱原発弁護団長、弁護士)
  • 記念講演 井戸謙一氏(弁護士、福井原発訴訟(滋賀)弁護団長)「脱原発訴訟の現状と展望」
  • (※著作権の都合により山中直美氏による朗読『チェルノブイリの祈り 未来の物語』は録画に含まれません)
  • 報告 弁護団から 渡辺輝人氏(弁護士、京都脱原発弁護団事務局長)「大飯原発差止訴訟の経過と今後の方向」/原告団世話人から 吉田明生氏(京都脱原発原告団事務局長)「原告団世話人からの報告と訴え」
  • 総会決議文提案・採択
  • タイトル 京都脱原発原告団(大飯原発差止訴訟)第4回原告団総会
  • 日時 2016年7月24日(日)13:30〜16:40
  • 場所 京都府立総合社会福祉会館ハートピア京都(京都市中京区)
  • 主催 京都脱原発訴訟原告団

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入より御覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です