自粛で激減する収入!申請しても遅れる給付!「本当に絶望してここに来た」と吐露するデモ参加者!もうこれ以上待てない!~5.24 第4回「要請“した”なら補償しろ!」デモ(秋葉原駅周辺) 2020.5.24

記事公開日:2020.5.27取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:塩澤由子)

 秋葉原駅前ではデモ参加者が横断幕やプラカードを着々と準備していた。

 5月24日日曜日、第4回「要請“した”なら補償しろ!」デモが開催され、上野公園まで約3.3キロを70人近くが行進した。

 行進前のアピールでは、参加者がそれぞれの思いを訴える。その中に、一際か細い声で演説をする参加者がいた。飲食店を個人経営しているこのデモ参加者は、2月から収入が激減し、4月、5月はゼロに達したと話す。

 この参加者は「家賃を払うだけでも精一杯で、もうすぐ潰れちゃうんだろうな、という感じです」と吐露し、悲嘆に暮れた。

 東京都の協力金や持続化給付金に申請したものの、10万円の給付金を含め、いまだに給付されておらず、店を閉めなければならない絶望とともに早急の給付を訴えた。

■ハイライト

  • デモコース 秋葉原駅西側交通広場 → 秋葉原駅周回 → 中央通り → 御徒町・仲御徒町 → 上野公園不忍池
  • タイトル 第4回「要請“した”なら補償しろ!」デモ(秋葉原駅周辺)
  • 日時 2020年5月24日(日)14:30〜
  • 集合場所 秋葉原駅電気街口(西側交通広場)(東京都千代田区)
  • 呼びかけ 要請したなら補償しろ!デモ詳細、Twitter)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です