農水省は鹿児島県のトウモロコシ害虫被害を把握していない!? 日本政府はトランプ大統領の合意発言を「購入の期待感の表明」と認識~9.18日米貿易協定密約問題 野党合同ヒアリング 日米貿易協定交渉について 2019.9.18

記事公開日:2019.9.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年9月18日(水)13時より東京都千代田区の衆議院本館にて、日米貿易協定密約問題 野党合同ヒアリングが開かれ、日米貿易協定交渉について、内閣府、外務省、農林水産省、経済産業省より聞き取りを行った。

■ハイライト

  • 日時 2019年9月18日(水)13:00~
  • 場所 衆議院本館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「農水省は鹿児島県のトウモロコシ害虫被害を把握していない!? 日本政府はトランプ大統領の合意発言を「購入の期待感の表明」と認識~9.18日米貿易協定密約問題 野党合同ヒアリング 日米貿易協定交渉について」への1件のフィードバック

  1. サポート会員NO.6134 より:

    神奈川県のサポート会員です。
    毎回、野党合同ヒヤリングで、私たち国民の代表である野党の国会議員の質問に対しての
    官僚の誠意のない回答を聴いて口では言いよう腹立たしさを感じます。
    公僕である官僚が私たち国民にでなく人事権を行使する安倍政権にたいして忖度をして真実を話さない事実。こうまでして自分の今の地位を守りたいのかと同情すら覚えます。役所に入省したての時は国民のために働くのだと、大志を抱いていたと思うのですが、その末路がこれなのかと残念でなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です