「こどもを守り未来を開く」と訴えて参院選を戦ったれいわ新選組比例候補は、近現代史に精通し、社会生態学者でもある経済学・経済史の専門家!~岩上安身によるインタビュー 第949回 ゲスト 東京大学東洋文化研究所 安冨歩教授 2019.8.9

記事公開日:2019.8.9取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 れいわ新選組
※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます!一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限りご覧いただけます。→ご登録はこちらから

 2019年8月9日(金)11時半より、東京都港区のIWJ事務所にて、れいわ新選組から比例区で参院選に出馬した東京大学東洋文化研究所教授の安冨歩氏に岩上安身がインタビューを行った。選挙をふり返りながら、れいわ新選組の政策やメディアの報道姿勢、MMTなどについて話をうかがった。

■ハイライト

  • タイトル 岩上安身による東京大学教授、れいわ新選組 安冨歩氏インタビュー
  • 日時 2019年8月9日(金)11:30〜13:00
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事

「「こどもを守り未来を開く」と訴えて参院選を戦ったれいわ新選組比例候補は、近現代史に精通し、社会生態学者でもある経済学・経済史の専門家!~岩上安身によるインタビュー 第949回 ゲスト 東京大学東洋文化研究所 安冨歩教授」への3件のフィードバック

  1. やぐるま より:

    以前のインタビューに比し、ゲストを遮って岩上さんの喋る時間が長くなっているように感じます。

  2. 田村和士 より:

    岩上さん、あなた喋りすぎですね〜

  3. 志田 匠 より:

    希少性の原理とエントロピー第2法則が相反するのは、単におカネの回転・循環が
    正しく行われてないから・買いたくとも変えないからでは?

    そのあたりの重要な話が出てくるのが、やっと最後の20分くらいからなので、
    それまでがの道のりが長いこと長いこと・・・ 

    それと安冨氏の学説の解説なのか・れいわの一員としてどんなポジションで
    活動していかれるのかの展望・決意表明なのか、本題がボケ過ぎているようにも思えます。

    やぱり事前打ち合わせした上でインタビューに臨んでいただかないと、
    見た後のガッカリ感が半端じゃないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です