【特別寄稿】北海道知事選・作られた虚像「年収250万円の共稼ぎ貧乏市長物語」を演じる鈴木直道候補! 実収入は3倍の720万円! 一戸建ての自宅を所有!小泉進次郎氏が巧みなすり替え論法で応援演説! 2019.4.5

記事公開日:2019.4.5 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:フリージャーナリスト横田一)

 統一地方選挙唯一の与野党激突となった「北海道知事選(4月7日投開票)」は、先行する前夕張市長の鈴木直道候補(自民・公明・新党大地推薦)を元衆院議員の石川知裕候補(立民・国民・社民・共産・自由推薦)が追い上げる展開だが、「中央 対 地方」という様相を呈していた。

 官邸主導で与党系候補となった「菅(官房長官)チルドレン」と呼ぶのがぴったりの鈴木氏の選挙参謀は、『洗脳選挙――選んだつもりが、選ばされていた!』の著者で、菅官房長官の懐刀として知られる選挙プランナーの三浦博史氏。去年6月の新潟県知事選でも9月の沖縄県知事選でも現場に張り付いていたが、得意技の争点隠し選挙を、今回の北海道知事選でも実践し、鈴木氏が国策追随型の「官邸傀儡候補」である実態を覆い隠す選挙参謀役を果たしていたように見える。

▲三浦博史氏(写真中央、横田一氏提供)

▲『洗脳選挙――選んだつもりが、選ばされていた!』(光文社)

▲鈴木直道候補の応援演説をする小泉進次郎氏(2019年3月23日、横田一氏提供)

 2月の寄稿記事で紹介した鈴木氏の公明党時局講演会での苦労話中心の講演で、知事選三大争点(カジノを含むIR誘致・JR北海道の鉄道存続・泊原発再稼動)に触れなかったのも、三浦氏の指南と考えると合点がいくし、告示2日後の3月23日に札幌で応援演説をした自民党の小泉進次郎・厚生労働部会長も、国策三大争点について全く語らなかったこととも辻褄が合う。

 沖縄県知事選で3回も応援演説に駆けつけながらも、辺野古の「へ」の字さえ一度も口にしないのと同様の光景が、北海道でも繰返されたのだ。

記事目次

  • 小泉進次郎氏が語った「鈴木氏への三つの批判」は巧みなすり替え!?
  • 「鈴木市長物語」の山場は知事選出馬時の妻との会話――三浦氏の脚本と演技指導に見事に応える
  • 「財政再建をした年収250万円の共稼ぎ貧乏市長生活」も演出!? 実際の年収は3倍弱の720万円!! マスメディアは貧乏生活の捏造をたれ流しのまま裏付け取材も訂正もなし!!
  • シングルマザーの母に育てられたと講演で強調していたが、母は元議員で実業家と再婚! 貧乏といいながら敷地面積870平米に一戸建ての自宅も所有!

小泉進次郎氏が語った「鈴木氏への三つの批判」は巧みなすり替え!?

 市中心街の三越前で小泉氏は「鈴木氏と誕生日が1ヶ月違い」と切り出し、「鈴木さんに浴びせられている三つの批判に対して反論に来ました」と本題に入った。

 一つ目は「若いから経験不足」という批判で、こんな反論をした。

 「鈴木直道さんは日本で唯一の財政再建団体の夕張の舵取りをしたのです。日本全国で自治体の首長は1700人いるが、その中でその経験をしたことがある人は鈴木さん以外にいない。『若いから経験がない』と私もよく言われます。経験がないから邪魔することっていっぱいある。(しかし)成功体験があるから中々それにこだわって前に進めない人はいっぱいいるじゃないですか。だから『経験不足だから』という批判は全く当たらない」

 二つ目の北海道出身ではないとの批判への反論は以下の通りだ。

 「世界を見て、日本全体を見て、北海道を外から見るから、初めて北海道のいいところ、北海道が変わらないといけないところがわかるのは、北海道出身ではないからわかることがある」

 「北海道出身者ではないところで、自分なりの考え方を北海道のために使って、そして北海道出身の人達にしかわからないことは、そういう皆さんが鈴木さんを支えればいいじゃないですか。そういう北海道作りが必ず私は出来ると思っています」

 「これまで見たこともない北海道ができると信じています」

 そして三つ目の批判は「若いくせに夜、お酒を飲むときに酒をついで回らない」というもので、小泉氏はこう切り返した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です