「外国人労働者を使い捨てにさせてはならない」移住連代表理事・鳥井一平氏 ~ 3.29入管法改定で奴隷労働構造は変わるのか~2019年4月1日よりスタートの「新たな外国人労働者受入れ制度」に向けての声明を発表 2019.3.29

記事公開日:2019.7.28取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年3月29日(金)13時より、東京都千代田区の厚生労働省にて、移住者と連帯する全国ネットワーク、外国人技能実習生問題弁護士連絡会による記者会見が開かれた。2019年4月1日から新たに始まる外国人労働者受け入れ制度に向けた声明発表と失踪技能実習生に係る聴取票に関する法務省調査についてコメントを発表した。

■全編動画

  • 会見者 鳥井一平氏(移住者と連帯する全国ネットワーク代表理事)/鈴木江理子氏(移住者と連帯する全国ネットワーク副代表理事、国士舘大学教授)/指宿昭一氏(外国人技能実習生問題弁護士連絡会共同代表、弁護士)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です