「友愛政治研究会」主催の公開シンポジウムで鳩山由紀夫元総理、川内博史衆院議員らが登壇 「この国が大日本主義にまた陥りかけているのではないか」~公開シンポジウム「脱 大日本主義のすゝめ」で 2019.2.16

記事公開日:2019.4.6取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年2月16日(土)18時半より、東京都文京区の文京区区民センターにて友愛政治研究会の主催による公開シンポジウム「脱 大日本主義のすゝめ」が行われた。開会挨拶に鳩山由紀夫氏(東アジア共同体研究所所長、元内閣総理大臣)、個別報告には川内博史氏(衆議院議員、立憲民主党)、植草一秀氏(政治経済学者)、纐纈厚氏(明治大学教授、前山口大学副学長)が登壇した。

■ハイライト

  • 司会 木村朗氏(鹿児島大学教授)
  • 開会挨拶 鳩山由紀夫氏(東アジア共同体研究所所長、元内閣総理大臣)「いまなぜ脱大日本主義なのか」
  • 個別報告 川内博史氏(衆議院議員、立憲民主党)「日本の主権を取り戻す」/植草一秀氏(政治経済学者)「『シェアノミクス』政策連合による市民政権樹立の方策」/纐纈厚氏(明治大学教授、前山口大学副学長)
  • 質疑応答
  • 閉会挨拶 藤田高景氏(村山首相談話を継承し発展させる会理事長)
  • タイトル 公開シンポジウム「脱 大日本主義のすゝめ」〜主催 友愛政治研究会、後援 村山首相談話を継承し発展させる会
  • 日時 2019年2月16日(土)18:30〜21:20
  • 場所 文京区区民センター(東京都文京区)
  • 主催 友愛政治研究会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です