「米国に好意的な考えの官僚が出世するシステムができている」~鳩山友紀夫元首相が言及「総理が普天間基地県外移設を要望しても、米国の意志に背きたくないという発想が官僚にあったのでは」 2017.10.26

記事公開日:2017.10.26取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年10月26日(木)12時30分より東京都千代田区の日本外国特派員協会にて、同協会主催による 「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」鳩山友紀夫氏、松島泰勝氏、木村朗氏 記者会見が行われた。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「「米国に好意的な考えの官僚が出世するシステムができている」~鳩山友紀夫元首相が言及「総理が普天間基地県外移設を要望しても、米国の意志に背きたくないという発想が官僚にあったのでは」」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    鳩山友紀夫元首相が言及「総理が普天間基地県外移設を要望しても、米国の意志に背きたくないという発想が官僚にあったのでは」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/403578 … @iwakamiyasumi
    自主独立を放棄した植民地政府。この国の中枢には奴隷の思想が蔓延してるということだ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/923873624871682048

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です