「ちょっと踏み込んでいいですか」自由党・森裕子幹事長が「野党共闘」による一本化の議論へ踏み出すことを提案!5野党1会派の幹事長・書記局長が一堂に会した~11.28市民連合シンポジウム「安倍政権にかわる新しい選択肢」 2018.11.28

記事公開日:2018.12.3取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 阿部洋地)

 2018年11月28日(水)東京都北区の北とぴあで市民連合シンポジウム「安倍政権にかわる新しい選択肢」が行われた。

 法政大学教授・山口二郎氏らのコーディネーターのもと、福山哲郎幹事長(立憲民主党)、平野博文幹事長(国民民主党)、小池晃書記局長(日本共産党)、吉川元幹事長(社会民主党)、森裕子幹事長(自由党)、大串博志幹事長(無所属の会)が登壇し、「野党は臨時国会にどう向き合うのか」と「野党と市民で参院選をどう闘うのか」をテーマに議論を交わした。

 シンポジウム後半、来年の夏に迫った参院選の32の1人区での野党共闘について自由党の森裕子議員が「ちょっと踏み込んでいいですか」と述べ、以下のように語った。

 「今、幹事長が集まっている。今日を機会に野党の候補の1本化、あるいはどういう風に闘っていくのか、もっと具体的に話を進めなければ間に合わなくなってくる。野党第1党(立憲民主党)が中心になってリーダーシップを発揮してほしい。(各野党は)そういう準備ができていると思う。ぜひ今日を機会に前に進めていきたい」

 立憲民主党の福山哲郎議員は「1本化を進めることは、立憲民主党は去年の冬からずっと言っている」述べ、以下のように語る。

 「政党間の調整は、(各政党は)それぞれ候補者を抱えているのだから、抱えている候補者を降ろすというと、その人(候補者)もいろいろな事情があり、(候補者から)降ろすにも、降ろすだけの説得の材料もいる。それぞれの政党の候補者がいればいるほど、時間がかかる。だからこそ、年も明けていない11月からこういう話ができていること自体が重要だと思っている」

 コーディネーターの山口二郎氏は「2016年(の参院選)と比べれば、みんな同じ方向を向いていることは大きな変化、前進だと思う」と述べた。

 さらに福山議員は「(1人区は)去年の冬から1本化をするべきだと言っている。その努力は野党第1党として惜しむつもりない」と念を押した。

 日本共産党の小池晃議員は「今日、こうやって各党の幹事長が並んで、それぞれが1人区は1本化ということを、これだけの皆さんが(会場に)いて、ネットで中継している中で(1人区は1本化ということを)言った、と。それはすごく大きいことだと思う。今までそれぞれがいろいろな場で表明はしていたが、こういった(幹事長が揃っている)かたちで、1人区1本化といったのは初めてなわけですから。ここからスタートして、急いで具体化していかなければ」と語った。

■ハイライト

  • 登壇者:立憲民主党 福山哲郎幹事長、国民民主党 平野博文幹事長、 日本共産党 小池晃書記局長、社会民主党 吉川元幹事長、自由党 森裕子幹事長、無所属の会 大串博志幹事長
  • コーディネーター:山口二郎法政大学教授(立憲デモクラシーの会)
  • 日時 2018年11月28日(水)19:00~21:00
  • 場所 北とぴあ(東京都北区)
  • 主催 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(詳細)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「「ちょっと踏み込んでいいですか」自由党・森裕子幹事長が「野党共闘」による一本化の議論へ踏み出すことを提案!5野党1会派の幹事長・書記局長が一堂に会した~11.28市民連合シンポジウム「安倍政権にかわる新しい選択肢」」への1件のフィードバック

  1. 桐生坦々 より:

    福山議員「(1人区は)去年の冬から1本化をするべきだと言っている。その努力は野党第1党として惜しむつもりない」…

    ↑…何をフンゾリ返ってモノ申しているか?! と思うね。

    去年の冬から…ベキだと言っている。

    だったら、
    去年の冬から、他の野党に向けて「1本化の話合い(協議)しましょう」と、
    具体的に”汗かいて動いた”か?! 動いた形跡は有るのか?!
    ソレから1年過ぎた”アベの私物化・独裁化”は、何も変化無かったか?!

    よくもまぁ、
    無かったと同然の事を、マルデ、有ったぞと口先では言うもんだ。

    去年から1年経過した。
    総裁選3選を果たしたアベは、その”政治”は、破綻の度を深め、それを知る人は増えているハズでは無いか?!

    今、野党議員に、入管法問題で”写経共闘”を余儀なくさせる姿が示すように、
    「窮鼠猫を嚙む」ように映るほど、
    議会政治破壊、”独裁化”を完結に至るまで加速・ギァアップを
    狂ったようにヤッている状況。
    そして
    とうとう憲法審を開き、空回しし始め、
    “野党”の一角からは、「憲法審」に加わるよ、とメッセージを発する党が出て来る始末。
    与党・公明党が、イツモのアレなのか、本気なのか、「ソレはチョットねー」と申しているとの報が有る時に、
    そんな”野党”・[立憲]?野党が、”導入剤”の注射をしますから、の如くの発言。

    アベを倒す、選挙で勝つ気は、ホントにホントなの?
    いつ”一本化”の協議に入るツモリナンだろ?

    「去年の冬から…ベキだと言ってた」野党第1党 殿下!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です