シンポジウム 平和をめざして生きる ―私と戦争― 講演 布施祐仁氏(ジャーナリスト)、柳澤協二氏(元防衛官僚)、寺西名子氏(広島大学院生・京都女子大学法学部卒業生) 2017.12.2

記事公開日:2017.12.8取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月2日(土)13時半より京都市東山区の京都女子大学にて、シンポジウム 平和をめざして生きる ―私と戦争― が行われ、布施祐仁氏(ジャーナリスト)、柳澤協二氏(元防衛官僚)、寺西名子氏(広島大学院生・京都女子大学法学部卒業生)らが講演をした。

■ハイライト

  • 趣旨説明 黒田義道氏(京都女子大学発達教育学部准教授)
  • 講演 寺西名子氏(広島大学大学院生、京都女子大学卒業生)「生活者と戦争―シエラレオネを訪れて―」
  • 講演 布施祐仁氏(ジャーナリスト)「ジャーナリズムと戦争―安保関連法と報道の役割―」
  • 講演 柳澤協二氏(元内閣官房副長官補、元防衛官僚)「政治と戦争―政策はどうあるべきか―」
  • (※このあと行われたパネルディスカッションは録画に含まれません)
  • タイトル シンポジウム 平和をめざして生きる ―私と戦争―
  • 日時 2017年12月2日(土)13:30〜15:40
  • 場所 京都女子大学(京都市東山区)
  • 主催 京都女子大学 宗教・文化研究所
  • 告知 京都女子大学法学部サイト (PDF)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です