片山さつき地方創生相の国税庁への口利き疑惑について野党が10.19合同ヒアリングを開催~片山事務所側からの問い合わせの有無について国税庁「個別の事柄についてはお答えを差し控えさせていただいている」と無回答 2018.10.19

記事公開日:2018.10.20取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 須原拓磨)

 第4次安倍改造内閣で、唯一の女性閣僚である自民党・片山さつき地方創生相に疑惑の目が向けられている。

 10月18日に発売した週刊文春は、片山議員が国税庁へ口利きをした疑いについて報道。会社経営者が青色申告を取り消されないよう、片山議員の秘書に依頼し、片山議員が国税庁へ電話をかけたことなどが報じられている。

 これをうけて10月19日、衆議院で「あっせん利得『口利き』野党合同ヒアリング ―内容:片山さつき大臣の口利き問題について、法務省と国税庁よりヒアリング」が行われた。

 国民民主・山井和則衆院議員が、この件について、片山議員、片山議員の秘書、あるいは片山議員事務所側から問い合わせがあったのかどうかについて国税庁へ質問。国税庁は、「私ども税務行政は、納税者の信頼と協力を得て、かつ公正に行うという観点でありますので、そういった個別の事柄については、従来からお答えを差し控えさせていただいているということで、そこはまずあのご理解をいただきたいと思います」と回答し、「ご指摘いただいた記事の内容につきましても、それは事実関係等ということになりますので、その点につきましても、お答えすることはできないということはご理解をいただきたいと思います」と、今回の疑惑についての言及を避けた。

■ハイライト

  • 内容 片山さつき大臣の口利き問題について、あっせん利得処罰法を所管する法務省と、口利きの有無に関して国税庁よりヒアリング
  • タイトル あっせん利得「口利き」野党合同ヒアリング ―内容:片山さつき大臣の口利き問題について、法務省と国税庁よりヒアリング
  • 日時 2018年10月19日(金)14:45〜
  • 場所 衆議院(東京都千代田区

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です