石田紀郎先生『現場とつながる学者人生』新著出版記念講演会 〜テーマ「生活者の視点で公害の現地に」(京都市) 2018.8.12

記事公開日:2018.8.12取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 長年公害・環境問題と関わってきた元京都大学教授でNPO法人市民環境研究所代表の石田紀郎氏が、その半生を綴った『現場とつながる学者人生〜市民環境運動と共に半世紀』(藤原書店)を出版したことを記念し、2018年8月12日(日)14時より石田氏の講演会「生活者の視点で公害の現地に」がコープイン京都(京都市中京区)で開かれた。

■Twitcasting録画
・1/2(14:00〜 2時間1分)

2分〜 川那部氏/13分〜 石田氏講演/1時間58分〜 花束贈呈

・2/2(16:10〜 22分間)質疑応答

  • 講師紹介 川那部浩哉氏(京都大学名誉教授)
  • 講演 石田紀郎氏(元京都大学教授、市民環境研究所代表)「生活者の視点で公害の現地に」

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です