【西日本豪雨取材報告】<プロパガンダの現場から2>安倍総理への取材を試みようとすると、官邸職員が「我々の許可を取っていない!」として、IWJを取材から締め出しに!国民全体の奉仕者であるはずの国家公務員が、まるで安倍総理を守る親衛隊!? 2018.7.13

記事公開日:2018.7.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:川上正晃)

 安倍晋三総理や中村時広愛媛県知事らは2018年7月13日、西日本豪雨による愛媛県内の被災地を訪れた後、同県宇和島市役所で意見交換会をおこなった。

 自民党議員が「赤坂自民亭」と称して宴会を開いていた7月5日夜には、西日本豪雨の深刻さはすでに明らかだった。IWJ記者は13日、政府・与党の災害そっちのけで酒盛りに興じる姿勢について安倍総理に問いただすため、宇和島市役所にて安倍総理への直接取材を試みた。

■ハイライト

  • 日時 2018年7月13日(金)15:38~
  • 場所 宇和島市役所(愛媛県宇和島市)

 IWJ記者が「意見交換会の取材をしたい」と市の職員に伝えたところ、すんなりと市庁舎の一室に案内された。しかし、しばらくすると突然内閣府の職員がやって来て、「官邸記者クラブ以外のメディアは声かけ(安倍総理への質問)はできない。撮影だけならいい」と告げて来た。

 納得のいかない話だが、せめて意見交換会の中継だけでもするために、安倍総理が市役所に到着するまで現場で待ち構えていた。

 「安倍総理がそろそろ市役所に到着する」と現場でささやかれ、慌ただしくなり始めた頃、今度は首相官邸の職員がIWJ記者のもとへ。そして、何のあいさつも社交辞令の言葉もなく、いきなり「(取材について)誰の許可をもらったのか」と、やや高圧的な態度で問いかけてきた。

 IWJ記者が「内閣府の職員の話とは違う」と反論するも、官邸職員は「我々の許可を取っていない」として、まともな説明をしようともせず、こちらをにらみつける始末だった。結局、取材からは締め出される結果となったが、官邸が安倍総理を何としてでも守ろうとする姿勢が、はっきりと見える一幕だったといえるだろう。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です