【特別寄稿】ニセ県民党ではないのか!? 新潟県知事選で、二階俊博自民党幹事長のシナリオに沿って事前調整したとされる県民有志が、花角英世海上保安庁次長に出馬要請の舞台裏!!(ジャーナリスト・横田一) 2018.5.12

記事公開日:2018.5.12 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:横田一)

 2018年5月24日告示、6月10日投開票の新潟県知事選は、「政党色を薄めた与党系候補擁立」という「二階シナリオ」に沿った展開となっている。5月9日には、与党側で事前調整をしたとされる県民有志8人が上京、花角(はなずみ)英世・海上保安庁次長に出馬要請をしたのだ。

 「二階俊博幹事長の運輸大臣時代の秘書官だった花角氏は、早い段階から与党系本命候補でした。ただ二階氏が直に要請すると、自民党色がつくので急遽、市民団体『新しい新潟を考える会』を設立して自公県議や各種団体が参加、そこから『花角待望論』を発信して『地元の要請を受けて出馬をした』という形にすることを狙ったようです。

 実際、米山隆一知事辞任表明の2日後に二階氏は塚田一郎県連会長(参院議員)と自民党本部で面談、『政党色のない候補擁立』の方針を決めています。9日に出馬要請をした県民有志も与党側が事前にすりあわせて選ばれたといわれていますが、『二階氏が設定した舞台の上で役者たちが“花角氏擁立劇”を演じている』と見られても仕方がないでしょう」(永田町ウォッチャー)。

 この新潟県知事選をめぐる与党側の対応を「花角氏擁立」を結末とした「二階シナリオ」にもとづく政治ショーととらえると、一連の与党系候補擁立の動きがすっきりと理解できるのだ。

 出馬要請の県民有志8名は、代表が新潟市の医療法人理事長(医師)で花角氏の中学高校の同級生。運輸・観光・食品業界の会社社長が4名、ビル関連会社の専務取締役が1名と企業経営者が5名を占めていたが、自公県議や国会議員は一人も入っていなかった。

 政治色のないメンバー構成の出馬要請団が向かったのは、御徒町駅近くの「新潟県人会館」。ここの会議室で12時半から30分近く、非公開で出馬要請をしたのだ。

 終了後、花角氏が一階のエレベーター前で囲み取材に応じた。

▲記者の囲み取材に答える花角英世 海上保安庁次長(2018年5月9日、上野の新潟県人会館で、横田一撮影)

 他方、無所属で立候補表明した池田千賀子県議は、日本共産党、社民党、自由党が支援を明らかにしており、立憲民主党も支持する方針。さらに、国民民主党を結成した旧民進党の県連が5月12日の常任幹事会で、池田氏の推薦を決定した。

 事実上、池田氏が野党統一候補となり、花角氏との与野党対決となる見通しだ。

「自民党・官邸の言いなり、ニセ県民党ではないのか!?」

記者「出馬要請を受けた感想を」

花角英世氏「うれしいというか、冥利ですね。皆さんから『是非』という話だったのですが、『悩んでいます』と。それから『新潟には人口減少の問題があって、本当に今、元気がない。それを何とかして欲しい』、『新潟の魅力を発信してもらいたい』、『精神的な豊かさを発信できる県であって欲しい』という話がありました。

 『原発の問題についてどう考えているのか』という話がありました。私の率直な気持ちはお伝えしました。簡単に言えば、原発については『将来的にはなくすべき、ない方がいいに決まっている。県がいま検証をしているのでその結果を県民がどう評価するのか。それが大事ではないですか』と申し上げました。

 人口減少で元気がないという話については、『私も同感に思います。これは哲学とかイデオロギーの対立ではないと思うので、これはみんなで知恵を出し合って、万能策があるわけではないのだから一つ一つ積み上げていく話ですからね』というふうに感想を申し上げました。

 いずれにせよ、『少し時間を下さい』ということで失礼をしました」

記者「いつ頃、返答というのは?」

花角氏「『ほんのわずか時間を下さい』としか申し上げませんでした。皆さんは『わかりました。待っています』と言っていました」

記者「皆さんの熱意はどのようにお感じになりましたか」

花角氏「いや、冒頭申し上げましたように『本当に来ていただいたのだ』と感謝を申し上げたいと思います」

横田「(5月8日の池田千賀子県議の出馬会見で出た)『自民党・官邸の言いなり、ニセ県民党ではないか』との指摘について、どうお考えですか」

花角氏「すみません。まだ立候補するとも言っていないので」

記者「野党側は昨日(5月8日)、池田さんが立候補の表明をされましたが、そのニュースはどのように受けとめられましたか」

花角氏「私は報道でしか知らないので、特にコメントすることはないのですが、何かみんなで知恵を出し合っていくような話、そういう問題を新潟は抱えているのではないか、という気はします」

記者「とは言え、どうしても構図として『与野党の(激突)』というのは見通されるわけなのですが、そういった中で声がかかったことについてはどのように捉えていらっしゃいますか」

花角氏「だから『そういった中』というのがよく分かりませんが、私自身を評価していただいて、わざわざ来ていただいて『(県知事選出馬を)考えてくれ』と言われたことは本当にうれしい、まさに冥利に尽きると」

▲花角英世 海上保安庁次長(2018年5月9日、上野の新潟県人会館で、横田一撮影)

横田「『総理官邸のご意向に従う官僚出身者だと政府に物が言えないのではないか』との指摘を(8日の池田氏の出馬会見で)野党側の菊田(まきこ)さんがしていたのですが、その点はいかがですか」

花角氏「私は私だと思います」

横田「今まで異議申し立てをしたことはありますか。前川(喜平)さんみたいに」

花角氏「『異議申し立て』と言ったって…。私は公務員として仕事をしてきて、その持ち場、持ち場の中で最善の…」

横田「政権に対して何か『おかしい』と言ったことはないのですか。公務員時代に」

花角氏「今の、すみません。この場にいる人たちの質問とは違うと思います」

司会者「もう一問だけ」

記者「今日、出馬要請を受けられて心は前に動いたのか。前進したのか」

花角氏「それは本当にうれしかったですね。だからこそ、気持ちの整理をしようと思いました」

記者「踏ん切りをつけると」

花角氏「どこかで踏ん切りをつけないといけないですよね」

記者「新たな道への踏ん切りですか」

花角氏「いやいや、どっちにしろ、『道を選ばないといけない』ということは強く感じました。早晩、はっきりさせます」

司会者「ありがとうございました」

花角氏「みんなの顔を見ると、(辞退するのは)ちょっと難しくなって来ているのかも知れません」

 エレベーター前の囲み取材を終えた花角氏を記者たちが追いかけて、ぶら下がり取材が始まった。

花角氏「ああやって新潟の人達と会うと、『里心』という言葉は適切ではないけれども、何か新潟への思いが強くなります」

記者「今の時点では決断できないと」

花角氏「やっぱり知事の仕事は本当に責任が重いと思います。そんな軽々しく決められない。その重い責任を自分でやれるのだろうかと」

記者「県知事選出馬に前向きですか」

▲路上でのぶら下がり取材の様子(2018年5月9日、上野、横田一撮影)

花角氏「『前向き』という言葉は役所的だと思いますが、そういう意味では新潟への思いは強くなりました。人と会うとダメですね」

記者「辞退する可能性はあるのか」

花角氏「それは『決めていない』という以上は、選択肢としては自分の気持ちの中にはあるつもりですけれども、正直、(辞退するのは)難しくなって来ているかも知れませんね」

記者「これだけ会合を持つと断りにくいですよね」

花角氏「『会合を持つ』というよりも、みんなの顔を見ると、(辞退するのは)ちょっと難しくなって来ているのかも知れません」

記者「どういった声が一番響きましたか」

花角氏「一つ一つの話は止めて置きますけれども、そういう意味ではみんなの声です。前から存じ上げている人もいましたし、初めての人もいたので、そこは本当に感動でした。これから電車で帰ります」

花角氏「真剣にやっていただいている検証委員会の先生に、そんな言い方をするのは失礼じゃないですか!?」

 他の記者たちがぶら下がり取材を打切った後、地下鉄改札口に向かう花角氏に単独ぶら下がり取材を続けた。

横田「(柏崎刈羽原発)再稼動の考えは米山知事と同じですか。(原発事故時の住民避難用)バスの避難計画が不十分だと。バスの運転手が確保できないと」

花角氏「だから検証委員会をしっかりやるべきだと思いますよ」

横田「今の時点では米山知事は『再稼動するべきではない』と(県知事選で訴えて当選した)」

花角氏「検証をやっていないのにできるわけがないじゃないですか」

横田「(検証終了後ではなくて)今の考えとして米山知事は『(原発事故時の住民)避難用バスの運転手が確保できないので再稼動反対だ』ということを(1年半前の新潟県知事選の)選挙中に訴えていた」

花角氏「その事実関係を知りませんけれども、検証が終わらない限り、認められないですよね」

横田「『お座なりの検証で再稼動するのではないか』という懸念が出ていますが」

花角氏「委員会の先生に失礼じゃないですか。専門家として選ばれて委員会が開かれているのでしょう。真剣にやっていただいている先生に、そんな言い方をするのは失礼だと思いますよ」

横田「原子力規制委員会がOKしたら(再稼動を認めるのですか)」

 と聞きかけたところで、無言のまま花角氏は地下鉄の改札口に入って行った。

 5月11日、花角氏は、出馬を要請した県民有志の中小企業経営者らに立候補の意思を電話で伝えた。5月14日にも石井啓一国土交通相に海保次長の辞表を提出し、翌15日に新潟市内で出馬表明の記者会見を行うと報じられている。自民、公明両党が推薦する方針だという。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“【特別寄稿】ニセ県民党ではないのか!? 新潟県知事選で、二階俊博自民党幹事長のシナリオに沿って事前調整したとされる県民有志が、花角英世海上保安庁次長に出馬要請の舞台裏!!(ジャーナリスト・横田一)” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    ニセ県民党ではないのか!? 新潟県知事選で、二階俊博自民党幹事長のシナリオに沿って事前調整したとされる県民有志が、花角英世海上保安庁次長に出馬要請の舞台裏!!(ジャーナリスト・横田一) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421026 … @iwakamiyasumi
    下らない政治ショーに県民の思いは微塵もない。茶番だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/995444424757755904

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です