心の問題!? 気のせい!? 世界中で高い発生率で起きる副反応に世界中の医師が同じ対応!? 〜国際シンポジウム「世界のHPVワクチン被害は今」 2018.3.24

記事公開日:2018.3.26取材地: テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:城石裕幸)

 コロンビア、スペイン、イギリス、アイルランド、そして日本。HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の副反応による重篤な症状が各国で同じであるのは、同じワクチンを用いている以上、当然のことだが、どの国でも対応した医師の多くが「心の問題、気のせい」だと言い切って患者と真剣に向き合おうとしない、そんな姿勢までもが各国で共通していることが明らかになった。これは生化学反応に普遍性があるという話ではない。権力の乱用とその反応の次元の問題である。

 2018年3月24日、薬害防止を目的とするNGO「薬害オンブズパーソン会議」が、海外上記4か国のHPVワクチンの被害者団体で活動する、各国の被害少女の母親を招き、東京大学武田ホールで国際シンポジウムを行った。

▲シンポジウムの様子

  • タイトル 国際シンポジウム「世界のHPVワクチン被害は今」―各国からの被害実態報告など
  • 日時 2018年3月24日(土)13:30〜17:30
  • 場所 東京大学浅野キャンパス(東京都文京区)
  • 主催 薬害オンブズパースン会議詳細

 日本では2009年12月にグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)のサーバリックスが承認され、2010年11月から厚生労働省による「ワクチン接種緊急促進事業」として、公費助成で主に中学生を対象に、任意接種(通常は自己負担)ながら無料の接種が始まった。これは異例の措置で、HPVワクチン以前にこのような措置がとられたことはない。この「緊急促進事業」により、接種率は一時80パーセントを超えていた。

 2011年8月にはMSD株式会社(海外では「メルク」)のガーダシルが承認され、2013年4月以降は、予防接種法にもとづく定期接種としての接種が続けられている。

 しかし接種が始まった当初から深刻な副反応による被害が見られ、定期接種になる直前の2013年3月には「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」が発足している。そのため、HPVワクチンは定期接種となったわずか2ヶ月後に積極的接種勧奨を一時中止して現在にいたっている。現在の接種率は1パーセント未満だ。

記事目次

他のワクチンよりはるかに高い副反応発生率! 報告数のなんと57パーセントが「重篤」に!?

 HPVワクチン接種後に現れる重篤な副反応としては、ハンマーで殴られるような激しい頭痛、関節や全身の痛み、不随意運動、脱力、視覚障害、睡眠障害、記憶障害や学習障害などが挙げられる。これらの症状は遅発性の場合もあり、時間の経過とともに変化したり重層化したりする。

 そしてその治療法がいまだ確立していないため、身体的な苦痛によって日常生活に支障をきたし、進学や就職など、将来の夢を奪われた被害者も少なくない。さらには治療や看護のため、被害者やその家族には経済的、時間的、肉体的、精神的な負担がのしかかる。

 厚生労働省が発表した販売開始から2017年8月31日までの有害事象報告によると、接種者数340万人に対する有害事象報告は3130人。これは他のワクチンの有害事象報告数に比べても飛び抜けて高い割合を示している。

 しかもこの有害事象報告3130人のうち、重篤なものは1784人、実に57パーセントにものぼっている。

 ところが、厚生労働省が2014年1月に行った検討会で出した結論は、「接種の痛みと痛みに対する恐怖が惹起する心身の反応(機能性身体症状)」であり(注:接種は筋肉注射のため痛みは強い)、「ワクチンの設計・成分には問題ない」というものであった。

 製薬会社のホームページを見ると、「まれに」重篤な副反応の症状があらわれることは認めつつも、「あくまでも因果関係は現在調査中であり明らかになっていない」としている。

▲グラクソ・スミスクライン社のQ&A

▲MSD社のQ&A

接種数分後にめまい、痙攣、救急搬送! 無呼吸、昏睡で集中治療室に3か月!?

 この日のシンポジウムではいずれも被害者の母親であり、各国の被害者団体の活動メンバーである、コロンビアのモニカ・レオン・デル・リオさん、スペインのアリシア・カピーラさん、イギリスのマンディープ・バディアルさん、アイルランドのアンナ・キャノンさんが順番に我が子の身に起きた被害の深刻さと各国の状況を報告した。

 この4人の報告を通してあらためてはっきりとわかったことは、その重篤な症状が重層的にあらわれるということも同じであり、他のワクチンより有害事象報告率が目立って高く、重篤な症状にいたる割合が極めて高いことも同じだという統計データだった。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

“心の問題!? 気のせい!? 世界中で高い発生率で起きる副反応に世界中の医師が同じ対応!? 〜国際シンポジウム「世界のHPVワクチン被害は今」” への 2 件のフィードバック

  1. 林義人 より:

    最近、佐藤統という東大教授が、村中璃子という御用ライターの書いた『10万個の子宮』という本の書評で反ワクチン運動を「疑似科学的」と決めつけています(朝日新聞3月11日)。また宮台真司という社会学者は村中璃子が雑誌「Wedge」に書いた記事を読んだということで、ワクチンに反対する人たちを「クソ」と呼びました。医学的知識もなく、被害者に会ったこともないやつらが、どうしてこういう発言をするのでしょうか? 製薬会社のカネは東大の文化系学部まで回ってきているのかもしれません。水俣病に始まり、イタイイタイ病でもスモンでも、フクイチ事故でも、日本では被害者が悪者に仕立てられてきました。許せません。

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    心の問題!? 気のせい!? 世界中で高い発生率で起きる副反応に世界中の医師が同じ対応!?「世界のHPVワクチン被害は今」 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416010 … @iwakamiyasumi
    新たな薬害を生み出したのは製薬会社だけではない。政府、御用学者、スポンサーの顔色をうかがってろくろく報じないメディアも同罪だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/979148913453117440

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です