元文部官僚の寺脇研 京都造形芸術大教授が安倍政権下で浮き足立つ霞が関の実態を暴露!前川喜平氏の授業に文科省が問い合わせた問題は「戦後初めて」!? 国家の教育介入に危機感を表明! 2018.3.26

記事公開日:2018.3.26取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:関西中継市民 北野ゆり 文:原力雄)

※2018年3月31日、テキストを追加しました。

 元文部科学省官僚で京都造形芸術大学の寺脇研教授が3月26日、京都市下京区のひと・まち交流館京都で開かれた第20回左京フォーラム(戦争をさせない左京1000人委員会主催)で講演した。

 名古屋市立の中学校で前川喜平氏(前文部科学事務次官)が行った授業について、文科省が同市教育委員会に対して意図の説明や録音テープの提供などを求めていたことが問題になっているが、寺脇氏は「たった一つの授業を狙い撃ちしてどうこうと口を出すのは戦後初めてのケースで、ものすごいことだと思う。昨年、私の著書に出版社が『国家の教育支配がすすむ』というタイトルを付けた時、オーバーな表現だと思ったが、今は時代が追いついて来た」と危機感を表明した。

▲元文部科学省官僚・寺脇研 京都造形芸術大学教授

 戦後の教育はすべて自治体に任されて来た。例えば、京都と鹿児島では教育内容が違って当然だし、鹿児島の県立高校で夏休みが1週間しかなくても文科省がとやかく言うことはなかった。今回の前川氏をめぐる問題では「現役の文部官僚が匿名ながらも大勢、新聞などでコメントしており、100人いたら100人がおかしいと考える問題だ。職員がマスコミ(NHK)にリークして発覚したことがせめてもの救い」と事態の異常さを強調する。職員による内部告発は自衛隊の南スーダン日報問題でも防衛省から行われたが、「今のところ文科省と防衛省だけ。その他の省庁ではどうなっているのか?」と疑問を呈した。

 今回の問題で現場が一番困る点は「日本中の学校や教育委員会が文科省を信用しなくなる、というか、文科省から信用されていないと彼らが感じるようになることだ」と寺脇氏は指摘した。

 来週から新年度が始まってしまうが、寺脇氏は「せめて今週中に『やり過ぎでした』と謝罪し、最低限『こんな下品なことはもうしません』とでも約束しない限り、今後の教育は相互不信の中で行われることになる」と林芳正文科相に早急な対応を要望する。

 2018年度から小学校、19年度には中学校で道徳の教科化が始まる。また、20年度から小学校、21年度に中学校、22年度に高校の学習指導要領が改訂される予定であり、「この時期に文科省と学校の間で信頼関係が失われるととんでもないことになる」と深刻に受け止めている。

 前川喜平氏が行った授業について、文科省が名古屋市教育委員会に対して説明や録音テープの提供などを求めていたことについては、2018年3月29日の岩上安身によるインタビューで前川氏に直接話をうかがっている。こちらも合わせてぜひご覧いただきたい。

記事目次

■ハイライト

文科省から前川氏への圧力は「政府に逆らったらとんでもないことになるぞという恫喝に他ならない」!

 前川氏への圧力問題で、文科省が授業内容を報告するよう名古屋市教育委員会に求める前に、文科省に照会したのは自民党文部科学部会長の赤池誠章参院議員(比例区)と同部会長代理の池田佳隆衆議院議員(比例東海ブロック)であることが明らかになった。市教委には調査依頼のメールが届き、「何か問題があったか」「何もありません」などのやり取りが行われた。この後、政治家側は信用できないとして、さらに15項目について細かく聞いてきたという。寺脇氏は「文科省の役人が文書の中で『出会い系バー』なんて単語を使うはずがない。また、普通の先生だって風俗店へ行く人はいるだろうし、行っていても法律的に何ら問題ない。天下り問題で処罰されたことも、すでに罪を償っている。それなのに前川氏だけが調べられるのはおかしい」と憤慨する。

▲前文部科学事務次官 前川喜平氏(2018年3月29日、IWJ撮影)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です