問い合わせに何も答えず隠蔽?忖度?教育が不当な支配にあってはならない――野党議員らが文部科学省よりヒアリング ~第2回 教育現場不当介入問題 野党合同ヒアリング 2018.3.19

記事公開日:2018.3.20取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年3月19日(月) 12時より東京都千代田区の衆議院本館にて、「第2回 教育現場不当介入問題 野党合同ヒアリング」が実施され、前川喜平氏を中学校に講師として招いた際、文科省が市教育委員会に授業データを報告するよう要請していた件について、野党議員らが文科省へヒアリングを行った。

■ハイライト

  • 日時 2018年3月19日(月) 12:00~
  • 場所 衆議院本館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

“問い合わせに何も答えず隠蔽?忖度?教育が不当な支配にあってはならない――野党議員らが文部科学省よりヒアリング ~第2回 教育現場不当介入問題 野党合同ヒアリング” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    問い合わせに何も答えず隠蔽?忖度?教育が不当な支配にあってはならない――野党議員らが文部科学省よりヒアリング https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415316 … @iwakamiyasumi
    ぜひ野党には官僚だけでなく、文科省に照会した自民の池田佳隆議員と赤池誠章議員にも説明を求めてほしい。こいつらが本丸だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/976015731220344832

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です