【特別寄稿】2月4日投開票!名護市長選で隠された争点!自公推薦の渡具知候補は「公明票が欲しいだけ」で本当は「隠れ新基地容認派」?公明党沖縄県本部代表を直撃!(ジャーナリスト・横田一) 2018.2.1

記事公開日:2018.2.1 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(横田一)

 辺野古を抱える沖縄・名護の市長選(2月4日投開票)が激戦となっている。

 地元の根強い反対を無視し、辺野古新基地建設へと向けた工事を強行する安倍政権。最近では飛行中の米軍ヘリのトラブルも続発し、不安の声が一層高まるなか、松本文明・前内閣府副大臣が「それで何人死んだんだ」と野次を飛ばしたことで、さらなる反発を招いている。

 ではなぜ、安倍政権が向かい風にさらされているにも関わらず、新基地建設反対派の現職・稲嶺進市長が、自公維推薦の渡具知武豊(とぐち たけとよ)・前名護市議と接戦となっているのか。その疑問を解く鍵は、公明党の動向と「争点隠し」にありそうだ。

 前回2014年の名護市長選では、稲嶺市長が約4100票差で再選を決めた。名護市内で2000の基礎票を持つと言われる公明党だが、前回は辺野古新基地建設に慎重姿勢を示し、「自主投票」としたのを、今回は「自公連立」を優先し、渡具知氏に推薦を出している。

 また、渡具知氏は公明党の打ち出す「海兵隊の県外国外移転」を掲げながら、新基地建設について「国と県の裁判の推移を見守る」という立場を打ち出し、その是非について詳しい言及は避けるという「争点隠し」にも走っている。しかし、市議時代の渡具知氏は新基地建設を「容認」する立場をとっており、安倍政権同様、新基地建設推進派であることは明白だ。

 基地建設工事を進めるにあたり、国が名護市長の「同意」を得なければならない工事や作業も存在する。稲嶺市長は基地建設を阻止するため、「市長権限を行使していく」と明言しているが、渡具知氏が当選した場合は一気に工事が進むことも考えられる。

 「安倍自民党は、都合の悪い争点には触れない得意の争点隠し選挙に、『自公野合二枚舌選挙』を組み合わせた詐欺師紛いの手法を駆使している」――。

 こう指摘するのは、自民党、公明党のキーマンに直撃インタビューするなど、果敢な現地取材を続けるフリージャーナリスト・横田一氏である。終盤にさしかかったこの選挙戦、現地ではどのような激戦が展開されているのか。横田氏の特別寄稿を掲載する。
(IWJ編集部)

記事目次

市議時代の渡具知候補は新基地容認!「公明票欲しさに県外国外の旗は掲げるが、本気で工事を止めようとは思っていない」

 秋の沖縄県知事選の前哨戦とされる「名護市長選」(2月4日投開票)が1月28日に告示され、新基地建設反対の現職・稲嶺進氏(社民・沖縄社会大衆・自由・民進推薦、立憲民主支持)と、「隠れ新基地容認派」で基地マネー依存の渡具知武豊・前名護市議(自民・公明・維新推薦)の一騎打ちとなった。「翁長雄志知事らオール沖縄と野党連合 対 安倍自公政権」の対決の構図となり、沖縄ヘリ事故をめぐる国会論戦や憲法改正論議にも影響を与え始めている。

 今回の市長選でも安倍自民党は、都合の悪い争点には触れない得意の争点隠し選挙に、「自公野合二枚舌選挙」を組み合わせた詐欺師紛いの手法を駆使。最大の争点の辺野古新基地建設について安倍政権は工事をゴリ押ししているのに、自公推薦の渡具知氏は公明党の「海兵隊の県外国外移転」を公約に盛込み、「国と県の裁判の推移を見守る」という立場も強調。新基地推進にも反対にも見える二つの顔(二枚舌)を使って両党の支持者を取り込もうとしているのだ。

 地元記者は私の取材にこたえてこう話す。

 「4年前の名護市長選では新基地推進候補を擁立して公明党の推薦が獲れずに4000票差で敗れたことを踏まえ、『県外・国外移転』を入れた政策協定を公明党と結んで推薦を取りつけたのですが、市議時代の渡具知氏は新基地容認の立場。『公明票欲しさに県外国外の旗は掲げるが、本気で工事を止めようとは思っていない』という『隠れ新基地容認派』と見られても仕方がないでしょう。公明票を固めきれるのかは疑問だ」

公明党の虚しすぎる「言い訳」〜「自民党は『(新基地)推進』ではない。『容認』だ」!? 公明党沖縄県本部代表に直撃!

 実際、30日の地元紙の世論調査では、渡具知氏を支持する公明支持層は6割から7割に留まり、約8割を固めた自民党の支持層とは差がある。創価学会事情通はこう話す。

 「地元の創価学会員には『隠れ稲嶺支持者』がいるようです。公言すると潰されるので、表向きは渡具知氏支持のふりをしつつ水面下で稲嶺支持で動いています」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です